許紹洋(アンブロス・シュー/Ambrose)
簽唱會レポート('02.6.15,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 許紹洋(アンブロス・シュー)簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■たまたま新光三越前で待ち合わせをしていて・・・

筆者の運営している"台湾留学完全ガイド"の掲示板の常連さん(女性)と、土曜日の午後2時に新光三越前で待ち合わせることになり、たまたま時間が重なったので見ることができました。

許紹洋(Ambrose)は、先週のTVBS-G「SUPER LIVE 3-5」に行ったときに見ましたが、一言で言うと「新人のカッコイイ系お兄ちゃん」です。
どうやら台湾のテレビドラマ「薫衣草(Lavender)」で人気が出た人らしいです(詳細不明)。

今回は某掲示板の常連さんと一緒(台湾のサイン会が初めて)だったので、率直に感想を伺う事が出来た点が面白かったです(笑)。

例えば、許紹洋は「筋肉ムキムキで、いかにもロックを歌いそう...と思ったら甘いバラードを歌う所が可笑しい」とか、「写真写りと違う!(これは台湾の"変身写真"の技術を見れば納得するのですが)」、「ファンションセンスがいまいち」などなど(日本のファンの皆さん、御免なさい)。
男性から男性を見るという以上に、筆者自身、この2年半以上「これが台湾のスタイルなんだ」とぐらいにしか思っていなかったので(笑)。


ステージ
会場のステージ
許紹洋
許紹洋(Ambrose)

サイン会に来ていたファンは圧倒的に女性が多く、遠い人はアメリカから来たとか?。
人出の方は、台北でのサイン会は以前西門町で行った事もあって少な目でした。
また、サイン会開始前の報道機関向けの撮影時、テレビ局のカメラの数がいつもより少なかったのですが、サイン会の途中から増えていました。
どうやら、西門町で行われていたMakiyo(川島茉樹代)のサイン会の取材が終わってから来たような感じです。

話の内容を聞くと、どうやら広東語も流暢のようで、今後は広東語のアルバムも出したいとか、英語の曲も歌いたい・・・というような話をしておりました。

以上、許紹洋のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止