黄湘怡(Stella)FM番組公開放送レポート
('02.10.10,西門町/MRT站前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 黄湘怡・FM番組公開放送レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■イベントは午後7時から開始。午後6時前に現場に着くと...

台湾の建国記念日に当たる"國慶節"の10月10日。
今回は「サイン会ざんまい!」の中でも、留学中に見たい人の"五本の指"に入る、黄湘怡(Stella)が参加するイベントが午後7時からあるらしい(内容は不明)という情報を得て、行くことに。

今回ももちろん、C-POPSの小部屋のいえさんも同行。
更に、日本を代表するStellaファンサイトStella@JapanのKobanさんが来台。

日本のC-POPS女性歌手系サイトとしては、これ程濃いメンバーは居ない!(笑)という状態で(以下"怪しい日本人3人")、西門町のMRT站前に集合となりました。

3人が揃ったのが午後6時頃。
しかし、会場となるはずのMRT站前広場にはステージもなければ、報道関係者らしい人も居ない。
気になるのは、ASIA FM 92.7の移動中継車が一台止まっているだけ。

午後6時40分頃まで様子を見守っていたのですが、会場付近は何も変化がない状態。
諦めて他の場所に移動...と考える前に、ASIA FMの移動中継車の前に行ってみることにしました。

■移動中継車の中にStellaのCDを発見!ということは...

移動中継車周りには、約20人程度に人が群がり、中継車の机の上にはマイクが2本。机の上にStellaのCDを発見!
と、いうことは...何かしらプロモーション活動はする!という意見に達し、とりあえず最前列の端のポジションをゲット。

午後6時55分頃。来ました!>本物のStellaが(^^)
それも1mも離れていないところで見られる!ということで、怪しい日本人3人としては、あまり期待していなかったイベント(ガせネタか?と思っていたので)「かなり美味しいイベント」となってしまったのでした(^^)


黄湘怡(Stella)
黄湘怡(Stella)

更にラッキーな事に、本番数分前DJの方とStellaの椅子が入れ替わりました!
ガラスを挟んで目の前にStella、その前に怪しい日本人3人が...という、本当に運のいいイベント開始となったわけです。

目の前で見た第一印象。筆者としても間近で見た女性歌手の中では、上から3本の指に入るほどチャーミング!
本当に小さい、顔が小さい、可愛らしい!、実物の方が絶対良い!というのが、怪しい日本人3人の共通した意見であります。

■アピール大作戦開始!

午後7時に生放送がスタート。
DJの方と話をしている間も、時より窓の外のファンに向かって手を振ったり、曲の途中にはファンの要望に応えて、写真撮影用で視線を向けたりと、サービス精神も旺盛。愛想もいい!

ちなみにいえさんは、下の画像の様にしっかりと「正面からの写真」を撮ることに成功。
筆者の方は、ビデオカメラを持っている姿を某テレビ局のカメラが結構長い時間撮っていたようで(^-^;)(この素材が使われてシャンティン・ファンにバレたらどうしよう...という不安はよぎりました)。

次なる作戦は、インパクト勝負の"アピール大作戦!"です(笑)。
用意するものは、居留証(筆者所有・外国人登録用IDカード)、大学の学生証(いえさん所有)、筆談用のメモ用紙&ペン(kobanさん所有)。

まずは筆者が先に、窓越しにStellaに居留証を提示(笑)。
Stella自身、それを覗き込んで「アホな日本人」で有ることを認識。
続いていえさんの学生証、Kobanさんは「I am Japanese」のメモ用紙が登場。

ここからがスゴイ事に!
怪しい日本人3人を認識したStella、英語で「I Know... nice to meet you」(下の画像参照)と紙に書いてこちらに提示したのであります(^^)


ファン(いえさん)のカメラの前でスマイル!
ファン(いえさん)のカメラの前でスマイル!
三立電視台カメラを前にしてのインタビュー
テレビ局カメラの前でのインタビュー
怪しい日本人歌迷3人に向けてのメッセージ!
怪しい日本人歌迷3人に向けてのメッセージ!
メッセージの内容はコレ!
メッセージの内容はコレ!

この時点で、ASIA FMのDJさんにもバレてしまい、今後の展開に期待。
その後、Stellaが外に出てテレビ局向けのインタビューに答えておりました(^^)

Stellaが取材から戻り、その後、放送中に「日本人が来てます」みたいな話も出てきまして、また"やっちゃった"状態に(笑)。
今度は地元のファンと話をする!企画があり、Stellaも外に出てきて、目の前で下記のような画像も長時間に渡って撮影に成功。
下手なサイン会よりも、非常にお得度があるイベントになってしまったのでした。

またスタジオ内に戻りましたが、これからまた大変な事に...
何が起こったかといいますと、「Kobanさんに取材の要請」(笑)>Stellaから長文の英文・筆談メモが提示されました(^^)


ファンと会話中のStella
ファンと会話中のStella
Stella@Japanの管理人・Kobanさんと筆談中!
Stella@JapanのKobanさんと筆談中!

ちなみにStella自身、大学時代に日本語を勉強していた事もあって、日本語が少し話せるようです(^^)
ここで何が始まったかというと、Kobanさんの手元にマイクが渡され、StellaとDJ氏が日本語で質問をする=kobanさん、台北でFMデビュー、そしてStellaと会話をするという、ファンサイトの管理人さんとしては非常に名誉な事をしてしまったのです(^^)

これでまた"伝説の日本人"が誕生しました(笑)
(なんだかコンテンツの趣旨と違う様な気がする(^^;)今日この頃)。

kobanさん本人、かなり緊張していたらしく、ファンお決まりの"あのセリフ"を中国語で言えなかったのが残念。
あと手元にCDが無かったので、サインを貰えなかったのが残念でありましたが、充分に「日本人ファン」である事をアピール出来た感じでありました(^^)

午後8時少し前に、Stellaのゲストコーナーは終了。会場を離れる事に。
いえさんは握手してもらうときに、日本語で「ありがとう」と言われたらしく、Kobanさんもタクシーに乗った時に、窓越しに握手をもらったそうです(^^)

筆者自身、これだけ濃い内容のイベント参加は久しぶりだったので非常に満足。
更にStellaに顔を覚えられた...というだけでも、怪しい日本人3人とも「台湾に来て良かった」と思ったのでありました(^^)

さて、筆者がテレビカメラに写されていたので、翌日の某テレビ局の芸能情報番組をチェック。
移動スタジオの中に入ったカメラが、ビデオカメラを持っている"怪しい日本人"をしっかり写しておりました(^^;)。
(台湾に来て4回目のテレビ出演。なんだかなぁ...)

以上、黄湘怡(Stella)のFM番組公開放送レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止