侯湘[女亭](Angel)・「17.18.19...侯湘[女亭]」
簽唱會レポート('02.6.1,西門町/RoseRecord前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 侯湘[女亭]・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■過去3ヶ月の中で最も気合いの入ったイベント!

今をさかのぼること、2000年6月のある日の事。
自宅で「CHannel[V]」を見ていて、侯湘[女亭](ホウ・シャンティン/Angel)の2ndアルバム「同名専輯」の「為[イ尓]流的涙」のMusic Videoを見て、筆者は一目惚れ(*^^*)。

最初は「か、可愛いお姉さん!(*^^*)。ズバリ、好みのタイプ!」
(注意:初めて彼女を見たとき、自分より年上だと思っていたのですが、見事に外れました。筆者より6歳も若い!)

その後、2ndアルバムを台北にてポスター付で購入。
「このスィートな、ほんわ〜かな優しい歌声と雰囲気こそ、自分の求めていた音楽!」という位、感激してしまいました。
「シャンティンに会いたい!」と思い続けて丸2年。やっとサイン会に参加することが出来たのです!。


ステージでのアップ1
侯湘[女亭](ホウ・シャンティン)

さて、事前の報道(TVBS-G「娯楽新聞」に本人が出演した際の告知、6月1日付の新聞「影劇報」の週末イベント情報)では、西門町の萬國百貨前広場で午後2時からサイン会が行われるという話でしたが、筆者が西門町に到着した午前11時現在、どこにもそのようなイベント会場らしき場所が見あたらず・・・。

困った筆者は、RoseRecordに入り、シャンティン様の予約用VCD入りパッケージ(CD発売は6月4日)を手に取っていた女の子に「萬國百貨前広場はどこ?」と訪ねてみました。
彼女たちもサイン会に参加したいらしく、一緒にそれらしい場所に行くことに・・・。

しかし、やっぱりその場所には何も無い(笑)。
念のため彼女たちも、近くに居た人に「萬國百貨前広場はどこ?」と聞いたら、やっぱり何もない"ここ"ということらしく。
突然無くなったのか?、それとも別の場所にある「萬國百貨前広場」なのか?。
謎が深まる中、午後2時まで待つ事にしたのです。

午後2時。やはり、その場所には何もないんです(笑)。近くでは2つのサイン会が始まっているというのに(^^;。

午後2時が過ぎてもイベントが行われないということで、別の大学に留学している日本人の"サイン会仲間"のK氏がRoseRecordで直接聞いた所、「どうやら午後4時頃始まる・・・らしい?」という情報を入手。しかし、お店の人も自信なさげだったとか(^^;。
というわけで、とりあえず午後4時まで西門町で待つことにしたのです。

■品冠のイベントステージが...いつの間に!

午後4時になり、西門町で何か変化が無いか?チェックする事に。
さっそく目に飛び込んだのが、RoseRecord前広場のステージで、報道関係者向けに集まったファンをバックに写真を撮っている、背の高い女性が居るではありませんか!。

いつの間にか、品冠のイベントステージが、シャンティン・サイン会仕様になっていたのです(笑)。
(この件については、土曜日のTVBS-G「娯楽新聞」で、シャンティンがコメントしています。恐るべしスタッフ!。)
推測ではありますが、午後2時から3つのサイン会になるという事で、警察の許可が下りなかった?のではないかと思われます(確かに素人が考えても、無理があります)。

■背が高い!可愛い!どうしましょ(*^^*)

↑筆者自信、今回のイベントは、恐ろしいほど壊れていました(笑)。
あのシャンティン様が目の前に居るんです!。
ここで歌も歌っちゃうんですよ!。
更に、本人からサインをもらえるんです!。
運が良ければ、ステージの上で話ができるんですよ!。
・・・というわけで、かなり舞い上がっておりました。

最初は新曲「我是如此愛[イ尓]」を歌いました。
Music Videoもテレビで流れているのですが、前作より歌が上手くなっているような気がします。

この歌の後、サイン会では良くある「ファン参加型・ステージパフォーマンス」(わかりますよね?)が行われました。
> 筆者はもちろん「で、出たい!」と思って、ステージに向かって手を挙げたのですが・・・。

・・・結局どうなったかと言いますと、一緒に来ていた日本人のK氏が、司会の方に指名されてステージに上がってしまったのです!(笑)。
シャンティン様・ファン歴2年の筆者、ファン歴15分のK氏に先を越されてしまったのです(^^;。

というわけで、K氏を含む男性5人がステージ上で何をやったか?について説明しましょう。
今回のお題目は、「男性5人をステージ上に上げて、どれだけシャンティンの事が好きか?を競い合う」という内容です。
皆さん熱狂的なファンですから、当然のように「我愛[イ尓]!」連発です(笑)。

さて、ステージ上に上がったK氏ですが、司会の方から「お名前は?」と聞かれて(もちろん中国語です)、中国語で自分の名前を答えて、すかさず「我是日本人」とアピール(笑)。会場付近のお客さん、ビックリしてました。

