「反盗版演唱会」レポート
('02.4.6,台北動物園「ZOO MALL」にて)

うたろうほーむぺーじ > 台湾サイン会・コンサートざんまい! > 「反盗版演唱会」レポート


[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

■今週末は部屋でゆっくりと思った矢先...

台湾に来てから1ヶ月以上が経過し、土・日は必ず、サイン会・コンサートに出掛けております。
Webや新聞「影劇報」のイベント情報などを見ても今週末は、自分が行こうと思うイベントがなく、久しぶりに部屋でゆっくりしようと思っておりました。

そんな中、部屋でリスニングの勉強と思って、午後4時30分頃に「HIT FM」(FM局)を聞いていた所「台北動物園のZOO MALLで反盗版演唱会が午後7時から開催」(莫文蔚が喋っているバージョンもあり)という事を知り、行くことにしました。
「C-POPerの性」というのでしょうか、出演者の顔ぶれを見ても(許慧欣、戴愛玲はとても気になる存在、張清芳の歌声を生で聞きたい、莫文蔚をじっくり見てみたい)非常に豪華なので、それにつられて自然に身体が動いていました。
この時、「嬉しい悲鳴」という言葉の意味を噛みしめた、土曜日の午後でありました。

■台北動物園「ZOO MALL」とは?

今回のイベントの会場となった、台北動物園の「ZOO MALL」は、MRT木柵線「動物園」駅の近くに出来たショッピングモールで、お土産物のお店やレストランなどが入った、郊外型のショッピングモールになっています(ちなみに私の留学している某大学の近くです)。

先週(3/30)には、イーソン・チャンがアルバム発売イベントを開催していたようで、今後も様々なイベントの会場として使われる可能性があるようです。

ステージは「ZOO MALL」の前にある駐車場(河川敷近く)に設けられており、「東風衛視」のカメラも入っていたので、この模様は後日放送されるようです。
開始は19:00からということで、1時間前には会場に到着していました。前の方は招待者席だったのですが、キャパシティーにかなり余裕があり、開始10分位前に一般客にも開放されました。


「反盗版演唱会」の会場
「反盗版演唱会」の会場
許志安
許志安(Andy Hui)
本多RuRu
本多RuRu
許慧欣
許慧欣(eVonne)
張清芳
張清芳(Stella)
莫文蔚
莫文蔚(Karen)
「反盗版宣誓詞」の内容
「反盗版宣誓詞」の内容
馬・台北市長
「反盗版宣誓詞」を読み上げる 馬市長

イベントが始まると、司会者の5人が登場。HIT FMのDJの他に、阿雅も参加していました(彼女の歌は無かったのですが)。
今回の「反盗版演唱会」には出演者順に、許志安、戴愛玲、本多RuRu、巫啓賢、許慧欣、游鴻明、張清芳、イーソン・チャン、莫文蔚と、台湾で活躍するベテランから新人、それに加えて香港の映画でも活躍する面々が揃いました。

各歌手が2曲ずつ歌うという構成になっていたため、MTVで流れていたヒット曲を披露するので見る側にとってもわかりやすく、会場もサビの部分だけでも合唱できる...と、C-POPファンにとって「涙の出るような演唱会」でした。

出演者が豪華だけでなく、個性的な面々が揃った事も非常に面白いイベント(「海賊版撲滅」という趣旨を完全に忘れているような気がしますが)でした。

許志安は"香港のスター"という感じがしてカッコイイ!、戴愛玲は声が良く出ているし、日本でも活躍した本多RuRuも居るし、巫啓賢は見た目は愛想のいいオジサンなんだけれど、本当に歌が上手い!、許慧欣は会場の参加者が口々に「キレイ!」と言っていたり。
また、私の大好きな張清芳の声を生で聞くことができて、「台湾に留学してよかった」と思いました。会場の阿芳ファンと一緒に「阿芳,我愛イ尓!」と思わず叫んでいたとか、いなかったとか?(怪しい日本人になっている気もする、今日この頃です)。

一連の海賊版撲滅キャンペーンの中で、今回も「気合い」の入った内容だと感じた出来事がありました。
コンサートも終盤に差し掛かったところに、すでに歌い終わった出演者数名と莫文蔚が登場。彼女が登場する際、会場の声援がとても大きく、彼女の台湾での人気を感じました。

莫文蔚が出てきて、しばらくした所に、これまた大物が登場しました!。
その大物とは、馬・台北市長です(笑)。
馬市長が登場する際に、会場も少々盛り上がりました。人気がある政治家なんですね(確かに彼はハンサムですし(笑))。
ちょっとしたトークを挟み(莫文蔚と市長の握手がなぜか印象的だったのですが)馬市長が中心となって、出演者の一部と会場に来た歌迷と一緒に「反盗版宣誓詞」を読み上げる場面がありました。
私も、馬市長が先に読んだ文をしっかり覚えて(至る所でも中国語の勉強を心がけるのが、真面目な留学生の姿です(笑))、一緒に「反盗版宣誓詞」を読みました。

トリは莫文蔚でしたが、彼女は思ったより身長は小さく、とてもスリム。それでいて可愛いけれど、女優としてもいい味を出しているところが、この国で人気があるんだよな・・・と、思わず納得。

昨年行われた同様のイベントを[V]で見た事があるのですが、今年は実際に台北で暮らしているという事もあるのですが、台湾のエンターテイメント業界の海賊版に対する業界の危機感と重大さを認識しました。
司会者の阿雅が会場内で小朋友(低年齢層)向けに何かを話していたようで(ヒアリング能力がまだまだなのと、多少の推測となってしまうのですが)、すべての購買層を含めて「著作権の保護」についてより一層、関心が高まる事が海賊版撲滅に繋がればいいな・・・と思いした。
そして、音楽好きな人間として、また、台湾に住む人間の1人として、1日も早く海賊版が無くなることを願うイベントでした。

※下記リストのアーティスト名をクリックすることで、画像が表示されます。


アーティスト名
5人の司会者
莫文蔚と市長の握手
戴愛玲
巫啓賢
游鴻明
イーソン・チャン(eason)
阿雅(A-YA)


以上、4月6日に台北動物園「ZOO MALL」近くで行われた「反盗版演唱会」レポートでした。



[ 演唱會&簽名會・目次 | C-POP目次へ戻る | ホームページに戻る ]

Copyright 1995-2011 うたろうほーむぺーじ All rights reserved. 無断転載禁止