孫燕姿「Up2U・孫燕姿 START 世界巡迴演唱會」
レポート('02.3.23,台北市立體育場にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 孫燕姿「Up2U・孫燕姿 START 世界巡迴演唱會」レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■念願のスタジアムライブ!

孫燕姿(ステファニー・スン/Yanzi)のコンサートチケットは、3月3日に台北・新光三越で行われた「Start世界巡迴演唱會・首簽會」で購入(NT$1,200)。その時にサイン入り「VIPパス」を入手しました(その時のレポートはこちらをご覧下さい)。
「年代售票系統」で発券された、コンサートチケットには「17:00開場」ということで、会場となった台北市立體育場に16:45頃に到着。17:00までにはVIPパスを持った人の列を発見。その列に並びました。

全く話は変わるのですが(Yanziファンの皆さん、ごめんなさい)、「スタジアムライブ」といえば「渡辺美里」を思いだし、筆者も3回程行った事があります。
渡辺美里のスタジアムライブというと、「雨女?」と言われるくらい毎年のように雨が降り、西武球場(当時)行われたコンサートのうち1回は、あまりにも激しい雨のため、途中で中止した年もあった程です。筆者が行った時も1度だけ、小雨が降っていた事もあります。
もう一つ思い出したのが、2000年8月下旬に台北市立體育場で行われた蕭亜軒/エルバ・シャオ(Elva)のライブ。このライブの模様を、某衛星放送で見たことがあるのですが、この時も雨が降っていた記憶があります。

気になる3月23日の台北市の天気ですが、曇りではあったものの、雨が降りそうな気配があるという感じだったので、傘と帽子、ビニール製のカッパを持参しました。

実際に「VIPパス」を持った私たちが入場したのは、ライブの始まる30分ぐらい前の19:00頃。その頃、少しだけ小雨が降ってきました。
会場への入場の際には、チケットのチェック(「年代售票系統」で発行されたチケットは、ブラックライトを照らすと、特殊なインクで書かれた文字が浮かび上がる仕組みになっているようです)が行われました。

チケットのチェックが終わり、ゲートを進み会場に入ると、スタジアムの南側3分の1程度がコンサート会場として設営されておりました。
NT$1,200の席=アリーナ席はパイプ椅子もないスタンディング状態。スタジアムのスタンド側の席が、NT$1,000とNT$800ということになります。 更に、ステージ中央付近のスタンド席の前に、招待者席が用意されていました。

今回のライブは、TVBSグループの「東風衛視」が放送権・スポンサー権を取得していたようで、会場にはTVBSの移動中継車も配備され、ステージの左・右にかなり大きいプロジェクターのスクリーンが設置されていました。開始前は、ステージは幕で覆われていました。


サイン入り「VIPパス」
サイン入り「VIPパス」

コンサートは19:40頃から始まりました。
ステージに覆われていた幕が上がり、ダンサーがステージ上で踊る中、孫燕姿はステージ後方にある球場のオブジェの中から登場。最初は「Venus」を歌い、何曲かをメドレー仕立てにして、最後に「Venus」で終わるという構成で始まりました。
熱狂的なファンの多いアリーナ席ということもあって、最初から大合唱状態!。噂で聞いていた通りの「台湾式コンサート」という感じがして、台湾に住んでから1ヶ月、しみじみと自分はこの国に住んでいるんだ!と思ったのであります。

コンサートでのYanziの第一印象は、本当にいつもと同じ様な爽やか、かつ、元気だけど、ビックリするほど”隙”がない「優等生」という感じを持ちました。
最初の方では、アルバム「Start」から「Silent All These Years」、「Hey Jude」などを。「橄欖樹」を歌う前、Yanziの父親が良く歌っていた曲らしく、Yanziが「父親に変装した写真」がスクリーンに映し出され、会場は笑いに包まれました。
コンサート全体を通して、1st、2nd、3rdアルバムの代表的な曲、例えば「超快感」、「Leave Me Alone」、「難得一見」、「愛情詞典」を歌ったこともあり、ファンにとって非常に満足のいくコンサートとなりました。

