台北流行音楽節・演唱会レポート
('02.7.13,台北市政府前廣場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 台北流行音楽節・演唱会レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■参加人数・出演者共に最大規模の演唱会!

6月初旬頃から大手CD Shopやバスの側面広告に「台北流行音楽節 演唱会」の告知が行われておりました。
出演者数が多いという事で、C-POPS総合系サイトの管理人としても絶対に行きたい!ということで、チケット入手方法をリサーチ。

CD Shopに置いてあった案内用のハガキによると、「味全」ブランドのペットボトルジュース2種類のボトルに付いているカバー3つを台北市内某所に7月1日から7日までの間に持っていくと、チケットと交換してくれる・・・という事でした。
チケットの数に限りがあるという事で、筆者は7月1日にチケットを入手しました。

当日は午後4時30分頃に会場に到着。すでにかなりの人が並んでいました。
昨年行われた同様のイベント時には、入場者数が3万人。過去参加したイベントの中でも最大規模のイベントとなりました。

ステージではリハーサルが行われており、陳冠希、謝霆鋒、WeWeのリハーサルを見ることができました。
筆者は珍しく、謝霆鋒が自分たちの方向を向いた時に、なぜか一生懸命手を振り、WeWeが歌っている時に口ずさんでいたり、台湾の暑さで...(以下自粛)。
また、筆者が並んでいた近く(市政府の入口付近)で、信楽團のメンバーがプレス向けに撮影をしており、平均身長180cm以上の男5人、間近で見ると本当に大きいです!。

チケットには午後5時から開場という事が書いてありましたが、実際に開場になったのが午後5時20頃。
筆者達が開場に入ったのは、午後5時40分頃でした。
入場の際に一応、チケットのチェックはあったのですが回収はしませんでした。
それなので、カラーコピー程度の物を見せるだけでも入場する事が出来たと思われます。

また、入場券エリア(柵)の外からも全く問題なく見ることができるので、チケットが無くても、それほど遠い場所で無いところで見ることが可能でした。逆に中よりもいいポジションもありましたし・・・。

コンサートが始まったのは午後6時10分過ぎ。
開始と同時に、ちょっとしたイメージビデオが流れました。
ビデオの最初に出てきた人は、もちろん馬英九・台北市長!(笑)。予想通りの展開です。

その後、ダンサーが出てきてステージ上で踊っておりましたが、その後、MTV TaiwanのVJ(ビデオジョッキー)が登場。
更に馬市長は、なぜか"ヒップホップ系のダンサー"の格好をして登場!。更に市長の誕生日らしく、花束贈呈がありました。

台北流行音楽節・演唱会のチケット
台北流行音楽節・演唱会のチケット

今回のコンサートは出演順に、信楽團、温嵐、許紹洋、Ryu(韓国)、黄湘怡、許慧欣、B.A.D.、陳小春、梁静茹、游鴻明、莫文蔚、Hyde(日本)、孔令奇、光良、陳冠希、謝霆鋒、イーソン・チャン、WeWe、哈林が参加しました。

今回のコンサート全体を通しての感想ですが、意外と女性歌手が少なかったので、C-POPS総合系サイト(女性歌手主体)の管理人としては、少々物足りない感じでした。

ちなみに会場の一部では、自分の興味のない人が歌っている時には、座ってトランプをしている人達もいました。
会場内をよく観察すると、本当に人気がある人とそうでない人がハッキリわかります。
今回のコンサートで一番得をしたのは、おそらく香港映画マニアだったと思います。

以上、7月13日に台北市政府前廣場で行われた、台北流行音楽節・演唱会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止