周杰倫(Jay) 簽唱會レポート
('02.8.24,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 周杰倫(Jay) 簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾で最も人気のある男性歌手!

普段は男性歌手に興味のない筆者でありますが、台湾で最も人気のある男性シンガーソングライター、周杰倫(Jay)のサイン会レポートをお届けします。

Jayは台湾を始め、中国語圏での注目度が高いのはもちろんのこと5月26日のYanzi「Leave」貼心會から様々なサイン会に一緒に行っている"伝説のK氏"(詳細はこちら)が8月末に帰国。

更に9月の新学期から台湾で中国語の勉強を始める方々とお会いする=某留学掲示板のオフ会の集合場所が、Jayのサイン会見学会になった...というわけです(ちっとも留学掲示板のオフ会になっていない...という所がポイントです)。

会場に着いたのは、イベント開始1時間前の午前11時頃。新光三越前の広場はファンで一杯。
某掲示板のユーザーさんが実際にサイン会に参加されたのですが、午前10時頃の時点で三越地下にまで列が延びていたそうです。
野次馬も非常に多く、過去6ヶ月の間、同じ会場で見たサイン会の中でも3本の指に入る程の人出でした。

Jayは、ほぼ定刻通りにステージに登場。
お決まりの報道関係向け写真撮影とインタビューが終了後、HIT FMのDJの司会でイベントが開始しました。

Jayは2曲程歌いましたが、どちらも曲も非常にノリがよく、最前列のファンと握手をしたり、ファンにマイクを渡して歌わせたりと、これだけ人気があるのにもかかわらず、フレンドリーな感じのする、普通のお兄ちゃんの一面もあるのかな...という印象を受けました。

ちなみに、最前列に居たファンは前日の午後7時から会場に並んでいたそうです。
これだけ人気がある人だと当然ではありますが、香港からもファンが来ておりました。


周杰倫(Jay)
周杰倫(Jay)
(注目度が高いので、大きめの画像を採用)
ステージ
報道関係者向けの撮影
ステージ最前列のファンと握手
最前列のファンと握手

歌が終わり、早速サイン会が始まりました。
実際に午前10時頃からサイン会に並んだ方から聞いた所によると、午後2時過ぎ位にサインを貰えたという事です。
台湾に来てから6ヶ月経つのですが、三越前の会場で2時間待つ=台湾での人気は最高クラスであると実感しました。

以上、周杰倫のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止