TVBS-G「SUPER LIVE 3-5」観覧レポート
('02.6.9,南港101にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > TVBS「SUPER LIVE」レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■初めてTVBS-G「SUPER LIVE」の制作現場に行ってきました!

台湾に来てから3ヶ月以上が経過し、初めてTVBSの音楽番組「SUPER LIVE 3-5」の制作現場を見に行ってきました!。
場所は、TVBS本社の隣にある、大型ライブスペース「南港101」。TOKIOやKinKi Kidsなどの台北公演の行われる事でも有名な場所です。

「SUPER LIVE」は、日本でもスカパー!の「TVB大富」で見ることのできる番組なので、日本のC-POPerにとっても憧れの番組(?)と言えるでしょう。
それにしても筆者自身、台湾に来てから3ヶ月以上経過しているのに、今回が初めてというのは、ちょっと遅かったと思っているのですが...。
今回は、筆者のお気に入りの上位5人に入る、劉若英と候湘[女亭]が同番組に出演するということで、行くことにしました。


「南港101」の建物
「南港101」の建物
SUPER LIVEのステージ
SUPER LIVEのステージ

■「SUPER LIVE」の舞台裏 〜会場に入る為のテクニック〜

この番組を知らない日本人の方に、どんな番組か?と説明しますと、テレビ朝日系列で放送されている「Music Station」の台湾版のような番組だと思って下さい。
「Music Station」との大きな違いは、日曜・午後3時から5時まで放送されるので、放送時間が1時間長く、1人の歌手が平均2曲歌います。
また、スタジオ公開型番組ということや、司会者も台湾のバラエティー番組の著名司会者(放送日によって変わるようです)が勤めるという所も、似ているかもしれません。

出演者リストは、TVBSのホームページから見ることが出来ます。
観覧希望者はどうすればいいのか?という事が書いてありますが、料金は「免費」(無料)。
「午後2時30分から午後3時頃に開場となります」と書いてありました。

日本なら信じられないような話なのですが、ようするに午後2時30分前に「南港101」の入口前に並べば、7,8人の歌手が出演する番組を、基本的に無料で見ることができるんです!。

筆者は午後1時30分頃会場に着いたのですが、会場の前に並んでいる人は10人程度しか居ませんでした。
一瞬「本当にここに並んでいれば見られるのか?」と思うくらい人が居ないんです(笑)。

午後2時頃になると、徐々に人が集まって来たのですが、それでも30人位。例によって平均年齢は低いですが...。
午後2時30分頃になって、会場に入るための列を整理するために、ようやく入口から会場前の広場に並ぶように指示が出ました。
入口付近には屋根があるので、多少日陰があるのですが、アスファルトで舗装された広場なので屋根がないんですね。
夏の炎天下の中、並ぶ事になってしまったのです(^^;。非常に暑いです。

賢い人達は、南港101の入口が見渡せる、TVBS社屋ビル近くの日陰に待機して、列が動いたら移動しているようでした。
筆者も次回からはそうしようかと(笑)。
午後2時50分頃に開場となったのですが、それでも100人程度しかいませんでした。
もしかすると、この「SUPER LIVE」に参加するのは、日本人C-POPerにとっても非常に穴場かもしれません!。

■「SUPER LIVE」の舞台裏 〜中は意外と小さく、前説も無し!〜

会場に入って、意外とステージが小さいのでビックリしました。
テレビで見ている時は、随分大きい所でやっているんだという感じがしましたが、少し大きな学校の体育館程度?という感じです。
ここに、あのジャニーズ系のコンサートの際、スタンディングで5,000人位入るのですから、不思議です。
ただ、日本のコンサートに比べれば、近くに歌手の姿を見られるのはお得かもしれません!。
ちなみに筆者は、ステージから2,3列目の真正面に行くことに成功しました(人が少ないので,ビックリする事でもないのですが)。

筆者は何度か、日本のテレビ局の生放送と公開録画(いずれもTBS)のスタジオに行ったことがあるのですが、最低でも30分前に開場、「前説」(番組の収録中の拍手の仕方、注意事項などを説明する事)があるのですが、「SUPER LIVE」の場合、何もありません(笑)。
放送開始数分前だというのに、この緊張感の無さは、一体なんなのでしょう?(笑)。

観客の方も平気で携帯電話が鳴っていますし、サイン会と同じように写真撮影はもちろん可能。
ただ、本番が始まってフラッシュを使っている人がいて、スタッフに注意される姿が多々見られましたが、"前説"があれば言わなくても済みそうな事な気がするのですが...。

