台視・開局40周年記念イベント レポート
('02.4.28,台湾電視台前広場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 台視・開局40周年記念イベント レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾電視台(台視・TTV)開局40周年イベントに行って来ました!

1980年代の民主化以前、台湾には公式なテレビ局は3局しかありませんでした。
その3局の中の一つである、台湾電視台(以下"台視"、民放のテレビ局であるものの運営母体は台湾省政府)の開局40周年イベントがテレビ局の前にある広場で行われることを知り、たまたま日本から遊びに来ていた、シンガポール出身のシンガーソングライター・黄湘怡(ステラ・ホアン/Stella)の応援サイト「Stella@Japan」を運営する、kobanさんと一緒に言ってきました。

ちなみに台視は、3/23に行われた孫燕姿ライブのあった、台北市立體育場の南側になります。

午後7時30分から午後10時まで特別番組のコンサートが開かれるということで、午後6時15分頃に台視前に設けられたステージの前に到着していました。
到着してすぐに、梁静茹のリハーサルが行われていました。リハーサルではあるものの、本当に聞いていてホッとするというか、生の声を聞くのは今回で3度目ではありますが、いつもシミジミとしてしまうんですよね・・・。

午後7時30分に本番がスタートしました。司会はジャッキー・ウー(台湾のバラエティー番組の司会者では一番有名。週に十数本のレギュラーを持つ、台湾の「明石家さんま」)。私も台湾に来たら一度は見てみたい人の1人ということで、それだけでも感激(笑)。
CMの中も、会場内の声に答えていろいろな話で笑わせたり、踊ってみたり、本番中ではないと思うのですが、彼自身もCDを出しているので(結構上手いです!)昨年出したアルバムの曲から、1番だけ歌っているシーンも見られました。

その後、台視のおえらいさんなどのスピーチの後、馬英九・台北市長のスピーチがありました。
馬市長を見るのは今回が2回目ですが、この調子で行きますと、今後も「サイン会・コンサートざんまい!」で登場しそうな気配です(笑)(陳水偏・台湾総統も一度は見てみたいのですが)。

馬市長の次に登場したのは、(おそらく)台湾のテレビには古くから出ておられる「台湾の黒柳徹子」(?)こと、張小燕が登場。
私のつたない中国語のヒアリングによれば、台視での仕事は36,7年前からやっているというような話しておりました。


台湾電視台・局舎
台湾電視台・局舎
台視前の会場
台視前の会場(Fishがリハーサル中)
司会のジャッキー・ウー
司会のジャッキー・ウー
梁静茹
梁静茹(fish)
40周年記念ケーキへの入刀
40周年記念ケーキへの入刀
新宝島康楽隊
新宝島康楽隊

今回は歌手だけでなく、女優やタレント、コメディアンなどテレビに関係のある人が沢山出演していましたので、私もバラエティー番組を日本に居たときから、たまに見ていた事もあって、一度は見たことのある人も居れば、初めて見る人もおり、歌手でもMusic Videoを見たことがあっても名前が思い出せない・・・などなど、「まだまだ未熟だなぁ...」と痛感しました。

わかる範囲での出演者を紹介しますと、イーソン・チャン、梁静茹、丁文[王其](kiki)(野球選手?とのデュエット)、陳昇ひきいる新宝島康楽隊、番組のトリは周杰倫でした。

梁静茹は「幸福的預感」と「勇気」を。周杰倫が「忍者」を歌っている時、台視の屋上付近から隣にある台北市立體育場に向かって、忍者の人形が降りていく演出もありました(笑)。

※下記リストのアーティスト名をクリックすることで、画像が表示されます。


アーティスト名
馬英九・台北市長
張小燕
バラエティー番組・著名司会者
台視の局アナ
丁文[王其](kiki)
周杰倫(Jay)


今回のイベントは、台湾のテレビの歴史を知る上でも非常に興味深いイベントとなりました。
また、情報収集さえしっかりすれば、このようなイベントを簡単に見られる!という意味でも、本当に面白い地域だと、改めて痛感しました。

以上、台視・開局40周年イベントのレポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止