IFPI 404・反盗版大遊行
レポート('02.4.4,中正紀念公園にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > IFPI404反盗版大遊行レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾のエンターテイメント業界の深刻な"海賊版"問題

台湾の4月5日は「清明節」(祖先の恩を忘れないように家族そろってお墓参りをする日)のため、国民の休日になっており、4月4日も学校はお休みのようです(ちなみに、大学生は1週間の春休みです)。

今回は、台湾の著作権保護団体・IFPI台湾(財団法人 国際唱片業交流基金会)が主催した、「反盗版大遊行」(海賊版撲滅のためのイベント)に参加してきました。

台湾の海賊版CD・DVDによる、エンターテイメント業界への影響が深刻な問題となっており、CDの100%の内訳のうち、正規版が40%、MP3が10%、海賊版が30%、CD-ROMが20%ということだそうです(引用:「平成12年度 台湾の音楽産業に関する調査研究報告書」財団法人音楽産業・文化振興財団より)。
具体的には、正規版CDセールスが30万枚(台湾での大ヒットの基準となる枚数)とした場合、70万枚の海賊版が出回っている計算になるとのことです。
音楽だけでなく、映画のVCD/DVD、コンピュータ(ゲーム)ソフトも同じように、相当数の海賊版が出回っているようです。

特に台湾の名物ともいえる「夜市」では、沢山の海賊版CDが売られており、正規版CDがNT$330(約1,320円/1NT$=4円で計算)とすると、海賊版CDがNT$50(約200円)位で売られています。

このような状況下、音楽ソフトメーカの中には海賊版の影響を受けて倒産した会社も出ており、今回、台湾国内のエンターテイメント業界が一体となって海賊版撲滅のために大規模なイベントを行ったというわけです。


反盗版大遊行・会場ステージ
反盗版大遊行・会場ステージ

■業界関係者・ミュージシャンが多数参加!

14:30(一部報道では14:00)から開始されるということで、会場には早めに到着しました。
イベント開始前に、会場内にあった看板には、各レコード会社・有線放送事業者・有線チャンネル・テレビ・ラジオ局などのマスコミ、カラオケボックス、映画関連会社別に集まる「エリア」が決まっており、台湾の代表的な音楽・映像ソフト関連企業の関係者が出席するという、いわば「業界の一大イベント」という印象を受けました。

中正紀念堂の前にステージが設けられており、ステージの裏には各テレビ局のSNG中継車が並んでおりました(あれだけ綺麗に中継車が並んだのを見るのも初めてですが)。
13:30頃になると、黒いTシャツを着た業界関係者(ミュージシャンを含めて、パレード参加者は黒い服装)が続々と会場入りしました。
ステージの周辺では、今回のイベントに参加するミュージシャンへの取材が行われていたようです。

イベントは14:30頃からスタートし、最初は業界関係者らしき人、数名が挨拶した後、15:00頃から中正紀念堂から総統府に向けてのパレードが始まりました。

今回のイベントに参加するアーティスト、俳優さんはかなり豪華・・・という噂は聞いており、私がサイン会に参加した、孫燕姿、TVBS-G「娯楽新聞」の司会者の黄韻玲と黄嘉千、ホウ・シャンティン、ジニー・リュウ、張恵妹、香港からもアンディー・ホイ、カレン・モクが出席するという話を聞いておりました。

パレードが始まると、まず列の先頭に現れたのが、シノ・リンとイーソン・チャンなど(avexのミュージシャン)。この時点でレコード会社別に並んでいる事に気が付きました。
次はBMGの周杰倫(Jay)と温嵐(Landy)、EMI/Virginのホウ・シャンティン、ジニー・リュウ、ペニー・ダイ、チャン・メイチー、新人の戴愛玲、MakiyoにFanFanと周*、S.H.E.に黄韻玲と黄嘉千、カレン・モク、陶晶瑩、張學友、孫燕姿という感じで、次々と著名人が自分の前を通り過ぎていきました。

FanFanとMakiyo
FanFanとMakiyo
パレードのトップ集団
林曉培、容祖兒、イーソン・チャンなどがパレードの先頭
周杰倫(Jay)
周杰倫(Jay)も来ていました!

