ball 海外衛星放送受信システム導入レポート ball
〜アンテナ設置編 〜


うたろうほーむぺーじ > 海外衛星放送受信システム導入レポート > アンテナ設置編

●いよいよ取り付け!!

アンテナは2000年3月8日に到着しました。

「機材編」でも出てきましたが、我が家には、大きなベランダや、屋上はありません。 そこで、まず最初にアンテナをのせるためのベースを作る所から始めました。

購入する前に販売店に確認した所、アンテナの基台の大きさは、1.5m×1.5mぐらいということで、予算やコスト、アンテナの大きさを考えていろいろな方法を検討しました。

  1. 安い物置を購入してその上に置く
  2. パイプ式の2段ベット(ロフトベット)を2つを並べてその上に載せる
  3. 物置の上に板を置いて設置する
  4. 足場パイプを利用した台を作って載せる

コストや大きさを考えて、「足場パイプを利用した台をつくる」という方法を選びました。

●ベースの製作から

2000年3月12日(日)に、地元のホームセンターに行って、下記のものを購入しました。

足場パイプ2m@\43512本\5,220パイプ本体です
ベースプレート@\1884個\752足場パイプをたてるためのプレートです
直交クランプ@\13818個\2,484パイプを直角に接続する金具です
化粧合板@\1,2502枚\2,500コンパネの上に塗装がされている板です
ブロック@\2002個\400アンテナのベースを固定するために用意しました
ブロック@\1404個\560足場パイプのベースを固定用に用意しました
エンドキャップ@\784個\312足場パイプの上に取り付けるカバーです
クランプカバー@\1084個\432クランプにかぶせるカバーです
\12,660※価格はすべて税抜別。

それ以外に、LNBFとチューナーを接続するためのケーブルとして、日本アンテナ製の同軸ケーブル「S-5C-FB」20m(\2,480)とコネクタ(\280)を購入しました(合計\2,760・税別)。

同じ日の午後1時から午後5時頃まで作業でベースの基本的な部分を作り、残りの作業は19日以降に行いました。 19日(日)は、朝8時から10時30分ぐらいまでかけて、ベースを完成させました。

アンテナ用のベース
足場パイプを使って作った台(アンテナベース)

●アンテナを組み立てる

次にアンテナを組み立てました。
直径が1.8mということで、自分の身長(170cm)より大きいため、試行錯誤しながら組み立てていきました。

組立説明書(A4・1枚のどの部品を差し込んで取り付けるか書いただけの簡単なもの)があるので、そんなに迷うことはありませんでした。
パラボラ本体とLNBを取り付ける部分だけを組んで、あとは、足場パイプを使って組んだ台の上にのせて、基台とアンテナを接続します。

アンテナが組みあがったのが午後2時ぐらい。いよいよ調整作業であります。

●アンテナを取り付ける!

ASIASAT-3Sは、東経110.5度の赤道上に静止している衛星です。
アンテナは、午後2時40分に太陽の日がアンテナ全体にあたる場所を選んで設置します。

正確な取り付け位置の計算は、(株)ハマーズのWeb Page上にある「Tool and Data」を利用することで計算することができます。アンテナを設置する場所の、

をあらかじめ調べておいてください。

私の場合、緯度・経度はカーナビゲーションシステムを利用して調べました。
海抜は近くの小学校の百葉箱の近くに立っている、緯度・経度・海抜が書いてある柱(のようなもの)を見て調べました。

計算した結果、下記のデータを利用してアンテナを衛星の方向に向けます。

私の自宅(埼玉県・北部)を例にとりますと、

で、

という結果になりました。

●調整は試行錯誤

アンテナにLNBと同軸ケーブルを取り付け、LNBとチューナ、チューナーとテレビを接続します。

接続方法ですが、同軸ケーブルの取り付け(コネクタとケーブルを接続するなどの加工を含む)や、LNBとチューナーを取り付ける方法は、BSやスカパー!のチューナ・アンテナ間の接続をやったことのある人であれば、全く問題なくできるはずです。

スカパー!のアンテナ・チューナセットですと、最初からコネクタがついた15m程度のケーブルが付属しますが、同軸ケーブルとコネクタの接続は、日本アンテナ製の製品であれば、コネクタのパッケージに丁寧な加工方法の説明(便利な事にケーブルを何mm剥いたらいいかが、図入りで説明されていて、更に定規まで印刷されております。

ここまで出来ましたら、チューナーを実際に受信するチャンネルに周波数(映像・アンテナ周波数)にセットして、接続したテレビの画面をみながら実際にアンテナの仰角を段階的に調整して、アンテナを南西の方角に移動させていきます。

具体的な調整方法は下記の通りとなります 。

  1. アンテナ自身の方位と仰角の調整
  2. LNBFの偏波角度の調整
  3. LNBFの円盤部の位置を前後させて調整
  4. 受信機をリモコンを使って映像周波数を若干上下させる(アナログ受信機の場合)
  5. 受信周波数を補正する

上記を順に、最高の位置に微調整する作業を行います。

今回購入したアンテナは、下の写真の部分を上下に調整することによって、仰角を調整することができます。
この部分に、エンピツで1cmずつマークし仰角を調整、アンテナを衛星のある南西の方向に回して何も受信できなかったら、また1cm分仰角を調整して、再びアンテナを回すという作業を繰り返しました。

アンテナを後ろから見た所
アンテナを後ろから見た所
○印の部分を回転させて方位角を調整する
仰角の調整箇所
○印の部分を上下に動かして仰角を調整する

私の場合は、この作業を始めて30分ぐらいでノイズにまじった、人の影のある画面が徐々に現れ、そこから方位角を微調整、完全に受信できたら、更に細かくアンテナの方位角と仰角を調整してベストの状態を探していき、1時間ぐらいで、ノイズのない映像・音声(一見見ただけでは、地上波と変わらないレベル)のポイントを見つける事ができました!
(注意:2000年当時、チャンネル[V]はアナログ放送だったため、実際の映像のノイズを見ながら方向の微調整が可能だった)

その後、チューナー側で周波数の微調整を行い、無事にその日の夜から、「チャンネル[V]」を受信出来るようになりました。

アンテナ正面から見た所
直径1.8mのパラボラアンテナを前から見た所
(右側に見えるのがBS用パラボラアンテナ)
LNBF
LNFB部
(上記手順の2.,3.の調整を行う)

今回の機材購入及び不明な点があったため、機材を購入した販売店の(株)ワードの担当者の方には質問のメールを何通か出しましたが、非常に早いレスポンスで返事が返ってきました。とても役に立ちました。

また、アンテナ設置数日後に原因不明のノイズに悩まされた時には、「YAPPON's HomePage!」の藤井氏にもメールお送りし、非常にご丁寧に質問に答えていただきました。有り難うございました。

以上、アンテナの設置についてでした。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]