午後3時になり、なんの前触れもなく、本番が始まりました。
司会は黄子交(男性)と錢韋衫(女性)が登場。
黄子交は初めて生で見るので少し感激しました(^^)。

今回は出演者順に、Makiyo(川島茉樹代)、候湘[女亭]、許紹洋、劉若英、林隆譴、李[立羽]君、高慧君と、最近アルバムをリリース、または予定のある歌手が勢揃いしました。
ビギナーからマニアにとっても、非常に楽しめる出演者でした(それなのになぜか観客が少ない...)。


司会の黄子交
司会の黄子交
Makiyo
Makiyo(川島茉樹代)
候湘[女亭](Angel)
候湘[女亭](Angel)
許紹洋
許紹洋
劉若英
劉若英(Rene)
林隆譴
林隆譴
李[立羽]君
李[立羽]君
高慧君
高慧君

各歌手が基本的に2曲ずつ歌うという構成なので、お目当ての人のファンにとっては物足りないかもしれませんが、一度に数名の人の曲を間近で聴けるというのは、総合系C-POPSサイトの管理人としては、非常に便利です(笑)。
ただ、MTVでまだ流れていない曲も多かったので、サビの部分だけでも合唱できる雰囲気がなかったのが残念ですが。

なお、各歌手の熱狂的なファンがいない場合(本当に今回は"大穴"のイベントでした)は、主催者側がポスターを用意して、歌を歌っている途中に「これを上げて」と指示が出ます。
毎回最前列に行くことが出来れば、もしかすると様々なポスター収集もできてしまいそうな雰囲気です(笑)。

会場内の雰囲気ですが、冷房の効きが悪いので、段々暑くなってきました。Reneは歌った後、ステージを去るとき、本当に暑そうな表情を見せていました。
最初のうちは立っていても(オールスタンディングです)いいのですが、段々疲れてきて、CMの時には座っている人が多くなりました。
観客の方も緊張感が無くなってきまして、仲間うちの話が多くなっていたような(^^;。
お目当ての人が出演した後も、会場から出ることが不可能なので余計のようで、もしかすると、これが原因で観客が少ないのかもしれません。

さて、トリは高慧君でした。
デビュー当時からMusic Videoを見ていたのですが、CD購入対象から常に外れていました。
しかし、昨年末に台北市政府前広場で行われたカウントダウンライブに出演した時、「本当に歌が上手い!」と思い、一度生で聞いてみたいと思っていました。

実際に間近で聞いてみた感想ですが、久しぶりに心の中からジワジワと「スゴイ!」という感覚に包まれ、真剣になって聞き入ってしまいました。歌声に本当にホレボレしてしまいました。
その証拠に、会場内のだら〜っとした雰囲気が妙に静かになった程です。会場内も聞き入っていました。

購入対象から外れていましたが、今度のCDは是非とも購入して、サイン会にも行きたいと思っています。
更に、テレビで見るより可愛らしい感じで、好感度もアップしてしまいました(^^)。
(結構"きつそうな"感じに見える方なので...。そうでなくても筆者はどうも"美人"が苦手で...。)

日本に居たときから見ていた「SUPER LIVE」を生で見るだけでも感激。
更に、これだけ豪華なゲストが目の前で見られるんですよ!。本当に夢のようなイベントです(笑)。病みつきになりそうで、少し恐いような(^^;。
特に高慧君のような「生で聴く方が断然いい歌手」を"タダ"で見られるわけですから・・・。

それにしても、結構アバウトながらテレビで見ると、それなりの番組に見える所は、まさに台湾的だなぁ・・・と思いました。
日本では絶対に考えられないというか...。台湾式の"ツボ"にすっかりとハマってしまった、筆者でありました(笑)。
こんなに簡単に、テレビの生放送の収録が見られるとは...。

なお「南港101」へのアクセス方法ですが、台北市街中心部から行く場合、MRT木柵線・南京東路站の近くにある「復興北路口」バス停(駅を下りて南京東路を復興北路口方向に渡る途中)から、「306」と書かれたバスに乗り、夜市で有名な饒河観光夜市(バス停名は「饒河街口」)や「松山火車站」を通り過ぎ、「土地公廟」というバス停で降ります(南京東路站から約10〜15分前後,料金はNT$15)。
バス停を降りて、進行方向を少し歩くと信号があり、その信号を渡って小さな路地沿いに歩いていき、「One 0 One」という看板のある、大きな倉庫のような建物が「南港101」です(外観はそんなにキレイな感じではありません)。
ちょっと分かりづらい所なのですが、バス停を降りて進行方向・左側に大きなビルが見えるので、その方向に歩いて行けばわかると思います。

以上、6月9日のTVBS-G「SUPER LIVE 3-5」観覧レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止