ball チャイニーズポップス ざんまい! ball
〜自分にとって チャイニーズポップス(C-POP)とは?〜

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 自分にとって チャイニーズポップス(C-POP)とは?

●日本のポップスの派手さがない=自分好みのポップス(笑)

チャンネル[V]を見ていると、お気に入りのステラ・チャン以外にも、どんどん「好みのタイプ」のお姉さんが出てくるのであります(笑)。

蕭亞軒(エルバ・シャオ/Elva)、侯湘[女亭](アンジー・ホウ)、劉若英(レネ・リュウ/Rene)、Yuki、A-YA、蔡依林(Jolin)などなど。ひょっとすると、日本のお姉さんたちよりカワイイかもしれない(笑)。

どうやら私は、最近の日本のミュージック・シーンに少し疲れていたようで(笑)。

見た目が派手、曲もカッコよすぎる(笑)、横文字でミュージシャンの名前すら覚えられないなどなど。
SPEEDは嫌いじゃないし、宇多田ヒカル、Misia、ELTぐらいまではいいかなぁ・・・と思っても、それ以上は踏み込めないというか。
下手をすると、「この曲、どうして売れるの?」と発言することも(^^;。

自己紹介にも書いておりますが、私が好きなのはやっぱり、

「バラードをしっかり歌える 甘い声のガールポップ」

なのであります。この10年変わっていないかも(笑)。

数年前まで勢いのあった平松愛理や谷村有美、1990年代前半の渡辺美里、今井美樹が一番お気に入りミュージシャンであります(笑)。
チャイニーズポップスを私なりの解釈にすると、

  1. 見た目の派手さはない、落ち着いて聞ける
  2. しっとりしている、見ていて安心できる
  3. 中国語を理解していなくても、わかりやすい“感じ”がする(言葉がわからなくても良いと感じることができる・・・っていうのが、スゴイと思うんですけどね)
  4. Music Videoがなかなか面白い

のように表現できると思います。

この条件にあてはまる音楽があるのが、「チャイニーズポップス」だと思ったのです。

以上、自分なりの「チャイニーズポップス」についての解説でした。お粗末でした...。

(注意:このWebページは2000年に作成されたものです。)


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]