ball 香港映画・ポップス最新事情(2001年1月Ver.) ball

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 香港映画・ポップス最新事情(2001年1月Ver.)

「CHINA STRIKE FORCE」の新聞広告
「CHINA STRIKE FORCE」の新聞広告
「A Fighter's Blues」の新聞広告
「A Fighter's Blues」の新聞広告

※このWebページは2001年1月に作成されたものです。

●香港映画を香港で楽しむ。

香港では電気街をまわりながら、映画を見ることにしました。

朝食を済ませてから、ホテル近くにあるセブンイレブンに行き映画雑誌を購入。さらに、映画館の上映情報を得るために新聞を購入しました。

上映している映画館の場所は、旅行ガイドブック「地球の歩き方 香港 マカオ」で確認しました。
なお、同ガイドブックには、映画館や香港でのエンターテイメント情報についても多数掲載されております(2001年1月現在の最新版)。

その日に行く電気街のうち、「旺角電脳中心」から少し離れた所にあるショッピングセンター「グランドセンチュリー・プレイス(新世紀廣)」内にある、シネマコンプレックス(いくつものスクリーンがある映画館)「GV旺角」であれば、話題作は大抵公開している(2001年1月現在)ことがわかり、ここに行くことに。

今回映画を見ようと思ったのは、昨年のクリスマス映画として公開された映画のうち2本が、日本人女優が出演しているということで公開前から日本でも話題になり、せっかくだから見てみよう...というのがきっかけであります。

1本は、香港の大物俳優・歌手の劉徳華(アンディ・ラウ)とその相手役に常磐貴子が出演している、「A Fighter's Blues(阿虎)」。

もう1本は、これまた香港の大物、郭富城(アーロン・コック)とその相手役として、藤原紀香が出演している「CHINA STRIKE FORCE」であります。

日本に関係していると言えばもう1本、金城武とケリー・チャンが出演している「ラベンダー」という作品もありました。

「A Fighter's Blues」の方はタイが舞台で、訳アリの女性(常磐貴子)がやっている孤児院に人を訪ねて、元・キックボクシングチャンピオンの香港人役の、劉徳華(アンディー・ラウ)が来た所から話がはじまるという作品だそうです。

「ラベンダー」は、今回のクリスマス映画はアクション物が多かった中でも珍しく、「うっとりする」ようなラブストーリーだそうです。
映画を上映中にラベンダーの香りが流れてくる装置が、映画館に設置されているらしく、こちらも評判が高かったようです。

作品的には、「A Fighter's Blues」はとても感動する内容らしく、この作品で劉徳華(アンディ・ラウ)は、2年連続して香港アカデミー賞の主演男優賞受賞もあるのでは?ということです。

さて、私はどれか1つは必ず見ようかと思っていたのですが、出演者が豪華な「CHINA STRIKE FORCE」を見ることにしました。

というのも、この映画には台湾でも人気のある男性シンガー・ソングライターの王力宏(ワン・リーホン)が郭富城(アーロン・コック)の相棒役で出演しており、彼の演技にも興味があったからです。

王力宏(ワン・リーホン)は、来日した時に、某ラジオ番組で北京語でのインタビューを聞いた事もあるものの、初めて彼の広東語を聞いた時には「ぎこちなかった」のですが。

「CHINA STRIKE FORCE」の映画雑誌の広告
「CHINA STRIKE FORCE」の映画雑誌の広告
「A Fighter's Blues」の映画雑誌の広告
「A Fighter's Blues」の映画雑誌の広告

●「CHINA STRIKE FORCE」の感想は...

