陳小春(Jordan)
簽唱會レポート('02.5.11,西門町/ワトソンズ前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 陳小春・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■香港映画マニアが泣いて喜ぶイベント!?

5月11日に行われた、香港の陳小春(Jordan,日本の香港映画マニアの間では"こはる"と呼ばれている)のサイン会に行ってきました。

イーソン・チャンに引き続き、珍しく男性歌手のサイン会レポートを書くことになったかといいますと、同じ学校に留学している日本人の某香港映画マニアがイベントに参加出来ない事から、代わりに行って来ました(笑)。

筆者は2年半以上前からチャイニーズポップスに興味を始めていたので、小春の顔と「歌」について認識していたのですが、映画俳優としての彼の評価については、全く知らずにおりました。
香港映画マニアに言わせれば「格好良くはないけれど、香港映画に欠かせない人」というか、決して主役でなくても「いい仕事をする人」らしいのです。

歌手としての小春の印象は、前作のアルバムの曲の中には、台湾の男性歌手で最も人気のあるR&Bシンガーソングライターの周杰倫(Jay)が曲を提供したということもあり、「歳を重ねても格好良く、流行の音楽を歌いこなせる事のできる人」という印象を持っていました。


会場ステージ
会場ステージ
正面から
小春・正面から
歌っている所
小春・歌っている所
サイン入りCD
サイン入りCD

今回のアルバムはヒップホップを中心に収録したアルバムで、その中から2曲ほど歌いましたが、リズム感が良いというか、本人のやりたい音楽と小春の個性が上手くマッチしている感じを受けました。
筆者は男性歌手にはそんなに興味がないのですが、実際に聞いてみて「カッコイイ!」と感じました(^^)。

サイン会の列の方は、ワトソンズから中華路に向かって某雑誌専門店の近くまで延びていました。
ファン層は女性が多いのですが、自分で"踊る"事も楽しむような、ヒップホップ好きな男性ファンらしき人もおりました。

実際にサインをもらいましたが、三枚目のキャラクターというよりは、見た感じ「ひねくれている」というか(ちょっと面倒そう...な表情?と言ったらいいのでしょうか(笑))、この人のどこが好きなのかわからない?けれど、いい味のあるの人・・・というか(笑)。

以上、陳小春のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止