莫文蔚/カレン・モク(Karen)
簽唱會レポート('02.4.20,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 莫文蔚・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■香港映画マニアにはたまらないイベント!

2月23日に台湾に来て2ヶ月が経過し、もう一つの台湾関係サイトそっちのけ(すいません)で、「サイン会・コンサートざんまい」を作っている管理人であります。
しかし、先週(4月13,14日)は、台湾の「四月天」特有の変わりやすい天候で身体の調子が悪かったこともあって、「イベントに行かない週末」となりました。

さて、今回は香港映画で活躍し、台湾では歌手としても人気のある、莫文蔚/カレン・モク(Karen)の新作アルバム「[i]」のサイン会のレポートです。
ちなみに今回は、同じ大学の語学センターに留学している、自称「映画おたく」の日本人の友達と行ってきました。

このアルバムの発売と合わせて、さまざまな広告のキャラクターとして、莫文蔚が登場しています。
某衣料品店・メーカーの広告は、お店の前の巨大ポスターにバスの側面広告を毎日見かけますし、コンタクトレンズの洗浄剤、シャンプーのコマーシャルにも出演している程です。

サイン会は午後2時から開始で、ほぼ定刻どおり開始。アルバムから「愛」を歌った後に、プレス用の記念撮影&インタビューが行われました。
歌った後は、レコード会社の偉い人(?)と計3人でシャンパンをかけるセレモニーが行われました。
今回のアルバムからレコード会社を移籍(滾石からSony)した記念(?)という意味で、行われたのだと思われます。
それにしても、シャンパンをラッパ飲みする姿も、なかなかお茶目というか、可愛らしいというか...。

私は台湾に来て彼女を見るのは3回目なのですが、いつ見ても、テレビなどで見るより本当に小さくてスリム、いつも自然な感じ、女性が見てもカッコイイというか。そんなこともあって、今回のイベントは圧倒的に女性の参加が目立っていました。

サイン会の方は、莫文蔚はこの日の夜、台中で同様のイベントがあるため、短時間の間に多くの人にサインをしなくてはいけないということもあり、CDジャケットへのサイン限定、ステージ上での撮影は禁止という制限が設けられました。
しかし、Karenはほぼ全員に握手をしていましたし、松葉杖で来ていた人には、特別に杖にサインをしたりと、本当にいい人なんだなぁ・・・と感じる場面も。


新光三越前のステージ
新光三越前のステージ
調子にのって...ラッパ飲み?
調子にのって...ラッパ飲み?
むせていたようです(笑)
むせていたようです(笑)
Karenの横顔
Karenの横顔
MC中のKaren
MC中のKaren
サイン中のKaren
サイン中のKaren
CDジャケットへのサイン
CDジャケットへのサイン

私たちがステージ上に上がったのが、午後3時15分頃。今回も相変わらず「日本人ということで気を引く作戦」にはいりまして、「私たち日本人なんです」(日本語訳)というと、Karenは「Oh!,ありがとう」と言ってくれました(この時のKarenとのやりとり(音声だけ)はビデオで記録できました(笑))。

初めて自分以外の日本人とサイン会に行ったのですが、やはり香港映画マニアにはたまらないイベントらしく、友達のお兄さまも映画好きということで、友達はサイン会の前と後に日本のお兄さまに電話をしていましたが、かなり羨ましがっていたようです。

私自身、特別なKarenファンというわけではないのですが(今回は友達の付き添いという意味合いが強かったので)、個人的に彼女に対する好感度が上がったような気がします。本当にサイン会って面白いですねぇ(どこかで聞いた事のあるようなセリフですが(^^;)。

以上、4月20日に行われた、莫文蔚・簽唱會レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止