ball さようなら ロッキード・L−1011 ball


うたろうほーむぺーじ > Airplane Photo Collection > メンテナンス中の飛行機の写真集 > 全日空・整備場 L-1011(JA8521)

1970年代に登場したロッキード・L-1011(愛称はトライスター。エンジンが3機ついているために名付けられた。略称はL10=エルテン)は、当時の先端技術を盛り込み、現在に至るまで高い評価を得ていた旅客機であった。
しかし、セールス的には成功したとは言えず、ロッキード社最後の旅客機となってしまった。

マニアの間での人気は根強く、月刊エアライン(イカロス出版)の1995年11月号で発表された、「いちばん好きな旅客機 BEST10」では2位になったのである。
しかし、全日空はB777旅客機の導入により、トライスターは引退することになった。
現在は、海外の航空会社に売却され第二の人生を送っているのである。

今回、ここで登場するロッキード・L-1011(登録機種番号:JA8521)は、某旅行専門学校の学生時代の95年10月30日に、全日空の羽田西メンテナンスセンターで撮影された、極めて貴重な(?)ものである。
私の記憶が確かであれば、海外の航空会社に売却される前の最後の点検整備中であったと思われる。

ちなみにこの日は同年12月に就航した、B777型旅客機が日本にやって来た日でもある。
新・整備場では、航空関係者を交えたお披露目パーティーが開催されていた模様。

ロッキード L-1011
ロッキード L-1011・JA8521
(新東京国際空港にて撮影)

●各写真をクリックすると大きい画像が表示されます●
整備中の機体・全景 整備中の機体・全景
正面
操縦席のフロントガラスの部分です。
操縦席
窓越しに見た操縦席の内部です。 胴体のロゴ
胴体に入った”ANA”ロゴです。
胴体の下
胴体の下の部分からのショットです。 主翼
主翼部分です。
エンジン
エンジンはロールス・ロイス社製です。 タイヤ
タイヤ部分です。
垂直尾翼
垂直尾翼です。 水平尾翼
水平尾翼です。
真後
真後ろから見た所です。 水平尾翼
胴体の”ANAロゴ”のアップです。

[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]