劉若英(レネ・リュウ/rene)
[單身日記]演唱会レポート('02.5.31,台大にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 劉若英・演唱会レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■ファン待望の大型演唱会!,5/31&6/1に開催。

筆者のC-POPSお気に入り歌手の中で3本の指に入る、劉若英(レネ・リュウ/以下rene)の大型演唱会に行ってきました!。

コンサートの始まる2ヶ月前の3月30日。チケット発売記念サイン会に行き、サイン入りポスターを入手とReneと一緒に記念撮影にも成功しました(詳細はこちら)

今回のRene演唱会には、「我 等 RENE 劉 若英」(掲示板)の管理人さんのYutakaさんを始め、Reneの師匠である「陳昇応援ページ」のYokoさんなど、Rene初の大型演唱会を見ようと、筆者を含めて計6人(そのうち4人が日本から、2人は留学生)がまとまって見ることになるという、日本の熱烈なReneファンにとって、かなり気合いの入った演唱会となりました。

5月31日分のNT$1,200チケットのうち、初期に発売されたもの(あるいはすべて?)には座席番号が入っていないということもあり、少しでもステージ近くでReneを見たい!ということで、当日は大雨が降っていたにも関わらず、日本人留学チームの最初の方々は午後3時30分から並び(筆者は午後4時30分に到着)、これまた気合いが入っておりました。

その甲斐あって、T字型になっているステージの出っ張っている側の最後尾=Reneが絶対に間近で見られるポジションに座ることに成功しました!。
筆者も日本・台湾でのコンサートを含めて、最高の場所で見ることができました。

会場入り口で友達と日本語で話していた所を、台湾のReneファンの人に発見されて、その後、話掛けてくれました(^^)。
「Reneをどうやって知りましたか?」という質問をされまして、「日本に居たとき、CHannnel[V]でReneのMusic Videoを見てからファンになりました」と中国語で(未だに文法バラバラです)答えるという機会に恵まれました。
更に開場前に並んでいる時に、ファンの方から蛍光棒をいただきました。本当に台湾のファンの人達はいい人ばかりです(^^)。

コンサート開始が始まったのが19:45。Reneが登場する前に、今回の演唱会の放送・媒体協力をしているTVBS-Gの人気番組「娯楽新聞」の司会を務める黄嘉千と黄韻玲がコンサートの注意事項(録音・録画・写真撮影の禁止)などの説明のビデオがプロジェクターに流し出され、同番組のゲストの登場時の雰囲気の後、Reneが登場しました。

コンサートの最初は、ステージ中央に置かれた大きな白いスクリーンの上から登場。
アカペラで「很愛很愛很[イ尓]」を歌いながら、白いドレスにティアラをつけて登場。
本当に絵に描いたような「お姫様」というような感じでした。
その後、ステージに降りてきて、1曲目は筆者の座る近くまで来ました!。いつ見ても本当にお綺麗な方です!。
さすが台湾・資生堂の「UV White」のイメージキャラクターだけあります。

前日放送分のTVBS-G「娯楽新聞」でリハーサルシーンを放送していて、ステージ上で素早く着替える所がある事は知っていました。
その一番最初が「お姫様衣装」でコミカルな演出の振り付きで1曲を歌った後、ステージ先端部(筆者の席の近く)でピアノ線に宙づりになり「Flying」を歌いました。

ピアノ線を素早く取り付ける所を約5mの所で見ることができ、更にステージ上空を舞っているRene様を下から眺める事ができるのは変な感じではありますが、これこそコンサートの醍醐味!だと思いました。
ステージ付近で歌っている時は、Rene様の視線も明らかにステージ近くを向いている事が多く、筆者もステージ近くに来たときは"うっとり"状態で、数回、目があってしまいました(と筆者が思っているだけ?)。
そして、このシートポジションをあらためて感激していた筆者であります。
「お姫様衣装」で何曲か歌った後、梁静茹(Fish)などがステージに上がって花束を渡す場面もありました。

さて、今回のコンサートのタイトル[單身日記](Rene Dialy)のコンセプトである「今までのRene」というか、更に突っ込んだ話「Reneの過去の恋愛について」について、本人自ら話す場面がありました。
ステージ両サイドのある大型スクリーンには「男の人の写真」が映し出され、Reneがその写真の男の人についての感想を述べるという演出がありました。
一番最初は「マッチョ」な男の人。これはボツらしい(笑)。
次は欧米系のカッコイイ系の映画スター(名前がわからず,すいません)。これは嫌いではないらしい。
その後、「陳水偏総統」。こちらはかなり気を使った発言をしたと思われます(中国語能力の無さは相変わらずです)。
そして、「李宗盛(ジョナサン・リー)」の写真。ジョナサンは2日目はお客できていました。

そして最後の写真は・・・Reneの昔のボーイフレンドと一緒に撮った写真(彼の顔の部分にはモザイクがかかっていましたが)が写し出されました。
それまでは、歌手・Reneの少しお笑いを取るトークだったのですが、この時ばかりは真面目に話をされておりました。

