張恵妹(A-MEI)
簽唱會レポート('02.8.11,西門町ワトソンズ前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 張恵妹 簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾に来たからには一度は見ておきたい実力派女性歌手!

↑という理由で見てきました(笑)。
これ以上表現する必要がない位、台湾の音楽業界に欠かせない存在となっている様な気がします。

今回のサイン会で興味深かったのは、ファンが元気でノリがいい!ということです。
サイン会が始まる前から、テレビ局のカメラに向かって盛んに手を振ったり、本人がまだ到着しないにもかかわらず、CDのファーストヒット曲「狠角色」のサビの部分を、CD予約用のパッケージ(今回は預購簽唱會)を手に持って合唱したり。
今まで参加したサイン会の中で、最もファンの熱気を感じたサイン会となりました。

A-MEIが登場したのが14:45頃。登場する少し前から、ファンのテンションが高くなるのがわかりました。
ステージに登場してすぐに、ファンの列は前に移動!。その時、A-MEIが「気をつけてね」というと、これまたファンも少しおとなしくなるというか(笑)。


元気なA-MEIファン達
元気なA-MEIファン達
A-MEIの笑顔
A-MEI自身,楽しんでいる感じがします。
意外と小さい女性です
意外と小さい女性です。

今回は3曲を披露。1曲目と3曲目の「狠角色」はダンサーと一緒に踊っていました。
先日の報道では、足をケガをしたという事を聞いていたのですが、それにもかかわらず本当に元気。
ノリもいいですし、A-MEI自身が一番楽しんでいるという感じが伝わってきました(^^)。
画像を見るとわかるのですが、笑顔が本当に自然というか...。
更にポスターやテレビで見るより、本物の方が可愛らしい感じがします。
歌声はCDで聞くのと同じく、勢いがあって、バラードでもアップテンポの曲でも自然に難なくこなすな・・・という印象を持ちました。

ちなみにA-MEIは、今日の12:00着の飛行機で大陸から台湾に帰ってきたばかりということで、しばらく台湾に帰って来なかったようです。

誕生日も近い(?)ようで、途中にはファンから誕生ケーキの贈呈もありました。
本当にファンもA-MEIが好きだし、A-MEI自身フレンドリーな所が、彼女の最大の魅力だと思いました。
そういった意味で、いままでのサイン会の中で「見ているだけで楽しい」サイン会でありました。

以上、張恵妹のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止