ball 香港のパソコンショップ(電脳中心)巡り(1998年7月 Ver.) ball


うたろうほーむぺーじ > 海外の電気街 > 香港のパソコンショップ(電脳中心)巡り
香港の夜景
ビクトリアピークからの夜景

1998年7月25日(土)〜7月27日(月)に、香港に行ってきました。

香港旅行のきっかけは、海外旅行も久しぶりに行っていない(96年1月のニュージーランドから約2年半)ので、そろそろ行きたいなぁ・・・と思い、6月末に「AB ROAD」いろいろとディスティネーション(目的地)を検討しました。

その結果、「この数年の間にアジアの電気街を制覇する」という目標のもと、候補に上がったのが台北と香港。
更にタイムリーなことに、香港は1998年7月6日から供用を開始した、「チェックラップコップ空港」がオープンしたこの機会に香港に行くことにしました。

新空港についてのレポートはこちらをご覧下さい。

今回の目的は、「香港の電気街巡り」がメインということで、このことについて報告致します。

電気街巡りだけでなく、スターフェリーに数回乗り、ビクトリア・ピークで夜景を楽しみ、トラム(2階建ての路面電車)にも乗り、大きなスーパーマーケットで買い物もしたりと、”普通の観光”もしてきました。
この辺は、他のガイドブックにおまかせするとして、刺激的でマニアックな(笑)香港の楽しみ方についてご紹介しましょう。

●香港の”電脳中心”の基礎知識

秋葉原やソウルの電気街(ヨンサン)のように、お店の入ったビルが一カ所に集まっているというわけではなく、コンピュータショップがいくつも入ったビル=”電脳中心(Computer Center)”が、香港の中心部の九龍側と香港島側に何カ所かあります。

”電脳中心”は、ちょうど秋葉原のラジオ会館のようなテナントビルにコンピュータ関連の小売店ばかりが入り、一つのお店の大きさが畳8畳ぐらいで、1フロアに30店ぐらい・・・といった感じの所です。ビルの高さはだいたい、2〜3階程度でしょうか。

なお、香港のビルで1Fというのは、日本でいう2階のことで、逆に日本で言う1階は、GF(グランドフロア)となります。英国の影響を受けたためこのような呼び方になっているようです。

テナント(ショップ)ごとに、マンションのような部屋番号が割り振られているため、雑誌などには、「ROOM 1106」や「電脳中心222室」などと書かれています。

ラオックスや亜土電子(T・ZONE)、ソフマップのような大型店はなく、どこも小さな小売店ばかりです。

コンピューターは当然、AT互換機(DOS/Vマシン)が主流ですが、ごく希にMac専門店やお店にとりあえずMacが数台置いてある・・・という所もあります。

●香港のパソコンショップは大きく3つに分類できる

それぞれの”電脳中心”の中のショップは、次の3つに分類できます。

1.コンピューターハードウェアのお店

AT互換機がメインということでショップで売られているのは、デスクトップ機のほとんどがショップブランドの組立式のマシンと、マザーボードやハードディスク、ディスプレイカード、他はモニターやプリンタの周辺機器を売っています。

コンパック,IBM,HPなどのブランド物のデスクトップ機は少ないようです。しかし、空港の両替所(イギリスのトーマスクックがやっている)、有名ホテルのフロントの端末などでは、COMPAQマシンが使われているのを見ることができました。

ノートパソコンについては、ブランド物の製品ばかりで、日本でもお馴染みのSONYの「VAIO」、IBMの「Think Pad」,SHARPの「Mebius」や、先頃発売されたばかりの、TOSHIBAのリブレット,Dyna BOOKなどを見ることができました。
中には、日本語で書かれた” マシンの箱”や、展示しているDyna Bookが日本語のWIN95で展示してあったり、後ろの壁紙に「Dyna Book SSシリーズ」と書かれていて、中国語版のWin95が動いているという所もありました。
気になるマシンのお値段の方は下記の通りです。

