任賢齊(Richie) 簽唱會レポート
('02.9.8,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 任賢齊・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■中国語圏エンターテイメントの有名人!

歌手であり、香港映画を中心に映画界でも活躍する任賢齊(リッチー・レン/Richie)。
新アルバムが発売になり、アジア圏各地でサイン会を実施。
その第1回のサイン会が台北站前の新光三越前で行われました。

台湾のファンはもちろんのこと、香港、韓国、日本からも楽在其中の管理人"たろう"さんを始め数名が参加。 中国語圏をはじめとしたアジア圏で人気がある俳優、歌手であることを改めて実感しました。

リッチー登場後にステージに上がったカメラの数も非常に多く、三越隣の大亜百貨店の裏側には移動中継車が2台待機しておりました。

ちなみにファンクラブのメンバーは、イベント開始2時間前の正午に集合。
赤の「Richie's Family」ロゴ入りTシャツを着て、"顔写真入り会員証"をネックストラップでぶら下げている人がステージ前に固まっておりました。

面白いことに、マイクを使ってファンクラブの方が並び方を指示したり、何やら「説明」している姿を発見。

管理体制がしっかりしているファンクラブというか(サイン会参加者名簿も存在したようで)、筆者も様々なサイン会に参加しておりますが、こういった姿を見るのは初めてです。

さて、イベント開始時間の午後2時過ぎ。リッチーはバイクに乗って登場。
筆者の第一印象は「普通の愛想の良さそうなお兄ちゃん」。知名度の割には、本当に自然体というか・・・。

ステージに上がりプレス向けの写真撮影の時は、それなりにポーズを取って「映画界の有名人」という感じがするものの、それ以外の時は、"腰が低い"というか、何か"申し訳なさそうな感じ"さえしておりました。
今までいろいろな明星を見てきましたが、これ程"自然体"な感じがする明星は初めてです。


ステージ
ステージ
バイクで登場
バイクで登場
任賢齊(Richie)
任賢齊(Richie)
ファン参加のノド自慢大会!
ファン参加のノド自慢大会!

報道機関向けの撮影、インタビューなどの後、アルバムから1曲を歌いました。

その後、ファン参加のアルバム収録曲"「一個人」ノド自慢大会!"が行われました。
指名されたのは女性2人(1人は香港のファン)と男性1人。
そして、会場後方で見ていた白人の男性が指名され、ステージに上がりました(笑)。

最初に上がったファンクラブの女性は、なんだかとっても恥ずかしそう&緊張している様子で、リッチーも「大丈夫?」と声を掛ける程。
それでもファンクラブのメンバーだけあって、ちゃんと曲は歌えるですよね...。

2人目の男性も難なくこなしまして、3人目は白人の男性の番。

彼はオーストラリアの出身で、中国語が話せます(^^)。
熱狂的なファンでは無いので(笑)「一個人」は歌わなかったものの、リッチーの他の曲を歌い、リッチーは本当にビックリ。
ステージ上のインタビューでは、1998年から中国語の勉強を始めたそうです(後で聞いた話によると以前、国立政治大学の語学中心で勉強していたそうです)。

4人目の香港・女性ファンも広東語しか出来ないものの、難なく歌うことができ、司会者が止めるまで結構長いこと歌っておりました。

この4人の中から最優秀賞を決める訳ですが、もちろん白人男性に決定!
リッチーと2人でインスタントカメラで記念撮影後、CDがプレゼントされました(^^)。

ファン参加ののど自慢が終わった後、リッチーは「一個人」を熱唱。
その後、サイン会が始まりました。

今回のサイン会でリッチーを見て、確かに「カッコイイ」という感じではなく、台湾の街中を歩いていたら"どこかに居そうな感じ"がするものの、噂通りに「いい感じの優しそうなお兄さん」で、とっても「自然」。筆者としても好感度が非常にアップ。
更にファンクラブの団結力を含めて、見ていてとても興味深いサイン会でありました。

以上、任賢齊の簽唱會レポートでした。


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止