侯湘[女亭](Angel)・ドラマ「月光森林・第2部」
エキストラ参加レポート('02.7.5,三重市/某國民中學にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■たまたまシャンティン後援会のWebページを見ていたら...

毎朝、学校に朝早く行って授業が始まる前に、パソコンルームに行ってメールをチェックしたり、毎週末のイベント情報をWebでチェックしています。

今日はたまたま、シャンティンのファンクラブのWebページ「湘[女亭]後援会」( http://www.hst-club.idv.tw/ )を見ていたところ、

「シャンティンの(ドラマ)エキストラ30人募集、場所は台北縣某國中、収録は午後4時から8時まで、午後3時にVirgin(EMI)前に集合」

というお知らせが書いてありました!。

今日はたまたま授業がなく、ネットサーフィンをしてから真面目に勉強しようとしていた矢先、こんな情報を入手してしまったからには、落ち着いてはいられません(笑)。午前9時30分。早速Webに書いてあった連絡先に電話する事に。

ただ、中国語で電話...というのは少し抵抗があったので、まずは携帯のメールで連絡(「日本人のファンなのですが、参加しても大丈夫ですか?」)してみて、返事が返って来なかったら電話をする事にしました。

午前10時30分までに連絡がなかったら電話をしようと思ったのですが、10時25分にメールが到着!。
それから部屋にもどって、デジタルカメラのバッテリーの充電を始め、6月1日のサイン会の時にシャンティンさんと一緒に撮った写真を持っていく事にしました。

午後2時50分頃。集合場所であるVirgin(EMI台湾)の入っている、民生東路3段128號(EMIは14階に入居)のビルの前へ到着。
今度は中国語で電話を掛けました。やっぱり緊張しますね・・・。
ファンクラブの会長のTonyさんとコンタクトを取った後、彼の到着をビル1階のエレベーターホールで待っていました。

その時、たまたま小美(チャン・メイチー)がギターを持って通り過ぎました。
小美を見るのは今回で2回目ですが、本当に小さい人ですね・・・。
偶然に彼女を見ることができ、日本人C-POPerとして本場に居ることが一番幸せ!とシミジミ思ったのであります(笑)。

イベントに参加するらしき人は約15人位。筆者はファンの人達と会話をする機会がありました。
特に印象に残っているのは、「なぜ中国語の勉強を始めたのか?」と聞かれたとき。
もちろん「侯湘[女亭]!」。我ながら傑作だと(笑)。


筆者とのツーショット
筆者とのツーショット
シャンティン全身写真
本当に身長が高いです!(172cm)

その後、Virginの担当者がビルの前に出てきて、会場となる場所をファンに伝えました。
場所は台北市の隣にある三重市の國民中学校。1台のタクシーに4人が乗って(料金はVirgin持ち)会場に。
民生東路のビルから約15分位で到着。とても大きな中学校で、学校の隣には音響設備(クラッシック音楽鑑賞系?)の整った、結構大きなホールに入りました。

午後4時過ぎ。ホールに入ってまもなく、シャンティンが挨拶に来ました!。
シャンティンはいつもとかわらず、自然体で、いつも笑顔。ちょっと「ほや〜んとした感じ」がして、本当に癒し系だなぁと(^^)。
筆者はファンクラブの会長の隣に座っていたので、会長が「彼、日本人だよ」とシャンティンに言いました。すると彼女曰く...

「知ってるよ(^^)。よくサイン会に来ているし。」

ちゃ〜んと覚えてくれていました!!。

さらにシャンティンは「どこの大学に通っているの?」と聞かれ、学生証を提示(笑)。
これで名前を覚えてくれるといいんだけどなぁ・・・。

日本人のシャンティン・ファンと言えば、忘れては行けないのが、"伝説のK氏"。
本日は一緒に居なかったので、シャンティンからも「今日は友達は一緒じゃないの?」と聞かれました。
ちなみに、他のファンの人にも"K氏は来ないのか?"聞かれました(彼は知らない間に有名人になりつつあります)。

今回の撮影は、「月光森林・第2部」(第1部は過去に放送済み)というドラマ(放送時期は未定)で、今回のシュチュエーションは、シャンティンがピアノのコンクールに出るお話で、男友達2人がホールに来て演奏を見るという内容でした。

エキストラが参加する収録内容は、

  1. シャンティンの前の人の演奏部分
  2. シャンティンが前の人の演奏を見るシーン(少し緊張した感じ)
  3. シャンティンが前の人の演奏終了後の会場の拍手
  4. 男友達(A)が観客席からシャンティンの演奏を見るシーン
  5. 男友達(B)がホールの後ろのドアからシャンティンの演奏を見るシーン

が主な収録内容です。
一番長かったのが、1.のシーンです。この時、エキストラはホール左側に着席。
この時の休憩の際に、シャンティンとエキストラのファンを交えての撮影(新聞?または雑誌?の取材)もありました。
筆者は結構前の方に居たので、バッチリ写っていると思われます。

2.のシーンは、エキストラがホールの右側に移動。
この時、撮影しているカメラのモニターを見ることができましたが、監督の女性が結構細かいところまでチェックしていて、シャンティンの洋服の乱れを逃さない位、チェックが入っていました。
それでも、リハーサル1回、本番1,2回でOKが出ていました。

3.のシーン以降は、ホール後方にエキストラは移動。
約30人のエキストラの位置をいろいろと変えて、会場内に人が多く居るようにみせるのか・・・と関心してしまいました。
確かに別の女性歌手のMusic Videoにファンクラブの子がエキストラで出ていたという話は聞いたのですが、こうやって撮影するとは・・・。

撮影は順調に進み、終了は午後8時ぐらいまでという話だったのですが、午後6時30分前に終了しました。
終了後、またシャンティン登場(^^)。ファンと一緒に写真を撮る時間もありましたよ(^^)。

筆者も1枚は他のファンの人と一緒に、もう1枚はシャンティンとツーショットで撮りました(^^)。
これで日本でC-POPSのCDショップをオープンしたとき(本気か?)に、お店にディスプレイする写真が増えました。

写真を撮った後、6月1日のサイン会の時に一緒に撮った写真を本人に直接渡すことに成功。
この写真をファンクラブの人に見せた所、後ろにシャンティンのパパが一緒に写っています(笑)。
シャンティンも気が付いていて「あ、パパだ」と言っていました(笑)。


シャンティン・アップ
他のファンとの撮影
シャンティンのパパ
シャンティンのパパ
(確かに少し似ています)

撮影が終了後、民生東路のある会社前までタクシーで戻り、解散。
帰りのタクシーの中でも、シャンティン・ファン話が盛り上がりました(^^)。
今日は本当にいい体験をする事ができました。

ちなみに筆者は、今日シャンティンと一緒に撮ったデジカメデータを、帰りにプリントに出してきました。
というのも、明日と明後日も、シャンティンのサイン会に行くので、その時に写真を渡そうかと(笑)。
このまま行くと、「シャンティン後援会@Japan」を作るハメになりそうで恐そうなのですが...。

以上、侯湘[女亭]のドラマ「月光森林・第2部」エキストラ参加レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止