ball メンテナンス中の飛行機の写真集 ball


うたろうほーむぺーじ > Airplane Photo Collection > メンテナンス中の飛行機の写真集

日本航空・全日空の整備工場(メンテナンスセンター)を見学したときの写真を集めてみました。

日本航空・ボーイング747-400(JA8077)
ハイテク旅客機・B747-400(国際線仕様)の整備中の写真です。

全日空・トライスター・L-1011(JA8521)
すでに日本の空から消えてしまった、トライスター・L-1011の整備中の写真です。

全日空・ボーイング747-200(JA8139)
ジャンボ機の整備中の写真です。


■飛行機の整備とは?(全日空の場合)■

航空機の整備にはおおきくわけて、3つの整備に分かれています。

1.運航整備:
飛行機が空港に当直した後に行われるもの。機体や機内を回り目視点検が主な作業。

2.定時整備
1)A整備:300〜400飛行時間ごと行われる。最終便で到着後、翌朝の初便で飛ぶ間での間に行う。
2)C整備:3000飛行時間ごとに行われ、約1週間かけて行う。パネルを取り外し本格的に行われる整備。

3.HMV(HEAVY MAINTENACE VISIT):
飛行機が飛んで4〜5年経過してから行われる整備。約40日かけて、構造的な点検やさび止めペイントを行う。

※全日空・羽田西メンテナンスセンター見学資料「Symphony de Sky」より引用