※注意:一番安いショップというわけではなく、店頭においてあるチラシの中からアトランダムに選んだ物を参考価格として掲載しています。

(1)
MPU:Cyrix 200MMX
RAM:32MB SD RAM
HDD:3.2GB
CD-ROM:X24
BUILT-IN SOUND CARD & DISPLAY CARD
56K INTERNAL MODEM
1.44MB FDD,KEYBOARD,MMOUSE&SPEAKER
CRT: MAG D410 14"Monitor
ZIP: Internal ATAPI 100MB FDD
HK $6,380 = JPN 約 \127,600
(旺角電脳中心 Shop No.216 WAYTRONIC TECHNOLOGY COMPANY LTD.)

(2)
MPU: Pentium II 300
MB: Intel 440BX
RAM: 64MB SD RAM
VIDO CARD:SiS AGP SET 3D PRO 4MB WIHT TV OUT
HDD: SEAGATE 3.2 U-DMA33
CD-ROM:PANASONIC 24X CD-ROM
SOUND CARD:16BIT 3D SOUND FULL DULPEX
FDD: 1.44MB FF DRIVE
CASE: ATX TOWER
CRT: 14"COLOR MONITOR
*104 KEYBORAD,PS2 MOUSE,SPEAKER,FILTER
HK &6,980 = JPN 約 \139,600
(黄金商場 Shop No.58&65,1/F Atech System Co.)

(3)
MB: ASUS P2L97 ATX
RAM:32MB SDRAM
HDD:SEAGATE 3.2 ULTRA DMA33
CD-ROM: X24
VIDEO CARD:SiS 6326 AGP SVGA Card W/4MB SGRAM
SOUND CARD:16 Bit 3D PNP
FDD: 1.44MB FF DRIVE
CASE: ATX Middle TOWER
CRT: 14"COLOR MONITOR
*Acer 104 KEYBORAD,PS2 MOUSE,SPEAKER

Intel Celeron 266 HK &5,300 = JPN 約 \106,000
Intel Celeron 300 HK &5,500 = JPN 約 \110,000
Intel PentiumII 266 HK &5.900 = JPN 約 \118,000
Intel PentiumII 300 HK &6,300 = JPN 約 \126,000
Intel PentiumII 333 HK &7,100 = JPN 約 \142,000
(黄金商場 Shop No.25&26,1/F AWARD PC LIMITED)

(4)
APPLE PowerBook G3/233
(RAM:32MB,HDD:2GB,VRAM:2MB,ACTIVE MATRIX(12.1")
HK $17,900 = JPN 約 \358,000
(旺角電脳中心 Macroshop)

というように、AT互換機に関しては私もあまり詳しくないのですが、日本と同じか、やや高いのかな?という印象を受けました。
ショップブランドのマシンを扱っているお店のほとんどが、店頭に価格表を置いているので、それをコレクションするたけでも、面白いかもしれません。
Macの方は、日本より確実に数万円高いようです。
なお、香港には消費税はありません。

2.CD−ROMショップ

さすが香港だな・・・と思わせるのが、この手のお店です。

というのも、海賊版ソフトのCD-ROM、日本の18禁ビデオCD、日本語のアニメ・ドラマの海賊版CD-ROMを扱う店が多いのにはとても驚き、凄いの一言です。

(1)海賊版ソフトのCD-ROM

旺角電脳中心や旺角の星際城市に多くあるようです。
どんなCD-ROMを売っているかといえば、某「M」社のOS(それもパーソナル向けOSだけでなはく、ネットワーク用の高額なOSまである)から始まって、著名ビジネスソフトのパッケージ、世界標準のCADソフト、Mac版・Win版ともにお馴染みの「A」社の画像やビデオ編集ソフト,DTPソフトが一つになったもの・・・などなど。

それも、1枚のCD-ROMにアプリケーションが十数から数十本入ったものが、この手のお店でだいたい、1枚でHK$30、2枚でHK&50,3枚か4枚でHK$100という値段で売られています。

