侯湘[女亭](Angel)・「17.18.19...侯湘[女亭]」
簽唱會レポート('02.6.16,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 侯湘[女亭] 簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■筆者、かなり気合いが入っています!(壊れ気味?)

6月1日に西門町で行われた「予約用パッケージ・サイン会」で、筆者がかなりはしゃいでいた(壊れていた?)のですが、今回も更に気合いが入ってしまいました(笑)。

イベント開始は午後2時30分だったのですが、午後1時から並んでいました。
その時点で2,30人程度と少なかったので、ステージ正面の3列目位の所に並ぶことに成功!。
これで、シャンティンさんが気が付いてくれればいいなぁ〜と...(すでに最初から壊れています)。
いつもの事ですが平均年齢はかなり低く、下は幼稚園の女の子から、中心は高校生ぐらいです(^^;。

午後2時の時点で、サインを貰う人の数が数十名と少なく、熱狂的な日本人ファンの筆者達(前回のサイン会でステージの上に上がった"伝説の日本人・K氏"と一緒)としては納得がいかず。「もしかしてマイナー???」なのかなぁ...と。

実はK氏が事前に台湾人女子大学生に行った、面接方式によるアンケートによると、「普通の子。そんなに特別?っていう訳でもないような...」という反応が多かったようです。

確かに台北の街中や某大学内を歩いているだけでも、かなりの美人や可愛いお姉さんに会うのは日常茶飯事です。
それを考えるとシャンティンさんは、"普通"かもしれません。

そこで、筆者達が出した答えは、

シャンティンさんは、"日本人好みの女性歌手"ではないか?

という結論に達しました。
商業主義に走り過ぎ気味(?)の、癒し系アイドルの少ない日本の音楽業界を考えると、非常に新鮮、かつ自然で親しみやすい、清楚なイメージを持つ彼女を応援したくなるわけで...。

筆者がシャンティンさんを好きな理由は、そんな自分が求めていた音楽="ほのぼのとした台湾の雰囲気"があり、"爽やかな笑顔とホッとする歌声"が大好きだからなのかもしれません(*^^*)。


会場のステージ
会場のステージ

■定刻より5分早く開始!

午後2時25分頃、定刻より5分早く、シャンティンさんが到着しました!。
お決まりのプレス向け撮影なんですが、最終的に会場に集まったのが100人前後という事で、前の方にいた筆者達は新聞やテレビに写る可能性がありそうです(笑)。
この時、ファンをバックに撮るため、シャンティンさんの後ろ姿を眺める事ができるのですが、本当に背が高いんですよ!。
ちなみにデビューアルバムに書いてあるプロフィールを見ると、身長が169cmになっていたのですが、最近ある新聞で確認した所172cmになっていました(笑)。ということは、まだ成長が止まっていないっていう事なんですよね...。

今日の1曲目は新曲「I'll Marry You」。シャンティンさんのキャラクターそのままという感じの可愛らしい曲で、ジューンブライドのシーズンには、実にピッタリの曲です(^^)。

会場に向かって手を振る事が何度かあったのですが、怪しい日本人ファン2人にも気が付いたようです(やっぱりファンの思いこみなんでしょうか?)。


司会者と会話中のシャンティン
司会者と会話中のシャンティン
「I'll Marry You」を歌うシャンティン
「I'll Marry You」を歌うシャンティン

さて、今回も「ファン参加型・ステージパフォーマンス」が行われました。
参加資格を得るためには「I'll Marry You」にちなんで、シャンティンさんが投げるブーケを受け取る必要があります。
筆者の近くにも飛んで来たのですが、ファン同士の奪い合いになり、ちょっと恐いものがあります。

さて、ブーケを受け取ったファンがステージの上に上がり、次は大声コンテストが始まりました(笑)。
「I'll Marry You」の歌詞の最後に出てくる部分を、誰が一番大きい声で言えるか?というものでして...。
ちゃんと、デジタル式の騒音測定器が用意されて、1人ずつ測定していました。
なお、ステージに上がったファンは、インスタントカメラでシャンティンさんと一緒に写真を撮って貰えます。確かにうらやましい...(でも、この前一緒に写真を撮ったからヨシとしましょう)。

ファン参加型のゲームが終わった後、新曲「昨天今天明天」をデュエットしている、呉克群が登場しました。
ただ歌を歌うだけなら、筆者も落ち着いていられるのですが、「なんで一緒に手をつないで歌うんだ!」と筆者自身、かなり切れてました(^^;。久しぶりに「後ろからケリ!」という衝動にかられました(やっぱり壊れていました)。

■ステージに上がる手前で少し緊張する筆者!(なぜ?)

そんな事がありながらも、サイン会本番へと移ったのであります。
前回のサイン会もそうだったのですが、時間に余裕があれば、最後の方の人ほど丁寧に応対してくれる...という事から「サインは最初よりも最後に貰った方が得」ということで、一番最後の方に貰うことにしました。

ちなみにファンクラブの人達(前回も居た常連さんらしき人)も、やはり考えることが一緒で、最後の方に並んでいました。
日本人チームは、その人達も先に行って貰い、更にたまたま会場の近くを通りかかって、サインをしてもらおうと思ってCDを買ったような人達も先に行かせて、本当の最後の最後に並ぶことに成功しました!(ここまで来ると、地元ファン以上に気合いが入っているというか)。

筆者、ステージに上がる階段の直前で、珍しくちょっと緊張しておりました(笑)。
理由については...最後までこのページを読めばわかると思います。


K氏がサインしている所を撮影
サイン中のシャンティン
正面から撮影
本当にサービス精神旺盛なサイン会です!
これは一体?
↑これは一体?
シャンティンと握手
シャンティンと握手,笑顔が可愛いです

サインですが、本来ならCDだけのようですが、筆者はポスターにもサインを頂きました(^^)。 ちなみにK氏は、前回のサイン会の時に一緒に撮った写真にもサインしてもらえました!(^^)。

時間に余裕があるからなのでしょうか?、前の人がサインをしている時も撮影可能ですし、自分の分のサインをもらう時に、真っ正面に行ってシャンティンさんにお願いすると、正面を向いてくれて写真を撮らせてくれたりします(^^)。

下の画像をご覧になるとわかるのですが、あのナチュラルなスマイルで、握手までしてもらいました(^^)。
どうやら怪しい日本人2人の事を覚えてくれているようで、かなり喜んでもらえたようです(思いこみが最近激しいような...)。


すべてのサインが終わって車を待っている所
アップで更に1枚

シャンティンさんの熱狂的なファン(?)でよかったなぁ...とつくづく思ってしまったのであります(^^)。
この調子でいくと、来年のアルバムのリリースまで本気で台湾に居ようかなと考えている自分が恐いのですが(笑)。 非常にサービス精神旺盛なサイン会でした!。

以上、侯湘[女亭]のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止