信楽團(Shin)
簽唱會レポート('02.6.1,西門町/ワトソンズ前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 信楽團・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■新人のカッコイイお兄ちゃんバンド!

6月1日に行われた、新人のバンド・信楽團(Shin)のサイン会を見てきました。
ちなみに、この簽唱會と同じ時間に、RoseRecord前広場で、品冠の簽唱會が行われておりました。

筆者が西門町に到着した午前11時頃に、ステージの準備が進められており、その時はドラムの音の調整を行っていました。他の楽器類の電源用の発電器も用意され、今後のMusic Video製作の際の撮影用と思われる、テレビカメラ(ポータブルタイプではなく、スタジオで使う大型の物)とクレーンカメラが用意されておりました。
そんな事からもわかる通り、レコード会社(avex台湾)も、かなり力を入れてキャンペーン活動をしている姿がうかがえます。

筆者が信楽團を見たのは今回が2回目で、1回目は4月4日に台北動物園・ZOO MALLで行われた「反盗版演唱会」で、演唱会のトップバッターで歌ったのが彼らでした。

メンバーは、ボーカルの信、ギターの志群、キーボードのTOMI、ベースの暁華、ドラムのMICHAELの5人のバンドです。
なお、ドラムのMICHAELは一見、外国人(黒人)に見えますが、台湾人だそうです。


ボーカルの信
ボーカルの信
ギターの志群
ギターの志群
キーボードのTOMI
キーボードのTOMI
ベースの暁華
ベースの暁華
ドラムのMICHAEL
ドラムのMICHAEL

彼らを初めて見て、所属レコード会社を知った上で「avexらしい、カッコイイお兄ちゃんバンド」というのが、第一印象。
ボーカルの信が「美少年系」ですし、メンバー全員の身長も180cmを越えており、ヒット間違いなし!ではないかと思っています。
女性シンガー好きな筆者としても、(結構)評価の高い部類に入るかもしれません。
五月天が休業中の今、台湾のバンドがいまいち元気が無いこともあり、是非とも頑張って欲しいと思います。

以上、信楽團のサイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止