ball 海外衛星放送受信システム導入レポート ball
〜機材選定・購入編〜


うたろうほーむぺーじ > 海外衛星放送受信システム導入レポート > 機材選定・購入編

●インターネットでひたすら調査

海外衛星放送を受信するための情報収集は、ほとんどすべてインターネット上で行いました。

まずは、衛星放送業界専門誌の「月刊サテライトマガジン」の1999年9月号のバックナンバーを購入しました。この号の特集は「外国衛星TVの世界」というものでした。

特集に載っていた、URLをもとに機材販売店やパワーユーザーさんのWebページを見ることにしました。


●衛星機材販売店

(株)ハマーズ
横浜市にある通信機器販売店。アマチュア無線機なども扱っている。
Web Pageには、各衛星放送の仰角・方位角を計算できるページもある(2005年2月6日現在)。

(株)ワード
東大阪市にある衛星機材販売店。Web Pageには、海外衛星放送のための「海外衛星テレビ受信あれこれ」がある(2005年2月6日現在)。

コンテック
静岡県・浜松市にある衛星機材販売店のホームページ。特に、海外衛星放送受信用アクセサリー類が豊富。また、電子工作キットも扱っている(2005年2月6日現在)。

アサヒサテライトページ
岡山市にある衛星機材専門店のホームページ。BSやスカパー!はもちろんのこと、ASIASAT-3SやKOREASATの受信チューナーやアンテナのラインナップもある(2005年2月6日現在)。

●パワーユーザーさんのページ

まささんの部屋 -MASASAN's ROOM-
海外衛星放送でも、特にデジタル方式を中心とした情報を扱っている。情報量が豊富。掲示板もあります(2005年2月6日現在)。

YAPPON's HomePage!
広島県にお住まいの藤井さんのホームページ。シンプルかつ、初心者にもわかりやすい海外衛星放送についての説明があります(2005年2月6日現在)。

●専門雑誌

月刊サテライトマガジン
衛星専門雑誌。海外衛星放送受信者を対象としたデータや、バックナンバーの紹介などが掲載されている(2005年2月6日現在)。


●ワードのアンテナ・チューナーを購入!(2000年3月に購入)

今回の主な目的である「 Channel[V] Chinese 」(以下、チャンネル[V])が放送されている、ASIASAT-3Sを見るための最小限の設備を導入する事にしました。
「チャンネル[V]」は当時、アナログ放送だったので、チューナはアナログ放送を受信できるもの、アンテナ&LNBも同じ販売店からなるべく安いものを購入することにしました。

注意:2005年2月6日現在、「Channel [V] Chinese」はデジタル放送に変更となっており、デジタル放送対応チューナーを使って受信することができます。対応チューナーは各海外衛星放送受信機材販売店にご確認ください。

なお、「チャンネル[V]」は、Cバンドと呼ばれる3.4〜7.05GHzの間の周波数で放送されているので、LNB(衛星からの電波を受信するため、電波を電気信号に変換し、衛星から送信されている周波数よりも低い周波数に変換して、チューナーに送る装置。アンテナに取り付ける)も、Cバンド用のLNBを購入する必要があります。

Cバンド以外にも、Kuバンドと呼ばれる10.6〜15.7GHzの間の周波数を使うチャンネルもあり、BS放送は11.7〜12.2GHz、CS放送が12.25GHz〜12.75GHzを使用しております。

どの販売店から購入するとしても、アンテナが非常に大きなサイズになるので、設置場所を確保しなくてはいけないのでありました。

我が家には、大きなベランダもなければ屋上もないのであります。物置の上に置こうと考えたのですが、購入して十数年経過しているためボロボロな状態で(^ ^;、アンテナを載せる事もできないのであります。
アンテナを設置するために、急遽、足場パイプで「棚」を作る事にしていたので、その予算を含めて10万円以下で揃えたいと考えていました。

最終的に、(株)ワードが扱っている1.8m据え置き型アンテナ(LNBセット)と、アナログチューナー(2000年当時)を購入することにしました。

購入金額は下記の通りです。

アンテナ(直径1.8m/PF180G)\26,200
C-Band LNBF\9,800
チューナ(アナログチューナ)\16,000
送料(代金引換手数料込み)\9,000
\62,000

※価格はすべて税抜別。

アナログチューナーP300
アナログチューナー P-300

メールでオーダーを出して、翌日に発送、3日後に到着しました。

アンテナが直径1.8mということで、とっても大きな段ボールに入ってやってきました。
メールでアンテナベースの大きさや重さを問い合わせたのですが、物が届いてから、やっぱり大きいなぁ・・・とビックリしたのでありました(^^;。

また、当時購入したアナログチューナーのスペックは、250chチャンネルメモリー、ステレオ・モノラル放送対応、PLLチューニング、C/KUバンド対応、で電圧制御偏波切替LNB対応、リモコン付という高機能でありながら、\16,000(税別)と非常にお買い得な製品です。

以上、機材選定・購入編でした。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]