許茹芸/ヴァレン・シュー(Valen)
簽唱會レポート('02.11.2,台北站前/新光三越前にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 許茹芸・簽唱會レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■台湾でバラードが得意な女性歌手といえば...

筆者が留学中に是非ともお会いしたい女性歌手の一人である、許茹芸/ヴァレン・シュー(Valen)のサイン会に行ってきました。

Valenといえば、自ら作詞・作曲もこなし、台湾を代表する"バラードが得意な女性歌手"。
運がよいことに、留学から帰国する前にアルバム「芸開了」が11月1日にリリース。
Valenに会えれば悔いもなく日本に帰れる...という位、気合いが入ってしまい、高校時代の先輩や知人から頼まれた分を含めてCD3枚も購入しました(笑)

イベント開始の午後2時頃には、サイン会の参加者としては程良い位の人が並び、野次馬も多く、根強い人気があると実感。

Valenを初めて目の前にした感想は、"意外と小さい人"。
Music Videoを見る限りでは、結構背があるのかな?と思うのですが、実際はかなり細くて身長もそんなに高くないですし、久しぶりに"しっとりとした感じの清楚な女性"にお目にかかれた...という感じです。

登場してすぐに1曲目を歌いました。
歌の方は期待を裏切らないというか、CDと同様"ホッとする"歌声そのもの。

今回のファン参加型ゲームは、"大声コンテスト"(笑)
そういえば、シャンティンの6月16日のイベントの時も同じだったような。
どうやらEMI/Virgin台湾には、音の大きさを測る測定器を購入しているようで(笑)


会場ステージ
ステージ
許茹芸(Valen)
許茹芸(Valen)
アルバムジャケットでお馴染みのValenの横顔
Valenの横顔
サイン会ステージ上のValen
サイン会ステージ上のValen

もう1つは"ダーツ"。
最初はValenが投げることに。しかし、ステージ後方の発泡スチロール製の看板にあたったり、ステージから飛び足したりして、確か3回目でとりあえず当たったという感じ(笑)。

その後、ファンが数名出てきて、一人の女性は1,2度目は当たらなかったものの、3度目で中心部分に矢が刺さりました。

会場に来ていたファン層ですが、いつもよりは年齢が少し高めで大学生位が中心で男性ファンの方が大目という感じです。
Valenのファンクラブのメンバーは、会場運営の手伝いをしている様子でした。

最後にアルバムの第1段プロモーション曲"祝福了"を披露。
丁寧にしっとりと歌うところを間近で聞くことができて、本当に良かったと思ったのでありました。

その後、サイン会に移りました。筆者達は中間ぐらいに並ぶことに。

今回はEMI/Virgin台湾と言うことで顔なじみのスタッフも居るので、いつものように"日本人アピール"をしてみました。
するとValenは、"クスッ"と少し笑ってから、

「はじめまして」

と返してもらえました(^^)
歌だけでなく、ステージ上でも上品な感じが漂う、大人の女性という雰囲気のある人でした。

以上、許茹芸(Valen)サイン会レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止