チャン・メイチー(小美)・演唱会レポート
('02.8.9,228紀念公園にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > チャン・メイチー 演唱会レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■日本では絶対に信じられない"本当に無料"の演唱会!

歌唱力と歌声の透明感で定評のある、小美ことチャン・メイチーの演唱会に行ってきました。

コンサート数日前のTVBS-G「娯楽新聞」で本人が登場して告知を行い、前日の同番組でも「コンサートチケットが必要なのか?」視聴者から問い合わせがあったのですが、小美の最新アルバムを持参する必要も、チケットを入手する必要のない"完全無料"のコンサートでした。
日本のC-POPSマニアからすれば「小美の生の歌声を聞くのに、本当に無料でいいの?」と、ついつい思ってしまう程で...。

会場に到着したのが17:30頃。予定では18:30開場、19:00開始となっていましたが、17:35頃に開場となりました。
筆者達はステージ中央から少し右側に寄った、前から3列目の席を確保。至近距離で小美の姿を見ることが出来る距離です!。
その時点で約100人位の人が会場に入りました。
ステージのセットですが、中央に大きなLEDタイプの画面が1台あり、ステージ上にはちょっとしたオブジェがある以外は、本当にシンプルな構成です。

コンサートが始まるまで約1時間30分あったので、その間にEMI(Virgin)台湾のスタッフにシャンティンの今後の予定を聞いたりしていました。最近はどの人がEMIのスタッフか把握できるようになっているのも、非常に奇妙な話なのですが...。

19:00頃には会場となった228紀念公園の音楽堂の席は満席になり、立ち見をしている人達も大勢いました。
会場最前列には、小美の親族の方々も到着。7月中旬のサイン会の時にも見かけた、小美のお姉さんも来ていました。
更にEMI所属の劉虹[女華](Ginny)の姿を発見!。以前、中学時代の友達が彼女のCDジャケットを見て一目惚れしただけあって、本当に綺麗な人でした(^^)。

■今回のコンサートはじっくり聞こうとおもったので...

いつもはデジタルカメラとDVカムを持ち込むのですが、今回はコンサートということで撮影禁止だと思っていたのですが、予想に反して写真撮影等も可能でした。
しかし、今回は小美の声を堪能しようと最初から思っていたので、あえて機材を持ち込みませんでした。
画像を期待していた皆さん、ご了承下さい。

さて、コンサートは19:15頃から始まりました。
1曲目は「想起」。曲は張宇が提供、Music Videoではホウ・シャンティンが特殊メイクでお婆さん役をしていた曲です。
筆者のお気に入りの曲の1つですが、CDの透明感のある優しい歌声そのもので、"期待を裏切らない歌唱力"に最初からホレボレしてしまいました。

3曲目は日本で10年前にヒットした沢田知可子の「会いたい」のカバー曲「再一次也好」。
力をいれている雰囲気もなく、聞いている方も自然に受け入れることの出来る、心地よい曲です。
5曲目は「我又想起[イ尓]」。選曲もファンとしては非常に嬉しい、お気に入りの曲が続きました。

6曲目の「對[イ尓]而言」の前に衣装替えがあったのですが、ステージ横でEMIスタッフを含め、現在来ている衣装の上に、更に別の衣装を上にまとう(画像が無いのでわかりづらいかもしれませんが)所を見ることが出来ました。

8曲目の「悄悄話」の頃から雨が降り出しました。
それでも傘や雨合羽を用意していないファンは、小美のお姉さんを含め、雨に濡れながらも小美の曲に聞き入っておりました。帰る人もほとんどいませんでした。
9曲目から数曲(曲名が全て把握できず申し訳ありません)はパーカッションとギターのみで歌いました。

何曲目かは忘れてしまったのですが、曲の途中で歌詞を忘れたような感じがしたのですが、その後、感極まって涙を流すシーンもありました。
また、誕生日が8月14日という事を話した後、ファンの子達が「Happy Birth Day to You」の合唱状態になり、小美も「もっと歌って〜」と、少しはしゃいだシーンも見受けられました(^^)。

14曲目は「雙手的温柔」(美空ひばり「川の流れのように」のカバー)。
更に最新アルバムの「揮霍愛人的耐性」(詞:阿信(五月天)、曲:小美、怪獣(五月天))。
ステージ上の画面には韓国でロケをしたMusic Videoが流れていました。

この後、TVBS-G「娯楽新聞」で以前から報道されていたり、同番組に出演した時に予告していた「小美のダンス」付・数曲を披露しました(^^)。
間近で見た印象ですが「元気があって可愛らしい」感じがしました。
「快樂天使」を歌ったのですが、個人的には小美のバラードより軽快なリズムがある曲の方が好きなこともあって、非常に嬉しい選曲でした(^^)。

コンサートも終盤に差し掛かってきて「東京鐵塔的幸福」を歌いました。
このMusic Videoは例によって、小美本人が出演しない作品なのですが、タイトル通りに東京タワーや新宿、お台場、湘南(江ノ電)でロケされたシーンが多く登場するので、筆者自身少しシミジミとしてしまいました(個人的な話で申し訳ないのですが...)。

そして、新アルバムのタイトル曲「再一次也好」をもう一度歌い、最後は「親愛的[イ尓]怎麼不在身邊」でコンサートが終了しました。

小美の歌声を約2時間じっくりと聞いていて思ったのは、生で聴いていると「真剣になって聞きたくなる」というか「もっと聞かせて!」という感覚に包まれる...と感じました。
また、彼女の"やんちゃ"な所、ある部分はシミジミと、彼女の持っている能力が上手い具合に引き出されたコンサートになったと思いました。
今回のコンサートを通して、いろいろな魅力を楽しむことの出来る歌手だと実感しました。

■コンサート終了後...

コンサートの終了後、報道関係者向けの記者会見がステージ上で行われていました。
この時もファンが「Happy Birth Day to You」を合唱。また小美、はしゃいでいました(笑)。
この模様はおそらく、各エンターテイメントニュースで放送されたと思われます。

更に熱狂的なファンの子達(三越前と士林のサイン会に来ていたファン)は、小美のお姉さんと会話をしておりました(笑)。
ファンの一人が(シャンティンのサイン会の時に知り合った女の子)、「この人達、日本人なんだよ〜」と紹介してくれまして、「留学しているんですか?」といった感じで、少しお話する機会もありました。
お姉さんは小美に似ているのですが、もう少しふっくらとした感じの女性です(^^)。
近くにお母様さしき人や、親戚の子供達もいたのですが、みんな身長が低いという印象を受けました。

こういった事ができるのも、台湾の音楽業界ならではだな・・・と思いました。
小美がステージを離れる時も、普通に「バイバ〜イ」という感じで声を掛けて、小美もそれにちゃんと答えていますし・・・。
日本だったら絶対にあり得ないな・・・と。

最後は小美が会場から車で去るところを見届ける事にしました(笑)(某人のサイン会の時に味をしめた...というか(^ ^;)。
車に乗る前に、一緒に来ていた"伝説のK氏"が小美に「私たちの事、覚えていますか?」と訪ねた所、「サイン会の時に来ていたでしょ!」とちゃんと覚えていてくれました。
ファンとしては本当に嬉しい限りです(^^)。

コンサート自身はもちろんよかったのですが、台湾の音楽産業を知れば知るほど、本当に興味深いな・・・と思うコンサートとなりました。

以上、小美の演唱會レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止