Baby V.O.X(韓国の女性グループ)
簽名會レポート('02.5.31,西門町/RoseRecordsにて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > Baby V.O.X簽名會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■せっかく台湾に留学したからには"K-POPS"のイベントにも(笑)

↑今回は話がめちゃくちゃです(笑)。
しかし、一部のアジア音楽マニアの方ならわかると思うのですが、「サイン会と言えば台湾」、「無料のコンサートと言えば台湾」という、音楽好きにとってはたまらない国=台湾だったりするわけです。

というのも、台湾では数年前からの日本ブーム。そして、ここ1・2年の間に台湾では韓国ブームが起こりはじめており(サッカーのワールドカップの影響もあると思われます)、台湾・香港、洋楽、J-POPのCDだけでなく、韓国のCDまでもが簡単に入手できる市場が出来つつあります。

例えば、台湾のケーブルテレビの音楽専門チャンネルでも、K-POPSのMusic Videoを見ることができ、韓国POPSの番組も週に何本か放送されています。

最近は、韓国のテレビドラマも人気があり、特にKBSが製作した「冬季戀歌」は深夜の時間帯にもかかわらず、サウンドトラックやVCDが売れるほどの人気です。

また、5月11日には、韓国でも人気のあるセクシー系・女性シンガーの朴志胤のコンサートがあり(南港101)、CDを買うと(NT$330前後)チケットが付いてくるという、日本のK-POPSファンにとっても涙が出るような、台湾式の集客方法で行われました。

ということで、K-POPSファンにとっても台湾という市場は非常に穴場かもしれません。

■5月30日、某国立大学の韓国語学科のイベントに...Baby V.O.Xが来た!

5月31日(土)の朝。週末のイベント情報を確認するために、図書館に新聞「影劇報」を読みに行きました。
その記事の中で、「国立大学の韓国語学科のイベントに...Baby V.O.Xが来た!」という記事を見つけました。
ちなみに、この「国立大学」というのは、筆者の留学している大学です(^ ^;。
確かに、学校内の掲示板を見て、韓国語学科が中心となって「韓国週」というイベントをやることは知っていて、「Baby V.O.Xがどうのこうの」というチラシをみたのですが、まさか来るとは(^^;(しかし、当日はReneのサイン会があったので微妙だったのですが)。
その記事を見て、あまりにも悔しいので(笑)同じ新聞に出ていたBaby V.O.Xのサイン会に行くことにしたのです。

■Baby V.O.X,韓国帰国前の100人限定サイン会、参加成功!

というわけで、初めて韓国の歌手のイベントに参加してきました。

午後1時からの開始で、今回のサイン会は台湾国内でも唯一のサイン会イベント、それも100人限定、1人1枚まで。
そのため、整理券が配られたのですが、帰国直前(イベント終了後、空港に直行)ということで、時間の許す限りサインをしてもらえるということで、筆者もその列に並びました。

彼女たちが到着したのが、午後1時15分頃。実際にサイン会が始まった(列が動き始めた)のが、午後1時30分頃。
整理券を持った人が優先的に入り、筆者は整理券が無い列の最初の方に並んでいたので、問題なく開場に入る事ができました(^^)。

ちなみに、Baby V.O.Xですが、筆者も日本に居る当時から「CHannel[V]」で、彼女たちのMusic Videoも時々見ていましたし(しかし、メンバー全員の名前は不明)、一時期スカパー!の「m-net」(韓国音楽専門チャンネル)も契約していたので、全く知らないという訳ではありませんでした。
当日、お店の中で流れていたCDの曲も、「聞いたことある!」という感じでした(しかし、タイトルは不明)。

最近、台湾で発売されたと思われる「Special Alubam」は、CD3枚、VCD1枚、Photoが1ケース、合計5つのパッケージに入っていて、NT$328(Rose Record/約\1,237/NT$1=\3.77)でした。
各パッケージには、彼女たち一人ひとりの写真が印刷されています(全員での写真は紙のCD収納ケースにあり)。

実際にサイン会の会場に入ったのが、午後1時50分頃。
ショップのほぼ中央に、ちゃんとBaby V.O.Xの5人が居るではありませんか!。
サインは、自分の写真が入ったパッケージに一人ひとりがサインをするということで、一気に5人のサインが入手できてしまい、非常に得をした気分になりました。


サイン入りCD
メンバー5人のサイン入りCD

いつもの事なのですが、彼女たちの気を引くために、「I'm Japanese」(最近すっかり忘れていたセリフです。最近は「我是日本人」ですから)のセリフを出しました。彼女の中にも「ありがとう」と言ってくれた方もおりました。しかし、私はなぜか「謝謝」になっていたりして(^^;。

実際に間近で彼女たちを見た感想ですが、日本人とも台湾の女性歌手とも違う「キレイだけど可愛い」、「陽気な雰囲気」が漂う方々だという印象を受けました。
なお、会場の撮影は禁止だったため、彼女たちの表情を撮影する事ができませんでした。

以上、韓国の女性グループBaby V.O.Xのサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止