ball 海外衛星放送受信システム導入レポート Simple入門編 ball


うたろうほーむぺーじ > 海外衛星放送受信システム導入レポート > 海外衛星放送受信システム導入レポート Simple入門編

アンテナ正面から見た所
直径1.8mのパラボラアンテナを前から見た所
(右側に見えるのがBS用パラボラアンテナ)

1999年の9月に台湾を訪れて以来、チャイニーズ・ポップスにハマってしまいました。(詳細はこちら

その後、音楽専門チャンネル「Channel [V] Chinese」を日本で視聴できないかと模索しました。
(※なお、台湾のホテルでは通常、ケーブルテレビで放送されている、台湾向けの音楽専門チャンネル「Channel [V] Taiwan」を受信しているケースがほとんどです。)

その結果、海外発の衛星放送(以後、海外衛星放送)で、「Channel [V] Chinese」が放送されており、日本でも受信する事が可能だということがわかりました。

「Channel [V] Chinese」は、ASIASAT-3Sという衛星から放送されており、その衛星を受信するためのシステムを導入することとなりました。

海外衛星放送を受信するためのシステムは、スカパー!やBS放送と違いアンテナのサイズが大きく、チューナーも特殊な物が必要になります。
ASIASAT-3Sから電波を安定して受信する為には、約1.5m以上のパラボラアンテナを設置しなくてはなりません。

導入にあたっては、衛星専門誌月刊サテライトマガジンの1999年9月号の特集「海外衛星TVの世界」をもとに、インターネット上の衛星放送受信機材専門店のWeb Pageやパワーユーザー諸氏の資料を参考に、機材選定をすすめてきました。

今回は、(株)ワードから発売されている、直径1.8mのパラボラアンテナ&LNB(PF180G)及びチューナを導入することに致しました。

2000年3月12日及び19日・20日を利用してアンテナ工事と調整を行い、無事、ASIASAT-3Sから放送されている「Channel [V] Chinese」を受信することに成功しました。

というわけで、今回設置した、受信システムについて説明させていただきます。


<撮影データ>
 使用デジタルビデオカメラSONY DCR-SC100
<画像処理>
 使用パソコン&デジタイズ環境Apple PowerMac G3 350/DVD 内蔵Fire Wire(IEEE1394)ポート使用
 使用ソフトPhotoshop 4.0J (Macintosh版)

横から見た所
横から見た所です。

パラボラアンテナは、直径が1.8mもあります。これだけ見ると完全に「中華鍋」の化け物であります。

値段はアンテナが\26,200LNBが\9,800です。

ケーブルは、日本アンテナ製のS-5C-FB(20m)でチューナと接続しています。
アンテナ用のベース 長さ2mの足場パイプ・12本を使って組んだベース部分です。

パイプと金具類、合板を含めて約\12,000で作りました。
アンテナと塗装合板は針金で固定されております。念の為に、ブロックも置いてあります。
受信用チューナー
アナログ専用衛星放送受信チューナー(WARD製・P-300)
注意:2005年2月6日現在、「Channel [V] Chinese」はデジタル放送に変更されており、デジタル放送対応チューナーを使って受信することができます。対応チューナーは各海外衛星放送受信機材販売店にご確認ください。
スペックは、250chチャンネルメモリー、ステレオ・モノラル放送対応、PLLチューニング、C/KUバンド対応、で電圧制御偏波切替LNB対応、リモコン付という高機能でありながら、\16,000(税別)と非常にお買い得な製品です。

前のページに戻るホームページに戻る