F.I.R. 「飛行部落」予購簽唱會レポート
('06.7.23,西門町/紅樓廣場にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > F.I.R.「飛行部落」予購簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■生で聞いてみたかった「F.I.R.」を見てきました!

2006年7月23日(日)、時計は14:00を指している。

台湾では梅雨が明け、まさに「真夏」。
おそらく気温は40度はありそうという炎天下の中、2004年にデビューし「中華ポップスらしくない斬新な曲作り」で一気にブレイクした、男性2人、女性ボーカル1人のユニット「F.I.R.」の3rdアルバム「飛行部落」予購簽唱會に参加してきました。

ファーストアルバムが発売された当時、ネットラジオなどでF.I.R.の曲を聞いて「これはスゴイ!」と、低迷気味の中華圏の音楽業界に久しぶりに新しい波を起こしそうな予感がしたのを、いまでも覚えています。

個人的に思い入れの深い理由として、転職活動をしていた当時、面接に行く前に「[イ尓]的微笑」を聞いて景気づけしていたくらいです。

そういった事もあって、以前から「一度は生で曲を聞いてみたい」と思っていたところ、今回のイベントに参加することができました。

アルバムの発売は7月28日でしたが、既に予約特典パッケージ(試聴用CD付)も販売され、7-11でも予約受付が開始されていたこともあり、今回は、アルバム正式リリース前の「予購簽唱會」となりました。

会場には13:45頃に到着していましたが、この暑い中にもかかわらず、紅樓廣場の3分の2程度が埋まっている感じでした。

メンバーは、女性ボーカルのFAYE、プロデューサー兼キーボードのLAN、ギターのREALの3人
メンバー全員が登場したときには非常に感激しました。

まず最初は、アルバムの主的歌である「飛行部落」を歌いました。
既にアルバムのTV CMやMusic Videoだけでなく、昨年会社が発足したばかりの、台湾の第3世代専業・携帯通信会社「威寶電信」のCMでは、F.I.R.自ら出演し、使われているCMソングということもあり、何度も耳にしていただけあって、実際に生で聞くと、F.I.R.の「勢い」というのを目の当たりにしました。


F.I.R.「飛行部落」予購簽唱會のイベントのステージ
F.I.R.「飛行部落」予購簽唱會のイベントのステージ
F.I.R.(右からLAN、FAYE、REAL)
F.I.R.(右からLAN、FAYE、REAL)

■初めての「振り付け」付きの曲「GET HIGH」

今回のイベントではアルバムの中から、「飛行部落」「How Do I Live」「雨櫻花」、そして、ボーカルのFAYEが初めて”振り付き”の曲に挑戦した「GET HIGH」の4曲を披露しました。

「GET HIGH」はバックダンサーとDJも入る曲で、このイベントに参加して初めて聞いたのですが、あまりのノリの良さに、一度で耳に入ってしまう曲です。
サビの部分の振り付けがポイントになっています。会場のファンの一部も、FAYEに合わせて踊っておりました。



F.I.R.「飛行部落」

「飛行部落」を歌い終わった後の挨拶

FAYEが初めて”振り付け”に挑戦した「GET HIGH」

久しぶりに、今の台湾の音楽シーンをリードする大物グループを見ることができ、非常に有意義な時間を過ごせた事と、3rdアルバムも大ヒットになること間違いなしだと感じました。筆者としても、この夏、お薦めの1枚です!。
やはり生で聞いも良い曲は、CDでもいいですよね(^^)

以上、F.I.R.「飛行部落」予購簽唱會レポートでした。


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止