ball シンガポール・チャイニーズポップスCD購入テクニック(2001年9月版) ball

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > シンガポール・チャイニーズポップスCD購入テクニック(2001年9月版)

※このWebページは2001年10月に作成されたものです。

●今回の大量購入プロジェクトを振り返る

2001年9月30日(日)〜10月1日(月)に、シンガポールにて大量のC-POPS CD/VCDを購入してきました。

旅行先としてSingaporeを選んだ理由は、近年、孫燕姿や黄湘怡を始めとする、同国出身の女性シンガーソングライターが台湾などで活躍している事から、どんな国なんだろうか?という単純な発想からスタートしたのであります。(購入リストはこちら

今回は初めての土地でCDを購入する事になったので、インターネットでリサーチした結果、「香港電影工作室」にある「ショップガイド−シンガポール」というWebページを発見。
主にこちらを参考にCDショップを回ってみました。地図まで掲載してあってとても良いページです。

CD/VCDの購入ですが、CDが35タイトル、VCDが10タイトル、合計 S$867.57(約58,994円/S$1=68円として)購入してきました。

主な購入先として、オーチャード通りにある「HMV」と、MRTブギス駅の近くにあるショッピングセンター「ブギス・ジャンクション」の3Fの「DISK STATION」を利用しました。

この2つのお店を基準にして購入したため、後で「失敗したかな」と思う出来事がありました(後ほど説明します)。
それぞれのお店の特長と、おおよそプライスについて説明致します。

1.オーチャード通りにある「HMV HEEREN」(2001年9月当時)

大型CDショップです。1FがC-POPS、J-POPS、K-POPS、洋楽の売場となっております。

C-POPSの品揃えは、台湾の作品をメインで考えるなら、台北の大手CDショップより若干少ない程度、香港のHMVより充実している...といった所でしょうか。

なおCDは、ピンイン表記(中国語の発音をアルファベットで示したもの)で並んでおります。事前にこの情報を掴んでいたために、今回はアーティスト名のピンインリストを作成しました

私はここで20枚購入しました。

CDのプライスは、

・売り上げチャートTop20前後の売れ筋商品 ・・・ S$17.99(約1,223円)
 例)林曉培の「SHINO For」温嵐(Landy)の「有點野」許茹芸の「祇説給[イ尓]聴」など

・発売から6ヶ月以上経過したCD・2枚同時購入(シールの貼られた商品) ・・・ S$20 (約1,360円)
 例)戴佩[女尼](Penny)の「怎樣」林心如の「雙面林心如」(今年の1〜3月頃リリース)

・他のCD
 例)李彩樺の「第一張國語専」S$26.99(約\1,835)
   曽寶儀の「我們的童話」S$24.99(約\1,949)

という感じです。

クレジットカードが安心して使える、一度にいろいろな種類のCDが揃う、S$300以上購入すればGST(消費税)の還付が受けられるというのが、メリットだと思います。

また、日本市場向けに発売された作品である、elvaの「ネヴァー・ルック・バック」と、BoAの「Amazing Kiss」S$11.99(約\815)もここでを購入しました。

温嵐(Landy)のCDを購入した際、10/6(土)に「HMV HEEREN」で行われる本人出演イベントのクーポン券をもらいました。滞在期間中であれば、是非行きたかったのですが・・・。

2.ブギス・ジャンクション3FのSuntec City Mall内の「DISK STATION」(2001年9月当時)

市内にいくつかお店を持つCDショップです。音楽CDはブギス・ジャンクションのお店で、VCDは「Suntec City Mall」内のお店で購入しました。

CDのプライスは、

・売れ筋、少し前のリリースに関わらず、ほとんどの商品
  ・・・ S$18.8(約\1,278)、S$19.9(約\1,353)

 例)S.H.E.女朋友の「女生宿舎」順子の「...and music's there」王力宏の「永遠的第一天」など

という感じです。
お店は小さいのですが、メジャーなものは一通り揃うという感じがします。

VCDの方は、「夜奔」(映画)S$9.9(約\673)、「Para Para Sakura」(映画)S$6.9(約\469)という感じでした。

3.ここは穴場!「Suntec City Mall」内の大型スーパー「Carrefour」と、3FにあるVCD専門店「TS GROUP」(2001年9月当時)

JR海浜幕張駅の近くにもあるフランスの大型スーパー「Carrefour」(カルフール)が、大きなショッピングセンターの「Suntec City Mall」内にあります。1階は食料品、2階は家電・玩具・日常生活品・文房具の売場となっております。

2階にはちょっとしたCD売場があり、ほとんどのCDがS$18.8(約\1,278)、新譜・売れ筋の商品、例えば那英の「我不是天使」・F4の新譜、王力宏の「唯一」が、S$17.9(約\1,217)で売られておりました。

