劉若英(レネ・リュウ)アルバム「年華」
サイン会 参加レポート

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 劉若英(レネ・リュウ)アルバム「年華」サイン会 参加レポート

●21世紀のスタートは...

昨年の暮れのこと、ストレスの溜まりすぎた"うたろう"は、一人旅に出かけたくなりました。

どうせ行くなら、一番自分の好きな場所・好きなことを思い切り出来る所に行こう!と思い、結論として、久しぶりに「香港」まで足を延ばして電気街でブラブラし、香港映画を鑑賞し、途中(というよりはこっちがメイン?)大好きなチャイニーズポップスのCDを大量購入するために「台湾」へ行こうかと思ったのであります。

その結果、21世紀のスタートは海外旅行で幕開けとなったのであります。

●台北のコンサート・イベント情報を見ていたら...

12月30日に飛行機・ホテルの予約を取り、すぐに現地のイベント情報のホームページを確認することに。
台北のイベント情報は「台北線上 Taipei Online」(2001年1月当時)で確認しました。
この中にある「演唱会」(コンサート)情報を確認した所、下記のような情報を発見しました。

「台北線上」のイベント情報
「台北線上」の「演唱会」情報の中にあった、
レネ・リュウ サイン会の情報内容

筆者はほとんど中国語がわからないのですが、

「1月1日の午後3時から、大衆唱片 台大店(国立台湾大学の近くのチェーン系CD店)で、
劉若英(レネ・リュウ)ニューアルバム「年華」発売前・予約サイン会を開催」

という情報でありました。

劉若英(レネ・リュウ)は、台湾でも有名な歌手・女優であります。
アルバムも出せば必ずヒットするくらい人気があります。
2000年に発売されたアルバムの中には、Kiroroの「未来へ」のカバー曲「後来」も入っています。

プロフィールなどについては、Webサイト「我 等 RENE 劉 若英」の、「PROFILE」をご覧ください。

個人的な印象と言えば、「清楚で可愛いお姉さまタイプ」といった所でしょうか?。
日本で言えば、鶴田真由が100万枚クラスのヒット曲を歌っているような感じ(この表現で本当に雰囲気がわかるのだろうか?不安ではありますが)でしょうか。

筆者の旅程は、1月1日の午後1時頃に台北郊外にある中正国際空港に到着。
出国審査を済ませ、午後1時30分頃に空港を出て、台北市内へはバスで約1時間で到着。
そこから会場までMRT(新交通システム)とタクシーを使って移動すれば、午後3時までに会場に着くことが出来るのでは?と思ったのであります。

●空港到着後、いざ会場へ!

空港から台北市内までは、公営の台汽客運(台湾汽車客運公司)のバスで、台北駅近くのバス停まで行きました。
台北駅に到着したのが午後2時20分頃。
ここから歩いて、MRTの台北駅まで移動。イベント会場近く(?)の古亭駅(実際にイベント会場の「公館」の最寄り駅は違うことに、当時、筆者は気づいていなかった)まで行きました。駅の出口についたのが午後2時40分頃。

ここまでは問題なかったのですが、会場がどこにあるのか全くわからない状態だったのです。

というのも、自分が持っているガイドブックを見ると、台湾大学近辺の説明があるものの、大衆唱片・台大店が載っておらず。
とりあえず、大学の近くまで歩いて行くことに。しかし、それらしい雰囲気の場所はみつからず...。

あきらめて、タクシーに乗ることに。
すぐに乗ることはできたものの、インターネットで入手した情報(上記画面を印刷したもの)が見つからず。
仕方ないので、運転手さんに適当に走ってもらう事に。少し車が動いた所で、ポケットの中にあった紙を発見!。
運転手さんに「ここに行って」と紙を渡すとわかったようで、ホッと一安心。
運転手さんは、そこに書いてある情報に目を通しておりました(笑)。降りるときに、妙な笑顔を見せておりました(笑)。

以上、エピローグでした。

会場となった 大衆唱片 台大店
会場となった 大衆唱片 台大店


[ C-POPトップに戻る | 次のページへ | ホームページに戻る ]