アプケーションには、中国語版(パッケージには”中文”と書かれている)と英語版があり、中には1枚のCD-ROMの中に、両方のパッケージが入っていたりします(笑)。

日本語版のビジネスソフト・OSは皆無に等しいのですが、一部「M」社のOSの日本語版がありました。おそらく、この数カ月の間で新バージョンも並ぶかもしれません。

なお、いうまでもなくこの手のソフトは、著作権上問題があるので、日本の税関で発見された場合は、没収ということも考えられますし、ウイルスが入っている可能性もあるので、買わないようにするのが得策です。

でも・・・本音を言うと、英語版でもあこがれの(笑)高額ソフトが入手できるというのは、かなり興奮してしまうものです。アンチ「M」社派であれば、「ビ*・ゲ*ツざまぁ〜みろ」と思い、親愛なる「A」社派であれば、思わず同情してしまったりもします。

ちょうど日曜日に各”電脳中心”を回ったため、この手のお店には、狭いお店の中に沢山の人が群がっていました。

(2)日本語のアニメ・ドラマの海賊版ビデオCD

日本語のアニメ・ドラマは、香港ではとても人気があるようです。
その中でも、「ちびまる子ちゃん」は、某観光地にあるショッピングセンターの中でイベントをやっていたり、キーホルダーをつけた人をみかけたり、町中のコンビニのアニメ雑誌のような物の表紙を飾っていたり。

日曜日の香港のテレビは朝から日本のアニメを立て続けに放送しているようで、午後3時からは、「クレヨンしんちゃん」が放送されているようでした。

香港では「ビデオCD」が流行っていて、HMVなどの大手CDショップでも扱っています。

海賊版のビデオCDには、日本では懐かしい例えば、「銀河鉄道999」や「フランダースの犬」、「めぞん一刻」などのものから、ドラマでは、「ひとつ屋根の下」、「ラブジェネレーション」、最も新しい所では、7月から始まったばかりの「ボーイハント」なども並んでいるという状態で、「日本で見るのを忘れていたら香港に飛べ!」と言ってしまっても過言ではないほどでした。

また、バラエティー番組の「東京フレンドパーク2」、「女だらけの水泳大会」(笑)なども発見しました。

これらのビデオCDの内容は、日本で放送されたままの映像&音声(当然、日本語)で、広東語の字幕をつけたというものが多いようです。パッケージに書いてあるので、おそらくわかると思います。

お値段の方は、1枚がHK$20ぐらいからあり、パソコンソフトのCD-ROMと同じように、2枚でHK$50,3枚か4枚でHK$100という値段で売っている所もありました。

こちらもほとんどが海賊版なので、日本の税関で発見された場合は没収ということも考えられます。

(3)本屋さん

”電脳中心”の中には、ソフトの解説書(マニュアル本)をメインとした本屋さんをよく見かけます。 それも、かなり分厚いもので、値段もHK$100や$200がするものが多いようです。意外と高いという印象を受けました。

日本と違って、本の割引はあたりまえで、お店には「八折」(20%OFFのこと)というような表示がされている事が多いです。だいたい、「九折」から「八折」が標準ではないでしょうか。

それにしても中国語=漢字文化なため、内容を理解するのに英語よりもわかりやすいことがあるのかなぁ・・・と思う所もありました。

●場所について

香港の電気街・・・というより正確には、「コンピューターショップの入ったテナントビル」=”電脳中心”は、あちらこちらに点在しているのですが、基本的にどこも香港の地下鉄の駅のすぐ近くにあります。

今度は、それぞれの”電脳中心”の特長についてお話します。

1.星光電脳城 Star Computer City

地区尖沙咀(チムチャツォイ)
場所尖沙咀側のスターフェリーターミナルのすぐ前にあるビルの「スターハウス」の2階と3階が星光電脳城(Star Computer City)です。
特長ほとんどがハード屋さんです。

