蕭亜軒(エルバ・シャオ/elva)
簽唱會レポート('02.8.18,西門町/新聲大楼前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 蕭亜軒・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■"アルバム予約サイン会"というものの...今回は大盤振る舞い!

自分にとってelvaの存在は少し特別です。
というのも、1999年11月に発売されたファーストアルバム「elva」発売同時、某衛星放送チャンネルで流れた「没有人」のMusic Videoを見てC-POPSにハマってしまう原因を作った張本人という位置づけです。
あのMusic Videoを初めて見たときの衝撃は、今でも忘れられません!。

サイン会の約1週間前から、新聞の芸能欄や音楽専門チャンネルではサイン会・告知CMが流れておりました。
新聞には「elvaは香港で行われるコンサートの準備のため、サイン会のために特別に台湾に戻ってくる」という事を聞き、この機会を逃さないよう気合いを入れて参加してきました!。

筆者は以前、3月9日に西門町RoseRecordで行われたelvaのサイン会に参加。
この時の印象は「ぽっちゃり系の可愛いお姉さん」だったのですが、最近流れはじめたMusic Videoを見たところ、顔がかなり痩せて、スッキリした雰囲気になっておりました。
elvaが生で歌っている所を見るのは今回が初めてとなることもあり、久しぶりに気合いの気合いの入ったイベントとなりました。

さて、今回のサイン会は"アルバム予約サイン会"となっていたので、西門町の某CD Shopで予約する事に。
予約カードをカウンターで貰い記入して店員に渡した所、「今はお金は必要ないです」と言われてしまいまして...。
この予約カードを見ると「30元割引!」と書いているだけなんです(笑)。
最近流行っている、"予約用パッケージ"(約NT$100)も販売されておりませんでした。

実はこの予約カードの予約者氏名・連絡先記入欄の裏側がシールになっていて、お店に設置されている"予約者用メッセージボード"にelva宛にメッセージを記入できる仕組みになっておりました。

ということは、このカードを持って会場に行けば、何かもらえる!と思い、イベントが始まる約1時間前から会場で待機する事にしました。


会場のステージ
会場のステージ
蕭亜軒(elva)
蕭亜軒(elva)
ノリノリのダンスナンバーを熱唱中
ノリノリのダンスナンバーを熱唱中
サイン中のelva
サイン中のelva

会場ではすでにファンが並んでおり、前に並んでいる人からポスターが配られ始めました。
その後、「I Love elva」や「elva加油!」などのプラカード。そして、CD Shopで貰った「予約カード」と同じ物が配られておりました。

ということは、この場所に並んで、予約カードとポスターをゲットすることだけで、今回のサイン会に参加できる!という大盤振る舞いのイベントとなりました(^^)。

司会の方が「今回は特別!」という事を強調。更に「だからといって、海賊版を買わない様に!」という事と言っておりました。
elvaを見るために、わざわざ暑い中並んでいるファンは、絶対海賊版は買わないだろう・・・といった所なのでしょうか?。

会場の新聲大楼前広場にはテレビ局の中継車が3台。
更に新聲大楼の広告には赤いカバーに覆われており、ステージの横にはクレーン車が1台横付けされ、"大型広告の除幕式"を行うセッティングになっておりました。
今回は自分だけでなく、プロモーションも気合いが入っている感じがしました!。

サイン会が始まるまでの間、新しいCDの音源が流れていたのですが、いつも通りのハッキリ&メリハリのある声と説得力のある歌唱力がプラスされていて「これだからelvaはいいんだよなぁ〜」という印象を受けました。
ノリノリのダンスナンバーを聞いているだけでも「これなら絶対に売れる!」という感じです。
個人的には前回のアルバム「4U」が中途半端な感じがしたので、今回は非常に期待できそうな感じで、ファンとしてはホッとしたという感じです。

■スリムで小さいelvaの登場!

午後2時20分頃、elvaが登場しました!。
久しぶりに見るelva、「4U」の時と違い、スリムになって本当に小さい!という感じです。
ノリノリのダンスナンバーを披露したのですが、elvaのダンスというのは、小回りが利いているというか、程良いスピード感でよく動いている所が気に入っております(^^)。
ファン歴3年の筆者、目の前で"動いているelva"を見て感激してしまいました(笑)。

曲の後、予想通りの"気合いの入ったイベント"が始まりました。
それは「elva自身がクレーンに乗って、新聲大楼の広告には赤いカバーの除幕を行い、広告にサインをする!」という企画です!。

elvaがクレーンに乗って移動している最中、司会の方が「恐くないですか?」という問いに対してelvaは「楽しいよ〜。恐くないよ〜。」と言っておりました。
更にクレーンのバケットから足を少し出して遊んでいました(笑)。もしかして高い所が好き?。ということは....(以下自粛←ほんの冗談です)。

赤い垂れ幕の序幕の後、本当にサインをしておりました!。見ている方が少し恐い感じがする位の所です。
その後、報道関係者向けにポーズを取ったり、ファンサービスのためかクレーンが若干低い位置に移動して、しばらくの間elvaは宙を舞っておりました(笑)。


クレーンにのってサインをしている所
クレーンにのってサインをしている所
報道関係者にポーズをしている所
報道関係者にポーズをしている所
新聲大楼の巨大広告
新聲大楼の巨大広告
街頭広告サイン(拡大写真)
街頭広告サイン(拡大写真)

さて、下に降りてきてからはelvaの誕生日が8月24日ということで、サイン会恒例のケーキの贈呈が行われました!。
面白い事に"Virgin台湾・3人娘"のシャンティン(8月27日)・小美(8月14日)と誕生日が近いですね・・・。
また、小さい男の子がelvaにケーキを渡すシーンや、ファンからの大量のバースデーカード贈呈もありました(^^)。

サイン会が始まりまして、ステージ上を観察していると、シャンティン&小美のサイン会とコンサートに居た女の子のファンの姿を発見!。 自分たち以外にも"Virgin台湾・3人娘"の熱狂的なファンがいるんだなぁ・・・と。

サイン会の人出ですが、elvaの知名度の割には少ない印象を受けました。
筆者達は例によって最後の方に並んだのですが、サインが始まって1時間位。
予約カードの"elvaへのメッセージシール"を"メッセージボード"に貼って、ステージに上がりました。

今回は、elvaにお目に掛かるのが、あまりにも久しぶりだったので筆者は「好久不見!(お久しぶりです)」と言った所、elvaも「好久不見!」という会話を交わしました(覚えているかどうか?は別です)。
更に握手までしていただけました(^^)。

間近で見た印象は、以前のサイン会の時もそうだったのですが、Music Videoやステージで歌を唄って居るときは"スゴイ人だな"と思うのですが、実際は"自然な感じ"で、"可愛らしい"雰囲気がする女性なんですね...

仕事をしている時とファンと交流しているときの雰囲気が全然違って、これが"elvaらしさ"なのかな・・・と思いました。
他のファンとのやり取りを見ていましたが、結構いろいろと話している様子を受けました。

ちなみに今回のアルバムは、8月30日に発売されます。
「4U」で厳しい評価をされた方で、今回はどうしようかな・・・と思った人も、是非ともお買いあげ頂ければ幸いです。

以上、蕭亜軒のサイン会レポートでした。


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止