上映の1時間ぐらい前にチケットを購入。14:00からの上映分を見ることに。
全席指定で、コンピュータディスプレイに表示される空席を選んで、チケットが発券されるという仕組みです。

映画のほとんどは広東語であります。英語の字幕もついていますが、英語も広東語もわからないので、完全に内容を把握することは無理(^^;。
悲しいのは、現地の人が笑っているのに、どうしてなのか?わからない点でしょうか。 なお、藤原紀香のセリフの部分はすべて英語です。ちなみに、映画のエンドロールには「アルク」の文字を発見しました(笑)。

しかしながら、この映画は「悪者を倒すアクションもの」なので、ストーリーは単純。また、多少コメディーぽい所もあります。

内容は、上海を舞台に、刑事役の郭富城(アーロン・コック)と王力宏(ワン・リーホン)が、大麻?(危ない薬類には間違いない)密売組織を捜査、その組織のボスと関わりのある日本人のNorika(藤原紀香)を捜査するのであるが、Norikaは日本の国際警察捜査官(だと思う)ということがわかり、最後は郭富城(アーロン・コック)と王力宏(ワン・リーホン)と一緒に密売組織と戦うアクションものであります。

この映画、最初の方とラストの方に派手なアクションシーンがあって、なかなか迫力がありました。
映画の最後にメイキングシーン・NGシーンが流れておりましたが、郭富城(アーロン・コック)、藤原紀香も一部はスタントなしで演技しているようでした。
また、藤原紀香のあの大げさな感じのする英語の発音が(笑)、なかなか彼女らしいなぁ...と思ったのでありました。 郭富城(アーロン・コック)はさすが大物だと思うくらい、役にピッタリはまっていましたし、王力宏(ワン・リーホン)もなかなかカッコいいし。 あと、王力宏(ワン・リーホン)の婚約者役の林心如(ルビー・リン)も可愛い人でした。

というわけで、それなりに楽しめた2時間でありました。日本だと映画をほとんどみないのですが、こういった事もたまにはいいかぁ...。
ちなみにその映画館で「一人で映画」を見ていた叔父さんを数人みかけました(笑)。

それにしても、香港の映画館というのは驚くほど冷房が効いているのです(^ ^;。
トレーナー・シャツを来ていても寒く、上着があったほうがいいかなというくらい、冷えているのです(1月上旬の香港の最高気温は20度、最低気温は10度前後)。

●香港で人気がある歌手・俳優は?

私自身は、台湾のポップミュージックをメインに好んでいるので、香港についてはあまり詳しくはありません。
しかし、音楽専門衛星放送チャンネル「チャンネル[V]」を見ていると、香港の大物クラスになれば、広東語アルバム以外に北京語(国語と言うこともある)アルバムを発売すれば大々的に紹介されますし、広東語ポップスの番組もあるため耳にする機会もあります。

例えば、香港の四大天王と呼ばれる大物歌手・俳優である、劉徳華(アンディー・ラウ)、黎明(レオン・ライ)、張学友(ジャッキー・チュン)などは、どちらの言語のアルバムを出しても必ずヒットします。

女性の方で人気があるのは、鄭秀文(サミー・チェン)、陳慧琳(ケリー・チャン)、梁詠[王其](ジジ・リョン)、張柏芝(セシリア・チョン)といった所でしょうか。

梁詠[王其](ジジ・リョン)が表紙の雑誌
梁詠[王其](ジジ・リョン)が表紙の雑誌
陳慧琳(ケリー・チャン)が表紙の雑誌
陳慧琳(ケリー・チャン)が表紙の雑誌

個人的には梁詠[王其](ジジ・リョン)が雑誌の表紙に出ているだけで買ってしまいましたし、携帯電話雑誌には陳慧琳(ケリー・チャン)、アイドルグッツのお店に行って、上記の方たちの名前さえ知っていれば、結構楽しめるのでは?。

そういえば銀行で両替をしようと思って入った時に、どこからか聞こえた携帯電話の着メロが、鄭秀文(サミー・チェン)の北京語の曲でした。
自分も香港の空港で盧巧音(キャンディー・ロー)の曲が流れていた時には、口ずさんでおりました(^o^)。

●最後に・・・

前から思っていたのですが、陳慧琳(ケリー・チャン)と常磐貴子は非常に似ていると思うのですが。
劉徳華(アンディー・ラウ)と競演していると、特にそう思うのですが。ただそれだけです。香港の人達はどう思っているのでしょうか?。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]