その後、シャンティン様は「だったら、日本語、少し話しますよ!(ここまでは中国語)」ということで、


「はじめまして。ホウ・シャンティンです。よろしくお願いします。」

と話してくれました(^^)。
どうやら、日本に行った時(前作のアルバムは沖縄ロケでしたし)に、友達に教わったらしいです>日本語。


ステージに上がった5人の男性
ステージに上がった5人の男性

さて、K氏もシャンティン様に想いを伝えなくてはいけません(笑)。

というわけで、彼も「我愛[イ尓]!」と言ったのですが、司会者さん曰く「日本人が我愛[イ尓]!はすごい!。でもせっかくだから、日本語で・・・」というわけで、「愛しています」と言ったのであります!(う、うらやましい・・・)。

おそらく、K氏は「日本から来て、シャンティン様に"我愛[イ尓]!"と叫んだ、熱狂的なファン」として、伝説として語り継がれる事でしょう。素晴らしい!(う、うらやましすぎる・・・)。

結局、5人の中でシャンティン様が気に入ったのは、彼女の写真を集めて、アルバムに整理している台湾の熱狂的なファンを選び、どんなプレゼントをしたかといいますと・・・ガラス越しに間接キス(*^^*)(う、うらやましい・・・)。

というわけで、K氏をこのイベントに誘って、見事に"シャンティン迷"にしてしまった事については、非常に満足していたのであります。
これで、日本人の熱狂的なファンが少なくとも2人存在する事になりました(笑)。


間近で見るシャンティン様
間近で見る シャンティン様

ファン参加型・ステージパフォーマンスが終わり、再びシャンティン様、歌を歌いました。
筆者が一番大好きな「為[イ尓]流的涙」。まさかこの曲が生で聞けるとは!。
2曲目が「兩個冬天」、3曲目は「一起去巴里」、4曲目は「秋天別来」(いずれも1番のみ)。
どの曲もお気に入りばかりです(^^)。久しぶりに「台湾に来て本当によかった!」とシミジミしてしまいました。

この後、サイン会に移りました。やはり圧倒的に男性ファンが多いです。
確かシャンティン様、「彼女にしたい女性」のNo.1に選ばれた事があるとか...。

先週、台湾で一番人気のある某女性歌手のサイン会に参加した時の"スタッフの殺気"と全く違って(人気の度合いが違うのは否めませんが)、ステージ上でのサインにも時間に余裕がありますし、写真撮影も可能。
場合によっては2ショット撮影可能!。シャンティン様さえよければ、アップで写真を撮ってもいいらしく(!)、その姿を見ているだけでも嬉しかったですね(^^)。

さて、今回のイベントには「予約用VCD入りパッケージ」が必要なのですが、パッケージの中に「I'll Marry You」(新曲のタイトルと一緒)という紙が添付されています。
この紙には、「新人」と「結婚人」書かれた横の部分に、CDをお買い上げ頂いたお客様の名前を記入する欄があり、更に日付を書き込み欄があります。
ちなみに、もう1人の「結婚人」の欄には「侯湘[女亭]」と印刷されています(笑)。


「I'll Marry You」と書かれた紙
これが噂の「結婚申込書」?
筆者の名前付きサイン
筆者の名前付きサイン

というわけで、筆者もシャンティン様に、結婚を申し込んでみました(笑)。
・・・しかし、予約用VCD入りパッケージに入っていたポスターに、筆者の本名を入れてくれて(これだけでも本当は感激!なのですが)、シャンティン様のサインを書いていただき、終わってしまいました(笑)。
(シャンティン様となら、本当に結婚したい...→自分でもかなり壊れているのがわかりました)

更に、筆者も彼女のアップで写真を撮れるだけ撮りまくり、更に2ショット撮影も成功!。
幸せな、台北の午後のひとときでありました(^^)。

さて、普通であれば、ここまでで終わりなのですが、今回は最後までシャンティン様を追いかける事に!!。

イベントが終わった後、彼女の後を追っかけ、車が迎えに来るまで待っている所を利用して、間近での撮影だけでなく、2回目の2ショット撮影にも成功。
それも、立った状態で撮ったので、筆者とシャンティン様(両人とも身長170cm)が、仲睦まじく並んでいたりします。
K氏の方は、シャンティン様に「今日は台湾に遊びに来たんですか?」とか聞かれたとか。
筆者は「東京の近くに住んで居るんですよ...」と言ったら、彼女曰く「東京は遊びに行った事がありますよぉ」との事。
これで、怪しい日本人ファン2人を完全に認識してくれた様子でした。
・・・後で気が付いたのですが、この時に「2年前からファンなんです!」と言えば良かったなぁ...と。


ツーショットで撮影
筆者とツーショットで撮影!(身長170cm)

さて、近くにいたファンの子達に聞いた所、6月16日に新光三越前で再びイベントがあるということで、こちらも気合いを入れてK氏と一緒に行ってこようかと思っております。

更に気合いを入れて、数時間前から会場に並んで、看板作って、ファンレター書いて、バラの花束でも持っていこうかな・・・と考えている所です。
過去3ヶ月のイベントの中で、最も気合いの入ったサイン会となったのでありました。

以上、侯湘[女亭]のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止