陳綺貞・簽唱會レポート
('02.9.14,西門町/ワトソンズ前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 陳綺貞・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■シャンティン・ファンにとっても欠かせない、女性シンガーソングライター。

台湾を代表する、若手女性シンガーソングライターの陳綺貞。
過去に発売されたアルバムやMusic Videoを見ていた頃から、"非常に才能のある人"という印象があり、一度見てみたい!という事で簽唱會に行ってきました。

サブタイトルの通り、「日本一の侯湘[女亭]ファン」を自称する筆者にとっても、彼女のアルバムに楽曲を提供する"陳綺貞"は欠かせない存在ではないかと思います。

特にお気に入りなのが、シャンティンの3rdアルバム「愛之旅」の「一起去巴黎」の歌詞。
また、陳綺貞のニューアルバム「吉他手 groupies」の中にも、シャンティンの2ndアルバムに提供した「黒眼圏」のセルフカバーが収録されています。

今回のサイン会は日本から、許茹芸(バレン・シュー/Valen)の応援サイトValen's Gardenのしゅうさんと、某Webサイトの管理人と筆者の3人で、本番の30分前に行われていたリハーサルから会場に待機しておりました。

音響機器の調整のためのリハーサルには、陳綺貞がギターを持って登場。

第一印象は、本当にどこでも居そうな台湾女性という位ナチュラル(良く考えたら言語交換をしている女性に少し似ているような...)で、小さくて細い人だな・・・と。
それでいて、実際にギター片手に歌を歌い出すと、ふわぁ〜っとした歌声が非常に心地よい...というか。

普段のサイン会というと中高生が多いのですが、ファン層は若干高めのようで、大学生位が中心なような感じです。
特に印象的なのは、ギターを会場に持ってきていた人も何人か見受けられました。
音楽を聞くだけでなく、自分で演奏や作詞・作曲する「音楽好き」な人にとっても人気があるんだなぁ、と感じました。


会場ステージ
会場ステージ
陳綺貞
陳綺貞
司会の趙之璧(BiBi)
司会の趙之璧(BiBi)
ギターが本当に似合っています!
ギターが本当に似合っていますよね...

ちなみに今回のサイン会の司会は、シンガーソングライターの趙之璧(BiBi)でした。
某Webサイトの管理人さんも言っていたのですが、司会者の名前を説明しないと誰だかわからない程、普通のお姉さんです。
実は筆者も以前、西門町でとあるイベントが行われるステージで、リハーサルのためギターを弾いている女性が居たのですが「もしかしてBiBi?」と思いつつも通り過ぎた経験があります(その時はデジカメで写真を撮るのを忘れていた位で...)。

今回はステージで数曲歌ったのですが、筆者もお気に入りの「還是會寂寞」ギター弾き語りは、本当に感動しました!
2ndアルバム発売当時、頻繁にMusic Videoを見ていたので、そのシーンが自然と浮かんできて、本当に良い曲だなぁ...と。
暑い台北の午後でありながら、非常に爽やかな雰囲気に包まれたような気がしました。

サイン会開始前はそれほど人が多くないという感じでしたが、実際に始まってみると、かなりの人数になっておりました。
サインを求める人の列も、午後3時頃からサインが開始され、午後4時過ぎの段階で100〜200人程度待っている様な感じでした。

以上、陳綺貞のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止