劉若英(レネ・リュウ/rene) 「一輩子的孤單」
「史上最大型試聴會」レポート('02.6.8,西門町誠品116にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 劉若英・試聴會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POPS目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■読んで字のごとく「史上最大型試聴會」。

「台湾サイン会・コンサートざんまい!」の中で、一番登場回数が多いのが、劉若英(レネ・リュウ/rene)。
筆者が「台湾のサイン会」に初めて参加したのもReneであり、留学を決意したのも、彼女のサイン会が原因だった(?)という程、思い入れのある人であります。

今回のイベントは、5月31日,6月1日に行われたコンサートの入場口付近で「一輩子的孤單 史上最大型試聴會」の「Invitation」カードが配られ、それを見て行ってきました。

イベントは西門町にあるファッションビル「誠品116」の5階ホールで午後3時から開始ということで、気合いを入れた訳ではないのですが、午後1時30分には現地に着いていました。
今回は珍しく、外見が完全な"日本人"に見えたらしく(注:いつもは台湾人と間違われるのですが)、列に並んでいたファンの子に日本語で挨拶されたり(笑)。

更にこの前のコンサートの時に、筆者が並んでいた際に話しかけてきたファンの子が、今回のイベントにも居まして(笑)。
Reneイベントに関しては、今後顔なじみが増えそうです(^^)。

開始時間が午後3時からだったのですが、前にイベントがあったらしく(某洋楽シンガーの来台サイン会)、実際に開場になったのが午後4時頃。開始は午後4時30分頃でした。

さて、今回のイベントは読んで字のごとく「史上最大型試聴會」です。
趣旨としては「アルバムの全曲を発売に先駆けてファンに聴いてもらう」という内容です。
主催者側の発表では、約400人程度のファンが来たようです。

6月8日から台湾の大手レコード店を中心に、1万個限定の「一輩子的孤單 予約パッケージ」が発売されました(正式リリースは6月21日)。
パッケージは透明のビニールケースの中に、タイトル曲「一輩子的孤單」(PROMOTION ONLY版)の入ったCDと、名刺サイズの写真カード・9枚、バッチ(男の子デザインと女の子デザインの2タイプあり)が入っています。

しかし、この予約パッケージもコンサートで配られた「Invitation」カードも必要とせず、会場内に入ることが出来ました。
ただ、いつもと違うのは開場入り口で配られた、各曲の歌詞について1行程度説明した物が書かれたアンケート用紙と、「GOAL」と多く書かれた紙。

アンケート用紙を元に今後のCD製作の際、作曲家や作詞家を選ぶための資料となったり、どの曲のMusic Videoを製作するか?、カラオケのリリースするか?といった基準になるようです。
数曲聞き終わった度に、Rene自ら出てきて、トークを交えながら「この曲どうだった?、よかったら「GOAL」と書かれた紙を挙げて!」という具合に、会場の反応を見るという「史上最大型試聴會」となったわけです。


いつ見ても可愛く、キレイな人です
いつ見ても可愛く、キレイな人です
資生堂UV Whiteバージョン
某化粧品のポスター風のRene
ゲストは光良です
ゲストは光良です
「説」はReneの作詞です
「説」はReneの作詞です

イベントの最初に報道関係向けのインタビューと撮影が行われ、その後、イベントがスタートしました。
会場の前方は、階段状の座るスペース。一列に30人ぐらい座れるでしょうか?。後方は椅子席になっていました。
ステージの上には大きなスクリーンがあり、このスクリーンにMusic Videoが写るという仕組みになっています。

実際にReneの出演するMusic Videoは「一輩子的孤單」だけで(5月30日頃から台湾のテレビでも放送開始)、それ以外の曲は今回の試聴會の為に作られたと思われる、アルバムのサブタイトルが「Love and the City」にちなみ、世界の各都市の映像と歌詞が入ったMusic Videoが流されました。

曲の前には、作詞や作曲を担当した本人へのインタビュー映像が流され、一番最初は元・無印良品の光良の映像が流れました。
しかし、Reneと司会者の方が出てきてトークを少しはじめた後、光良がReneへのお土産(食べ物)を持って登場しました。
「史上最大型試聴會」だけあって、ゲストも豪華でした(^^)。

イベントの趣旨通り、ファンから直接感想を聞けるのはいいのですが、会場に来ていた年齢層(高校生位の女性が一番多かったようで、全体を見てもほとんど女性)もあるのですが、ある作詞家さんが作った曲の評判がいまいちでして...。
Reneも「今後、仕事の依頼どうしよう...」というニュアンスの(※筆者の推測。筆者の能力不足です。ごめんなさい。)話をしていました。
確かに本人からも、「どの世代に曲を合わせるか?というのは難しい」といった話をしていました。

あとRene様本人から問題発言がありました(笑)。
というのも、ある曲の説明の中で「飛行機が飛び立つ時にCDを聞きながら...」という話に、司会者が「離陸する時って、CDプレーヤーは使用禁止でしたよね?」という突っ込みが入ったりと(^^;。
ファンからも「いけないんだぁ〜」といったリアクションが起こりました(笑)。

今回のアルバムには、Rene様自ら作詞した「説」が収録されています。
ファンにとっても嬉しいですね(^^)。会場は盛り上がっていました。

いつものイベントと違って、歌詞や曲の内容を聞いて感想を答えるために、真剣にスクリーンを見ていたのですが、歌詞によって中国語入門者の自分でもなんとか、大体の意味がわかるものもあれば、1回だけ見ただけでは、全くわからないものがハッキリしているという感じを受けました。
曲の方ですが、全体的に静かな曲が多く、前作アルバム・タイトル曲「年華」のような元気な曲が無いのは、個人的に少し物残念というか・・・。

最後に、アンケート用紙に各曲の感想を真面目に中国語で書こうと努力したのはいいのですが、思った以上にバラバラの文法の文書が出来上がりました(^^;。
短い時間で、細かいニュアンスまで伝える文書を書くのには、まだまだ時間がかかるな・・・と考えさせられた、今回のイベントでありました。

以上、劉若英の6月21日発売のニューアルバム「一輩子的孤單」リリース前の「史上最大型試聴會」レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止