ball 全日空・B747の整備中の風景 ball


うたろうほーむぺーじ > Airplane Photo Collection > メンテナンス中の飛行機の写真集 > 全日空・B747(JA8139)の整備中の風景

某旅行専門学校の学生時代の95年10月30日に、ゼミ主催で見学した、東京国際空港(羽田空港)にある、全日空(ANA)の羽田西メンテナンスセンターにて撮影した、整備中のB747-200型ジャンボ機(JA8139)の写真です。

ANA B747-200

操縦席のフロントガラス
操縦席のフロントガラスの部分です。
胴体右側のロゴ
胴体右側の、”全日空”ロゴの前にある日の丸の部分です。
コックピット
整備・点検中のコックピットです。ジャンボでも最新型の-400型と異なり、コックピットにはアナログの計器がびっしり並んでいます。
FEシート
古い飛行機の基本は、スリー・メン・クルー=3人で操縦する方式がとられ、操縦士・副操縦士とフライトエンジニアの3人で飛行機を運航します。そのフライトエンジュニア席の前の操作パネルです。
窓
整備中の機体の窓の部分です。整備する時はこのように、すべての壁をはずして行われます。
ギャレイ
機内食や飲み物を保存しておくギャレイです。

[ 前のページに戻る  | ホームページに戻る ]