次の歌に移る前に、ステージ上にあった大きなスクリーンの向きが変わり、2階建てのアパートのセットが現れました!。
このセット、かなりお金が掛かっている感じです。一言で言えば、ドリフの「8時だよ!全員集合!」の前半のコント用セットのような感じ(笑)。素早くスタッフが動かす姿には、懐かしさを感じてしまいました。
このセットの2曲目の前に、Rene様は「年下の男の子もいいなぁ...」というような発言(中国語のため不明確)もあり、筆者もRene様の彼氏候補に是非とも入れて欲しい!と本気で思ってしまったのでした(^^;。

今回のコンサートの一つの目玉は、台湾を代表する女優、20代の李心潔(アンジェリカ・リー)、30代のRene、40代のシルビア・チャンの3人による小さなミュージカルがありました。

話は、李心潔と同棲している(らしい)彼氏の荷物を、彼女がドアから放り投げる所からスタート。
その騒ぎを知った、アパートの住人であるRene、張太太(彼女は下の階に住んでいる奥さん)が出てきて話が展開されていくという感じです。
Reneが歌うのはもちろんの事、李心潔はアルバム「愛像大海」の中から1曲歌い(この曲の時に筆者の近くまで来ましたが、彼女は本当にお綺麗な方です!)、張太太もGiGiの「愛的代償」を歌い、最後は3人で「Love」(オリジナルはReneとFishのデュエット)を歌って締めくくるという、これまたC-POPSファンとしては嬉しい企画でした。


コンサートのポスター
コンサートのポスター

今回のコンサート全体を通して、Reneらしさがフルに出ていたと思います。
女優としてのReneも見ることが出来たし、逆に本来のお茶目な可愛らしいキャラクター、トークで笑いもとれる、彼女の才能にホレボレしてしまいました。
歌手・劉若英としても、アップテンポな曲は、本当に楽しそうに元気良く歌っているし、バラードは聴いていて吸い込まれるような、じわ〜っと心の中に入ってくる感じ(特に「人間四月天」は感動しました)もあり。
また、どこかのパブから持ってきたピアノで弾き語りもあったり、コンサートのセット、企画、構成ともに、筆者の好きなタイプの理想的な楽しいコンサートでした。

個人的には、Reneファンになるきっかけになった「我等[イ尓]」(この曲のMusic Videoを見て一目惚れしました)を生で聞くことができただけでも、「NT$1,200の元を取った!」という感じでした。

その他の曲としては、「決定」「成全」「對面男生的房間」「花木来了」など、ベストアルバム「収穫」や「年華」を購入したRene入門者にとっても非常に楽しめる内容、「後来」のサビの部分は大合唱状態と、選曲もバランスが良い印象を持ちました。

さて、今回のゲスト(というよりは「出演者」?)は、Reneの師匠である陳昇がスーツ姿で登場。
曲はもちろん「為愛痴狂」。
この時、陳昇のスーツのボタンの所をよく見ると、クリーニングに出したと思われる「タグ」がついたままになっていて(客席からもハッキリ見えました)、Reneは歌っている途中に発見。かなり笑っていました。
でも、とっても陳昇らしくてよかったですが...(ウケを狙ったと思われますが、実際はどうなんでしょ?)。
この2人は本当に仲がいいです(^^)。某テレビ局の関係者から聞いた話によると「親子のような感じ」だとか(笑)。

さて、陳昇ですがステージから、日本から来た彼の熱狂的なファンである、Yokoさんを発見!。
陳昇がYokoさんを発見したときに必ず言う(毎年恒例の年末カウントダウンライブでは定番になっているようです)伝説の「ヨ〜コ〜」コールを生で見ることができました!。
ちなみにYokoさんとYutakaさんは、会場にあるスクリーンに映し出されていたので、TVBS-Gでこの模様が放送される時は放送される可能性が大きいと思われます。放送が楽しみです(^^)。

コンサート本編の最後は、Reneが金髪のカツラとちょっとセクシーな衣装で登場し「年華」を歌いました。
非常にノリの良い曲で、アリーナ席はスタンディング状態で合唱。私もかなり跳ねて叫んでいました(笑)。
他の曲では、この衣装でReneが2階席の通路をぐるっと1周するサービスもありました(^^)。

アンコールは「很愛很愛很[イ尓]」。衣装は上着はジャージ、下は「お姫様衣装」のスカート(笑)。
この衣装は、リハーサルの時のスタイルと同じらしいです(TVBS-Gの「娯楽新聞」のリハーサル風景でもこんな格好をしていたらしいです)。
この曲は程良い感じで盛り上り、今回のコンサートのタイトル[單身日記]のアンコールとして本当にふさわしいと感じました(^^)。
アンコール終了後、ステージ横のスクリーンにリハーサルシーンが映し出され、最後には「忘れ物の無いように・・・」という字幕とReneのアナウンスで終わるという、徹底して最後まで計算しつくされた、丁寧な作りのコンサートであったと思います。

これだけの内容とボリューム(約3時間,すでにバスとMRTの本数が少なくなる時間になっていました)、日本から来るだけの価値はあるコンサートだと思います。
筆者も留学終了後、Reneコンサートがあったら是非とも台湾に来たいです(^^)。
「楽しかった!」という、程良い余韻が残ったバランスの良いコンサートでした。

以上、5月31日に行われた、劉若英[單身日記]演唱会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止