EMIグループのシャンティン、Ginny、チャン・メイチー
陳小春
陳小春
孫燕姿
孫燕姿

余談ですが、上記のように「自分の前を誰が通り過ぎたかのか?」という確認は、撮影したビデオと、このイベントの模様を伝えていたテレビの番組で初めて知った・・・という状態だったのです(笑)。
例えば、張學友はパッと見ると「金髪のお兄さん」としか見えないので、業界の関係者=各ミュージシャンのスタッフなのか、ファンなのか?わからないという状態だったのです!。
とにかく人が多かったという感じです(そうでなくても、台湾の女性は可愛い人が多いので、スタッフを間違って「芸能人」と思ってしまう可能性のありますし(笑))。

パレードの列は一度、中正紀念公園の前の大きな門の前で止まりました。この時、私は列の最前列に行くことができ、列の先頭に居た林曉培(Shino)、イーソン・チャンなどを数分間見ることができました。
この時に初めて気が付いたのですが、イーソン・チャンの隣はなんと、容祖兒(Joey)だったのです。その後ろには、陳小春、曽寶儀(a-baw)、動力火車、品冠と続いていました。

パレードの一行は総統府に向かって歩き始め、再び中正紀念堂に戻ってきました。
戻ってくる所で、ニコラス・チェ、ココ・リー、滾石歌片の社長、王力宏、順子を発見!(ココ・リーと順子以外はビデオで確認)しました。

パレードが終わると、参加したミュージシャンがステージに上がりました。
各レコード会社の代表者が挨拶する形となり、この時に初めて、張恵妹、阿雅などが居たことがわかったのです。
ココ・リーからは外国プレス向けと思われる、英語でのスピーチがありました。
これだけの人が一度に集まった(日本で言うとミュージック・ステーションとHey!×3の年末特番を足したようなもの?)ことに驚くと共に、業界を上げて本気で取り組もうとしている姿勢を感じました。

イベントが終わり、午後6時頃に部屋に戻った所、TVBS系の「東風衛視」では、今回のイベントの特別番組をやっておりました。
各アーティストへのインタビューも聞くことができ、その中でA-MEIが「小さな子供が海賊版CDを持ってサイン会に来る」というような話をしていました。
また、テレビを見て初めて「この人もいたんだ!」と再確認する事もありました。

更にビックリする事が起こりました!。というのも、その番組を見ていたら、な、なんと自分が映っているではありませんか!!!(笑)。確かに、私の居た近くで東風衛視のカメラがインタビューしていたのですが、その素材を使うとは(笑)。

このイベントを通じて、台湾の音楽産業の衰退を招き、大好きな歌手・作詞・作曲家などの製作関係者に正当な報酬が入らないということを、1人でも多くの人が認識し、海賊版を買わないようになることを願うとともに、法整備(台湾の現行法では、罰則規定が甘いようです)と徹底した取り締まりが実施され、台湾の音楽業界が今後、明るい方向に向かうことを祈る気持ちになった、1日となりました。

私の個人的な感想は、今まで買ったCDのほとんど(70〜80%)のアーティストを見た事になり、本当に凄いイベントだったと驚いております。なんでも"お祭り"にしてしまうのが得意な台湾の音楽業界、私は大好きです(^^)。

以上、4月4日に中正紀念公園で行われた「反盗版大遊行」についてのレポートでした。

※下記リストのアーティスト名をクリックすることで、画像が表示されます。
※一部の写真は後ろ姿や横顔だけになっています。「参加者をなるべく紹介したい」というということで、ビデオカメラの画像からキャプチャーしています。画質も満足行くものでない旨、ご了承下さい。


アーティスト名
曽寶儀(a-baw)
ココ・リー(CocoLee)
品冠
ホウ・シャンティン
容祖兒(Joey)
莫文蔚
温嵐(Landy)
ニコラス・ツェ
Pennyとチャン・メイチー
Pennyと戴愛玲
動力火車(Power Station)
S.H.E.
林曉培(Shino)
周恵
張清芳(Stella)
陶晶瑩(Taozi)
黄韻玲と黄嘉千
張學友(Jacky)


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止