ball 台湾・台北のチャイニーズポップス事情(2000年6月 Ver.) ball

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 台湾・台北のチャイニーズポップス事情(2000年6月 Ver.)

今回購入したCD
購入した17枚のCD

※このWebページは2000年6月に作成されたものです。

●中華航空の音楽プログラム

台湾を訪れる事に先立ち、利用する航空会社は台湾のナショナルキャリア(国を代表する航空会社)である、中華航空(チャイナエアライン)か、日本アジア航空(日本航空系・台湾路線中心の航空会社)のどちらかを利用することにしておりました。

というのも、チャイニーズポップスの機内プログラムを聞きながら、現地までの約3時間の飛行時間を楽しみたい!と思ったからであります。
今回は、空港のアクセスの良さ(羽田空港を利用・2000年6月現在)と料金が安い事もあって、中華航空利用のツアーを申し込んだのであります。

さて、どういったプログラムだったかというと、今年の2月頃にヒットした21曲がセレクトされていました。

21曲中、聞いただけでMusic Videoのシーンが浮かぶ、1度でも聞いた事のある曲は9曲、すでに自分の持っていたCDの中から3曲、今回購入しようと思っていた曲が3曲という状態でありました。
そんなわけで、フライトの間、ずーっとご機嫌な“うたろう”なのでありました。

こんなことなら、台北経由でアメリカや、香港発ヨーロッパ方面行きのキャセイパシフィック航空とか、ヴァージンアトランティック航空なら、自社の香港ブランチ所属のミュージシャンの曲(台湾も含まれるので、エルバ・シャオやサンディー・ラムなど)を思う存分聴けるのかなぁ・・・と思ってしまうのでありました。

機内情報誌の音楽情報プログラム一覧
中華航空・機内情報誌の音楽情報プログラム一覧

●街の中を流れる曲は・・・

西門町や街中を歩いているとお店から音楽が流れてくる曲は、聞いた事ある曲ばかりでした。

良く耳にしたのは、王力宏(ワン・リーホン)の新曲「永遠的第一天」や、蔡依林(Jolin)のアルバム「Don't Stop」の中の曲、蕭亜軒(エルバ・シャオ)の曲が流れていると、思わず口ずさんでしまうのでありました。

これって、もしかすると日本に居るときより落ち着くというのか、自然な感覚というか。逆に日本の曲の方がわかなかったりして。

日本の曲も非常に人気があって、例えばKinki Kidsのベストアルバムが、台湾でも6月16日に発売になった事もあって、お店の中にはキャンペーン用のビデオが流れ、ポスターをもらうためにお姉ちゃん達が並んでいる姿も見られました。
宇多田ヒカルや鈴木あみの曲もよく耳にしました。

●西門町のミニライブのステージ

新しいCDがリリースされると良く、台北市内の繁華街・西門町のRose Recordsの前にあるミニステージで、土・日曜日にサイン会+ミニコンサート(簽唱會)が開かれます。(2000年6月現在)
その時のシーンはよくMusic Videoや芸能ニュースなどで見ることができます。

残念ながら訪れた時はイベントはなかったのですが、サイン会+ミニコンサートが行われる場所を見学してきました。
「ここがよくイベントを行う場所なんだぁ・・・」と感激してしまいました。
今度訪れる時は、イベントに合わせて訪れて見たいと思ったのでありました。

Rose Recordsは2Fにあります
Rose Recordsはミニステージ反対側のビル2Fにあります
Music Videoで出てくるKFC
このKFCもMusic Videoなどでよく写ります

●アイドルグッツ専門店でポスターを・・・

西門町を歩いていて見つけたのが、アイドルグッツ専門店の「烏龍(ウーロン)」というお店(2000年6月現在)です。

お店は2階と3階があって、2階にはポスターやプロマイド、3階はジグソーパズルなどが置いてありました。 飾ってあったポスターの中には、深田恭子や松嶋菜菜子(菜々子の事です)、金城武、安室奈美恵などもありました。

当然、台湾の明星の物もありまして、展示してあった蕭亜軒(エルバ・シャオ)のアルバムデザインと同じポスターが欲しくなってしまいました(笑)。

このポスターというのが面白くて、自分の欲しいポスターを大きなファイルから選んできて、選んだ物を大きな透明のシールのようなもの?に入れて加工して、タペストリーみたいにしてもらえます。

ポスターだけだとNT$25(約90円)で、透明のシールの加工込みでもNT$99(約360円)と非常に安い!のであります。私も買うことにしたのですが・・・。

最初、ポスターをレジに持っていくとポスターだけの料金を提示され(^ ^;。どうせなら、透明のシールの加工してもらいたい!ということで、片言の英語で(「中国語解らないのに、この人は台湾のアイドルのポスターを買うのだろう?」と怪しまれることは覚悟の上で)「This Type!」(加工されたポスターを指差して)と言い、無事に加工してもらうことに成功しました(笑)。

帰国して真っ先に、このポスターを寝室に飾りました。やっぱりelvaはカワイイ(笑)。

●東京国際空港(羽田空港)の税関にて

今回は珍しく、東京国際空港(羽田空港)の税関で質問されてしまいました。
荷物は、衣料品等が入ったボストンバック、ノートパソコンとビデオカメラ、ガイドブックなどが入ったバック、ビニール袋の中にはCD17枚と、3つの荷物を持って通過しようとしました。

質問の内容は、CDの入った袋に集中しました。
税関担当者から聞かれたのは、

質問:「これはお土産ですか?」 答:「そうです。」
質問:「何が入っていますか?」 答:「全部CDです。17枚程入っています。」
質問:「現地でしか購入できないものとか?」 答:「そーですね。」
質問:「ということは、これを買いに行くのが主な目的だったわけですね?」 答:「そーです。」
質問:「それでは通ってOKです。」

・・・という会話でありました。
これって、怪しまれたのか、ただの世間話がしたかったのか、よく解らないような。

以上、台湾・台北のチャイニーズポップス事情についてでした。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]