2.黄金商場(高登電脳中心) Golden Computer Center

地区深水歩(サムスイポー)
場所地下鉄・深水歩(サムスイポー)駅のD2出口の近く。桂林街(Kweilin St.)にある。
特長ビデオCDのショップやゲームソフト(プレイステーション、NINTENDO64など)のソフトを扱うお店が多い。営業時間は、午前10時30分から午後10時30分。個人的には2番目にお気に入り。

3.新高登電脳中心

地区深水歩(サムスイポー)
場所地下鉄・深水歩(サムスイポー)駅のD2出口の近く。2.の黄金商場のほぼ隣りにあります。
特長ほとんどがハード屋さんです。こちらも午前10時30分ぐらいから開いているようです。

パソコンショップではありませんが、黄金商場・新高登電脳中心と地下鉄の駅をはさんで反対側の鴨寮街 Ap Liu St.には、電気・オーディオ関係のお店が軒を連ねています。
電材(電気工事用のケーブル、コンセントなどの部品)、照明器具、オーディオのケーブル、時計、中古のテレビ、アマチュア無線機、携帯電話などのお店が沢山あります。

4.旺角電脳中心 Mongkok Computer Center

地区旺角 Mong Kok(モンコック)
場所地下鉄・旺角駅の近く。NELSON St.沿いにある。
特長ハード屋さんも多いが、特に”海賊版CD-ROM”を扱うお店が、1F,2F,3Fにある。
他のビルと比べても、一番活気があるように思います。個人的には一番おすすめ。建物は新しい。

5.星際城市 Sim City

地区旺角 Mong Kok(ウォンコッ)
場所地下鉄・旺角駅の近く。旺角電脳中心の近くにある。
特長海賊版CD-ROMショップあります。まだ新しいようで、一番上の階にはお店がほとんど入っていませんでした。

6.灣仔電脳城 Wan Chai Compute Center

地区灣仔 Wan Chai(ワンチャイ)
場所地下鉄・灣仔駅のA2出口を出てすぐ。
特長ハード屋さんがほとんど。1F,2Fにショップが並んでいるが、こちらの建物もまだ新しいようで、3Fの方はまだテナントに空きが目立ちました。

●今回の”電脳中心”巡りの感想

今回は、星光電脳城だけが土曜日の夕方近くに行った以外は、日曜日の午前10時30分から移動を開始して、ほとんど地下鉄を利用して、約1日がかりで各”電脳中心”を回ってきました。

それぞれの場所毎に特長がはっきりしている点と、テナントビルでコンパクトに、きっちり並んでいるところが大きな特長だと思います。
よくあれだけ、同じようなお店が集まっていてやっていけるなぁ・・・と関心してしまいます。

それにしても、香港には著作権が存在するのか?と疑問に思ってしまうくらい、海賊版のCD-ROM(特に旺角電脳中心)が多かったがが印象的でした。
あるショップのビニール袋にも、「クレヨンしんちゃん」のイラストが入っていた時には、ここまで徹底しているのかと、変な意味で関心してしまったりと。

そういった面では、かなり刺激の多い体験ができる場所ではないかと思い、行って良かったなぁ・・・と思った、香港”電脳中心”巡りなのでした。

以上、98年7月現在の香港の”電脳中心”についての報告でした。

●参考文献:
・「地球の歩き方 35 香港・マカオ '98 '99」 ダイヤモンド社
  P.165「香港でパソコンは買いか?」、P.334 深水歩地区の「歩き方」
※「地球の歩き方」には、電脳中心付近の地図が詳しく書かれているのでおすすめです。
・「日経トレンディー」 95年 特集「円高メリット満喫法」
・「CD-ROM FAN」95年 特集「アジアの電脳事情」毎日コミュニケーションズ
※「日経トレンディー」と「CD-ROM FAN」の雑誌の号数については不明です。ご了承ください。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]