VCDは3Fにある「TS GROUP」が、とても安かったのです。
他のお店でS$6〜6.9(約\408〜\469)していた、「少林足球」「薫衣草(Lavender)」「Para Para Sakura」のVCDがS$5(約\340)で売られておりました。

この2つのお店は「穴場」だと思いました。

4.やっぱり一番安いのは「チャイナタウン地区」。場合によってはS$4(約\278)も安い!。

最初の方に「失敗した〜」という事を書いたのですが、それについて説明いたします。

シンガポール初日の9/30(日)のうちにCDをなるべく多く確保しようかと思い、「HMV」と「DISK STATION」でほとんどのCDを購入してしまったのですが、最後に訪れたチャイナタウン地区にある小さなCDショップの方が、断然安かったのであります。

場所はMRTアウトラム・パーク駅から近く、その手のショップは駅の近くにあるショッピングセンター「パールズ・センター」、徒歩5分ぐらいの所にある「チャイナタウン・コンプレックス」「ピープルズ・パーク・コンプレックス」に、小さなCDショップが何軒か入っております。

一つひとつのお店の品揃えはそんなにないのですが、どこのお店でも1枚あたりS$4(約\278)前後安く、DISK STATIONでS$19.9したものが、S$16(約\1,088)〜S$16.9とかで売られているのです。
これなら、台北のCDショップで買うのと同じ位になります。内外価格差がないというか。恐るべし華僑ネットワーク!。

仮に20枚購入したとして、S$4の差額としても5,440円も安いではありませんか!。
更に個人商店が多いということは、値段交渉ができるし。
(価格交渉の為に必要な簡単な北京語会話は、こちらをご覧下さい)
回る順番を間違ったなぁ・・・と旅の最後の方で思ったのでありました。

一番インパクトが強かったのが、「パールズ・センター」のユー・トン・セン・ストリート沿いの1階にあるお店で、周杰倫(Jay)の新譜がS$14(約\952)で売られているのを発見した時です。

自分が買った枚数を考えると・・・もう、書きたくありません。

●シンガポール大量購入・提案プラン(2001年9月当時)

というわけで、私の失敗からおすすめする「シンガポールCD大量購入・提案プラン」としては、

(1)チャイナ・タウン地区
どこも小さいお店です。1枚あたりS$16.9(約\1149)ぐらいと考えていいと思います。 当然、値段交渉できると思いますし。那英の新譜「我不是天使」も発見できたので、よほどマイナーでない限り、ほとんどの商品はそろうと思います。
(2)売れ筋商品ならCarrefour、VCDなら「TS GROUP」
チャイナタウンで見つからなかったものを購入するなら・・・という意味で。
(3)DISK STATIONとHMVで不足分の購入
チャイナタウンで揃わなかったものや、Carrefourに無かったCD、J-POPSや洋楽のCDも見たいならHMVでしょう。

この順番に回れば、失敗することなく(?)CD購入が出来ると思います。

●それでも見つからなかったCD

今回シンガポールの様々なCD・VCDショップを回ったものの、全く見つからなかったCDが存在します。

歌手名作品名
宋新[女尼]「同名専輯」
傅佩嘉「同名専輯」
洪愛莉「没有月亮的時候」
范**(FanFan)「太陽」
斯琴格日樂「新世紀」
蕭亜軒「紅薔薇」VCD
候湘[女亮]&江美[王基]MTV入りVCD

台湾であれば全然マイナーでないはずのCDだと思うのですが。

FanFanの「太陽」といえばこの夏、結構売れたCDなのですが「HMV」でも発見できなかったのであります。

●最後に・・・

ビンタン島とSingaporeの旅程が逆であったなら、買ってきたCDを南のリゾートで思う存分聞く、ノートパソコンを持参してVCDを鑑賞するという、「究極のC-POPSな休日」も過ごせると思うのですが。

余談ですがビンタン島の「ニルワナ・リゾート・ホテル」では、台湾・香港のホテルでも見られる「CHannnel[V] Chinese」や、台湾のバラエティー番組(「恋愛講義」「超級星期天」など)やフジ系でやっていた「ウソコイ」の中国語字幕付放送を「東風衛視」がテレビで見ることもできます。

Singaporeの中国語チャンネル「チャンネル8」も見ることができましたが、土曜日の朝に「人間四月天」(劉若英・伊能静ほか)を放送しており、C-POPS愛好者にとっては、嬉しい限りですね。

以上、シンガポールCD大量購入計画についてのレポートでした。

※S$1=約\68で計算。
※[**]は繁体字で1文字の漢字を表す(日本語コードに無いため)。
 例)[王文]=「おうへん」に「文」で1文字。

[ CD購入リスト No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7 ]

[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]