それにしても今回のコンサートは、彼女の「優等生ぶり」を再認識する場となったと思います。
というのも、Music Videoや昨年行われた「風筝」を引っ提げてのライブの映像を見る限り、「あまり踊らない人」という印象がありました。
しかし、今回のコンサートはそれを覆し、かなり動きのあるダンスを披露(数日前の新聞にも「ダンスに力を入れる」というような記事を発見)。特に今までの曲の「Jazzアレンジバージョン」(「風筝」も入っていたと思います)は、黒のスーツとシルクハット姿で、これまた様になっている!。ステッキを振り回し踊る姿は、カッコイイ!。
それでいて、いつもと同じYanziの雰囲気を保っている(変な表現なのですが)姿に、非常に関心していました。
椅子の上で歌うシーンがあったのですが、少しバランスを崩しそうになったのですが、いつものスマイルで何事もなかったかのように、歌い続ける姿も見られました。そういえば、ステージ前面の花火が上がった後、煙でむせるシーンもありました(こういう時の笑った所が、また可愛かったりします(^^))。

21:00頃には今回のゲスト、ZIP発射楽団が登場。バリバリのロックという感じでした。2曲ぐらい歌ったでしょうか?。
個人的には、鄭秀文/サミー・チェン(Summy)を見たかったなぁ・・・と思ったのですが(MCでYanziが「Summy」という言葉を出しただけでも、会場内は「Summyがいるの?」みたいな雰囲気になった位です)。

再度Yanziが登場。この時に(もしかすると他の所かもしれませんが...うる覚えですいません)、今回の大口スポンサーである「Up2U」のCMソング、続いて「マクドナルドのCMソング」を披露。この曲が流れたときには、レアものに出会った感覚というか、不思議と「ライブに来てよかった」と思ってしまいました(笑)(仮にVCDが出たとしても、絶対にカットされる・・・という意味で)。

クライマックスに近づき、最後は「我要的幸福」。
私が好きな曲の一つで、この曲を聞くと、いつも自分が台湾に来る前に口癖の様に「我要的幸福」と言っていた日々をなぜか思い出し、思わず涙ぐんでしまいました。この曲でアンコール前の曲がすべて終わりました。

アンコールが始まると当時に、ステージからタップダンスのダンサーが登場。ということは・・・あの「緑光」が始まったのです!。
「緑光」のMusic Videoそのものでした!。ライブで絶対に聞きたかった曲だけに、感激しました。タップダンスも迫力があるのですが、曲の最後の花火が、これまた迫力満点でしたよ(^^)。
正直なところ、今回のコンサートに行こうか?どうしようか迷った(私費留学生にとって、NT$1,200はかなりの高額という理由で)のですが、ある日「緑光」のMusic Videoを見て行きたくなった!といっても過言ではありません。

そしてラストは「天黒黒」。デビュー当時に一番最初にヒット(Music Videoで流れた)作品だけあって、デビューから今までを振り返って、彼女にとっても、私たちにとっても思い入れの深い曲で終わり、なんだか程良い余韻に包まれ、ライブは終了となりました。

アンコールも終わり、熱狂的なアリーナ側のファンはなかなか帰ろうとしませんでした。
アリーナ席の後ろの方の人達が徐々に帰り始めた頃、私は招待者席の方へ行くチャンスがありました。
そこには、川島茉樹代とFanFanの姿を発見。
更に、Yanziのお父様、お母様も生で見ることができました!(変な話ですが、あの両親から、なぜあんな美人が生まれるのか?とビックリする位、普通の感じの人なんですよ。特にお父さんは...日本にも居そうな感じの"おじさん"という感じですし)。Yanzi似の女性も居たので、もしかすると妹さん?かお姉さん?だったかもしれません(Yanziは3人姉妹の次女)。

熱狂的なファンが居ると言うことで、ステージの撤収作業を行っている中、Yanziが舞台衣装を着替え終わった後でしょうか?、ステージに現れました。ファンに向かって大きく手を振って、去っていきました。

心配していた雨は、コンサートの始まる少し前にやんでしまいました。Yanziは「雨もよける程の大スター」なんでしょうか。
彼女のバラードもいいですが、今回のコンサートは、本当にYanziと会場が一体になって楽しめた、「元気になれるスタジアムコンサート」だっと思いました。

Yanziには渡辺美里のように、台北市立體育場でのスタジアムライブを毎年恒例にして欲しいと思い、三十路を過ぎても元気で歌い続けて欲しいな・・・と強く思ったのでした。

以上、孫燕姿「Up2U・孫燕姿 START 世界巡迴演唱會」レポートでした。




[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止