ball チャイニーズポップス ざんまい! ball
 〜チャイニーズポップスとの出会い〜

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > チャイニーズポップス(C-POP)との出会い

●すべては台湾旅行から始まった・・・

1999年の9月に台湾・台北を訪れました。

●チャイニーズポップスにハマってしまった・その1
 〜あるCDの購入〜

3泊4日の旅程で、2日目には電気街を中心にまわり、3日目は市内をぶらぶらしておりました。
2日目、電気街以外にCD SHOPを何件か回ることに。

台北に行く数週間前に、 宇多田ヒカルの「Automatic」の北京語でのカバー曲が発売されていたことを知り、今回はこれを買おうと思っていたのでありました。

アーティスト名とタイトル名はメモして持っていったのですが、CD SHOPの棚にどういった順番でアーティスト名が並んでいるのか見当がつかず、 なかなか見つからなかったものの、2件目に入ったお店でやっと見つけることができました。

ケリー・チャンが歌っていて、アルバム「LOVE KELLY」の1曲目に「情不自禁」というタイトルで入っています。 アルバムの帯にも「宇多田百蔓冠軍*曲 "Automatic"全球唯一華語版"情不自禁"」(意味はなんとなくわかりますね)と書いてありました。

なお、このアルバムは、16曲入りCDと4曲のビデオCDが入って、NT$309(日本円で約1,236円)でした。日本のCDが高いのもあるのでしょうが、非常にお買い得です。

帰国後、自宅のマシンでビデオCDを見たのですが、これがなかなかいいのです。
ケリー・チャンは美人だし、曲も非常に自分好みだったし、そして、漢字の歌詞が出るので、なんとなく意味もわかるし。
中国語がわからないものの、とっても楽しいビデオCDであります。

●チャイニーズポップスにハマってしまった・その2
〜ホテルのテレビで見た音楽専門チャンネル〜

台北市内はケーブルテレビが普及していて、ホテルのテレビでも見ることができます。 また、NHK BSも見ることが出来ました。

朝はニュース、夜はバラエティー番組などを見ていましたが、こちらも自分好みのお姉さんが沢山出ていたので(笑)、非常にうれしかったのであります。そういった意味では、日本より面白かったような(笑)。

ケーブルテレビの中には、スポーツ、音楽、映画のチャンネルがあったのですが、 特に気に入ったのが音楽専門チャンネルの「チャンネル[V]」

旅行3日目・日曜日の夜8時ぐらいから見ていたところ、「チャイニーズ・ポップス・トップ20」というランキング番組 をやっておりました。

特に気に入ったのが、8位にアルバム「只是張清芳」がランクされていた、張清芳(ステラ・チャン/Stella Chang)で、映像で流れていた「只是個孩子」のプロモーションビデオが、これまた程良くいい感じで仕上がった「自分好み」の作品でありました。

「チャンネル[V]」で放送されているのは、中国語圏のポップスだけでなく、洋楽、J-POPS、韓国ポップスのミュージックビデオを楽しむことができます。

J-POPSは、例えば「モーニング娘。」の曲が、中国語の字幕入りで見られるのであります。 「ラブマシーン」は「愛情機器」というタイトルになります。

●帰国後にステラ・チャンのCDを入手!

番組を見て、ステラ・チャンのアルバム「只是張清芳」が欲しいな・・・と思って時計をみたら午後9時15分頃で、近くの電気屋にCD売場があったものの、閉店時間(午後9時30分)までに間に合いそうもなかったので諦めました。
無理をして台北駅近くまで行けば、CD SHOPもまだやっていたのですが...。

仕方ないので、アーティスト名だけメモをしておいて、日本でいろいろと調べる事にしました。

こういったマイナーな情報を調べる場合、インターネットが普及して非常に便利になりましたよね。今回は調査結果がかなり充実していたので、非常に感激してしまいました。

サーチエンジンで発見した、台湾の輸入雑貨を扱ったネット通販ショップに、メールで9月12日頃問い合わせた所、「特別注文の取り寄せで、早ければ10月初旬に入荷」ということでしたが、9月16日に注文したら、1週間後の9月23日に現金着払いで、無事入手することができました。

●毎週、「チャイニーズ・ポップス・トップ20」が見たい!!

帰国後、すっかりチャイニーズ・ポップスにハマってしまった私は、台北のホテルで見ていた音楽専門チャンネルの「チャンネル[V]」「チャイニーズ・ポップス・トップ20」を自宅でも毎週見られないものか?」と考え始めたのであります。

インターネットでも情報収集はできるものの、やはり一番新鮮な情報を入手するには、テレビが一番...というわけで。

10月の終わり頃に調査を開始しました。そういえば、ディレクTVで韓国語や中国語の専門チャンネルがあったことを思い出し、デジタルCS放送を中心に探すことに。

最初は電気店で、Sky PervecTV!(以後、スカパー!)とディレクTVのパンフレットを入手、更に書店でスカパー!のすべてのチャンネルの番組表が掲載されたガイド誌を購入しました。

スカパー!のガイド誌を見ているだけでも、なかなか面白かったです。こんなチャンネルもあるんだぁ・・・とビックリしてしまいました。

ガイド誌を見ていると・・・ありました!!。

「STAR PLUS/アジアTV(ch.273)」というチャンネルで、1日の一部の時間だけ、香港から放送されているチャンネル[V]を、そのまま流している番組があったのです(番組名は「チャンネル[V]グレーターチャイナ」)。

日曜日の午後9時から午後11時まで、VJ(ビデオ・ジョッキー)のデビット・ウーが司会を務める、「チャイニーズ・ポップス・トップ20」を発見したのであります!。

なお、台湾・香港と日本には−1時間の時差があるので、台北で同番組を見た時間は午後8時から午後10時ということになり、まさに一番見たかった番組を、日本でも見ることができることがわかったのであります。

11月に入ってすぐ、SONY製のチューナー・アンテナ・ベランダ取り付け金具付きの受信セット「DST-D900」を、某家電量販店で\33,800(税別)で購入しました。

セットを取り付けたのが土曜日。仮登録をその日の夜にホームページから行い、翌日の日曜日の午前10時頃から受信できるようになりました。

その日の夜は、2ヶ月ぶりに「チャイニーズ・ポップス・トップ20」を見ることができました!。

以上、私とチャイニーズポップスとの出会いと、スカパー!を使っての「チャンネル[V]」の受信についてでした。

(注意:このWebページは2000年に作成されたものです。)


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]