半成年主張 演唱會レポート
('02.10.12,公館/台湾大学・椰林大道にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 半成年主張 演唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■異色のコンピレーションアルバム"半成年主張"

9月11日に台湾最大のレコード会社、滾石唱片(RockRecord)から、コンピレーションアルバム「半成年主張! MUSIC COLLECTION 11★SINGLEs」が発売になりました。

このアルバムはロック系バンドの曲の他、国語・台湾語のラップや、癒し系の女性シンガーソングライター許哲珮(Peggy)や陳綺貞の曲も収録。

更にレコード会社の枠を超え、五月天(Mayday)の阿信と怪獣、それに加えワーナーミュージック若手大物女性歌手・孫燕姿で結成されたスペシャルユニット「kid & dream」の曲が入っているという、ひと味違ったコンピレーションアルバムとなっています。

今回はアルバムに収録されているほとんどの歌手・バンドが参加するコンサートが開催されたので行ってきました。
ちなみに、これだけ"濃い"出演者に負けず、我々日本人チームもC-POPSの小部屋のいえさんStellaファンサイトStella@JapanのKobanさんと共に行くことに。こちらも負けないほど"濃い"メンバーとなっております(笑)。

今回の出演者は孔令奇、大支(台湾語ラップ)、Witness feat.AGOTA(ラップ)、玉榮、趙之璧(bibi)、kid & dream(阿信・怪獸 without 孫燕姿)、許哲珮(Peggy)、旺福樂團、強辯樂團、失控樂團(樂團=バンド)


孔令奇
孔令奇
大支
大支
Witness
Witness
玉榮
玉榮
趙之璧(bibi)
趙之璧(bibi)
許哲珮(Peggy)
許哲珮(Peggy)
阿信・怪獸(kid & dream)
阿信・怪獸
(kid & dream)
旺福樂團
旺福樂團
強辯樂團
強辯樂團
失控樂團
失控樂團
コンサートの最後に出てきた出演者
最後に出てきた出演者達

今回のコンサートを通じて個人的に思ったのは、五月天の後のバンドとロックをどうやって育てていくか?、停滞状態にある台湾音楽業界をどう活気づかせるか?、新しい感覚を持ったシンガーソングライターの育成の必要性など、台湾の音楽シーンが抱える問題点をどう解決するか?という、業界トップ企業の"あせり"みたいなものも感じました。

更に最近は新人がなかなか育っていないような印象を受けます。
特に1998年から1999年頃にデビューした女性歌手(蕭亜軒,梁静茹,孫燕姿など)が健闘する中、新人歌手の中で"勢いのある"人が少なくなっているような気がしています。

そういった意味でも、新しいジャンルの開拓と新人の育成という意味で、今後も同様な試みによって、市場全体の活性化に繋がればいいな...と思った簽唱會でした(筆者には珍しく真面目なコメントのような)。

以上、コンピレーションアルバム"半成年主張"簽唱會レポートした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止