梁静茹「第1場個人大型演唱會」
レポート('02.3.16,台大體育館にて)

うたろうほーむぺーじ > チャイニーズポップス(C-POP) ざんまい! > 梁静茹「第1場個人大型演唱會」レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾で見る初めての大型コンサート

梁静茹(Fish Leong)の「第1場個人大型演唱會」のチケットは、アルバム「Sunrise」の初回限定版に付属しており、会場が満席になるまで入場可能という仕組みになっていました。
ある情報筋によると、入場券を持った人の入場が終わった頃に、チケットの付属していない「Sunrise」のCDを持っていき、スタッフに交渉したところ入場できた・・・という証言もあります。
ちなみに私は、この演唱會に行きたいために、初回限定版CDを探して購入しました(2/24のサイン会で購入したCDは限定版ではなかったので)。

コンサートの開場は19:00(チケットには19:00に開場なのか、開始なのかは書いていなかったのですが)ということで、2時間前の17:00から並びました。
開場は19:00。私たちの並んだ列は2階席への入り口で、席は正面に向かって左側で、ステージ中央が丁度良い具合に見渡せる場所に座ることができました。

会場となった台大體育館は新しい建物で、私が見た所、1階のパイプ椅子席と2階の席を合わせて、3,000名以上のキャパシティーはありそうです。
ステージの左・右にかなり大きいプロジェクターのスクリーンが設置され、ステージの上側には大型の壁掛式のようなモニターが設置、カメラも相当数設置されておりました。
コンサートの開始前、2階席に報道関係のカメラが集まった席があったのですが、そこには、梁静茹の代表曲「勇気」を作った、元・無印良品の光良の姿が見られました。


初回限定版CD付属の演唱會チケット
初回限定版CD付属の演唱會チケット

コンサートは19:30から始まりました。
梁静茹は、ステージの下から上がってきました。最初は「Sunrise」。
今回のアルバムからは、「我喜歡」「有在[イ尓]」「我和自己的約會」「幸福的預感」などを、アルバム「勇気」・「閃亮的星」からは、「最想環遊的世界」「無條件為」、私の大好きな「愛[イ尓]不是雨三天」「閃亮的星」を聞いたときは、台湾に留学してよかったと思いました(^^)。
2,3曲、英語の曲も披露しました(タイトルがわからないのですが)が、Fishらしさが出ていて良かったです...。

さて、台湾に来る前からCS放送やVCDで様々なコンサートを見ていたのですが、大きなコンサートになると必ず、ゲストが登場するのは知っていたので、始まる前から期待していた所、予想通り「分手快楽(合唱版)」の3人が登場しました!。

私自身、TVBS-Gの「娯楽新聞」が大好きなので、黄嘉千を生で見られただけでも(声もキレイです)感激です。
合唱版を歌い終わった後のMCでは、「娯楽新聞」の軽快なトークそのままに、黄嘉千が仕切るシーンも見られまして面白かったですよ(^^)。

今回のコンサートで一番印象的、というより"もらい泣き"してしまったのが、マレーシアの曲(だと思うのですが)を静茹が歌っているときに泣いてしまって、当分歌えなかった事、その後の数曲もティッシュ片手に歌う姿でした。

どうやら会場に、マレーシアから家族の方が見えていた事もあって、そんな感じになったんだろうなぁ・・・と思いました(この辺は非常に演出が上手と思いました)。
更に「演出が上手い」と思ったのは、ちゃんとその後にアップテンポな曲が入っていたので、これは仕組まれたのでは?という印象を受けました。

アンコールは「勇気」から始まりました。彼女の代表曲だけあって、会場は合唱状態。最後は「如果有一天」。
最後には、ゲストで登場した2人(黄嘉千は見られませんでした)と、光良、品冠が花束を持って登場して終わりました。 選曲も非常にバランスもよく、私のお気に入りの曲ばかりで、本当に良いコンサートでした。

さて、アンコールが終わってから、会場の一部が「これで終わり」と思い2階席を中心に出口に動きはじめていた所、1階のファンが再度アンコールをはじめたのです。
数分経過した頃、Fishが出てきました!。しかし、本当に曲を用意していないらしく、会場の一部からは「光良」コールが飛び出したり(笑)。
そんな状況の中、Fishは「小小的愛情」をアカペラでちょっと歌った後、「お家へ帰りましょうね」などと言って観客を帰らせる作戦に出ていたのですが、それでも帰らないファン(笑)。
最終的には、光良が出てきまして、2人で1番程度の曲をデュエット(もちろんアカペラです)して、本当に終了・・・という感じでした(22:00頃)。

コンサートが終わった後に、心地よい余韻が残り、最初から最後まで「幸せな気分」に包まれ、心の中が「癒される」コンサートは初めてでした。何度か私も涙ぐんでしまった位です。

サイン会のレポートにも書きましたが、1曲1曲を「楽しそう」にというか「気持ち良く」、感情を込めて歌っているけれど、その度合いが程良く、歌のストーリーを描く力があるというか、不思議な魅力のある人だと思いました。

今まで彼女のMusic Videoを見て、自然かつ気持ちよく耳に残る歌声を聞く度、結局CDを買ってしまっていただけに、生で歌声を聞いてより一層、その魅力に惹かれたコンサートとなりました。

以上、梁静茹「第1場個人大型演唱會」レポートでした。




[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止