Linda簽名會レポート
('02.8.24,西門町にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > Linda・簽名會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■Lindaのサイン会に"とうとう"行ってしまいました(笑)

今月8月にSONY Music台湾からデビューした、Lindaのサイン会に行ってきました!。

いきなり変なサブタイトルが付いていますが、コレには訳がありまして・・・。

というのも、8月11日に西門町でA-MeiS.H.E.のサイン会が行われたのですが、同じ時刻に新光三越前でLindaの簽唱會が行われておりました。

筆者、本音はLindaの簽唱會に行きたかったのですが、「簽名會・演唱會(サイン会・コンサート)ざんまい!」のサイト運営コンセプトの1つである「娯楽新聞・日本語版」の観点から、日本人C-POPerが欲しい情報を提供するためにも、A-MeiとS.H.E.は外せないと判断
A-Meiが歌い終わった後、三越に行こうと思った所、時間はすでに午後3時30分近く。行くのを断念したのであります。

更に8月17日に某所でイベントがあったのですが、前日に参加した某イベントの疲れが残り、部屋でお休みを頂きました。
ということで、Lindaの「生声」を聞いてからCDを購入しようと考えていたのですが、結局の所購入せずにいたのであります。

■なんだか気になる"Linda"

夏休みシーズンに入り、数々の新人がデビューしたのですが、なぜかLindaだけは非常に気になる存在になっていました。

一見elvaに似ているんだけど、ちょっと違う。
可愛い!というわけではないけど、Music Videoを見ると「買ってもいいかなぁ...」という気にさせるというか。

MTV Taiwanの某番組にゲストで出ていた時に、「ラップ」の部分のみを歌っていたのですが、これがなかなか上手くやっているし。

更に、所属レコード会社がSONYという事で宣伝にはかなりお金が掛かっている様子(笑)。
学校の近くを通るバスの側面広告を見る度に、「なんか気になるんだよなぁ...」と思っていたのです。

そんな中、西門町のRoseRecord峨眉店でLindaのサイン会がある事を知り、某掲示板のオフ会で集まった"伝説のK氏"と、C-POPSの小部屋の管理人のいえさんと一緒に、サイン会を"見に"行くことにしたのです。

■筆者、結局購入!(笑)

お店に入ったのが午後4時少し前。すでにファンが2,30人くらい並んでいました。
筆者は、買おうか買わないか非常に迷っておりました。
買ってもいいけど、もう一つ決定的な「原因」が欲しいというか。

例えば、某歌手より身長が高ければ買おう!かとか、思ったより可愛かったら買おう!とか、いろいろ「理由」を探していたんですね。
店内には「偏心」が流れており、サビの部分が頭から離れない状態になっていき...。結局、買ってしまいました(笑)。
しかし、他の二人は買う気配がなし。人が迷っているのを楽しんでいたような(^^;。


サインしながら歌うLinda
サインしながら歌うLinda
elvaに似ているような...
elvaに少し似ていますよね?
ツーショット撮影
Lindaとのツーショット

■本人登場!もしかして、意外と売れるかも?

午後4時10分を過ぎ、やっと本人が登場しました。
第一印象は「とっても愛想のある、細いお姉ちゃん」という感じ。
入ってくると同時に「こんにちは!」という感じの、非常に柔らかい笑顔でファンに挨拶。

さて、RoseRecord/峨眉店でのサイン会の時には必ずと行って良いほど、店内にあるマイクを使ってミュージシャンの方がファンに挨拶をするという"お決まり事"があります(笑)。

Lindaが一言喋ったあと、サイン会が早速始まったのですが、サインをしながらマイクを片手に、お店に流れている曲を歌い始めたんですね(笑)。

更に普通ならお店の店員さんがDJをして購入を促すのですが、Linda自ら「非常に良い曲です。友達に恋人にお買いあげ下さい!」と話始めるなど「以前、CDショップで仕事をしていたのか!」と思わせるほど、トークもノリがいいというか(笑)。

elvaのサイン会に参加した時は、歌っている時と本当に違う感じ...というのが印象的だったのですが、Lindaの場合は、歌っている時もそれ以外の時も"いつも元気!"というキャラクター。
CDを購入しなかったK氏曰く、「サイン会を見ていると、買いたくなるような雰囲気」があるという事です。

新人ということで、レコード会社のスタッフも非常に親切で、CDとポスターにサインに購入者の名前を入れるために紙が用意されていました(^^)。
当然、希望者にはLindaの隣で一緒に写真を撮ることも可能です(笑)。

筆者も名前を書いたのですが、スタッフにすかさず「日本人です!」と宣言(笑)。
するとLindaは日本語で「お元気ですか?」と、これまた愛想良く話しかけるんですよ(^^)。
もちろんツーショットで写真を一枚撮らせて頂きました。

部屋に帰ってから、なぜLindaが気になるのか?考えた所、ふっと思い出したのがSONY Music日本の「渡辺美里」の存在。
彼女の若い時代にラップを歌わせたら、もしかしたら「こんな感じになるのかな?」と一瞬考えてしまいました。
Lindaの曲はやっぱり「夏!」という感じの仕上がりになっていることですし...。

この辺は同じく、SONYの「谷村有美」=「黄湘怡(Stella)」に通じる所があるのか?=筆者は過去を背負い過ぎているのか?、ちょっと考え込んでしまいました(笑)。

台湾に来てから、意外と新人歌手を分析する時間が無く、買おうと思った人もいなかったのですが、久しぶりに面白い新人に出会えたという感じです。

LindaはS.H.E.のように、バラエティー系番組の司会などに挑戦させると、もしかしたら売れるかもしれない!と個人的には思ったのでありました。

以上、Lindaのサイン会にレポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止