韓国・ソウル 「ヨンサン(竜山)電気街」と市内パソコンショップ巡り


うたろうほーむぺーじ > 海外の電気街 > 韓国・ソウル「ヨンサン(竜山)電気街」と市内パソコンショップ巡り
1995年8月上旬に、韓国・ソウルに行って来ました。この時は、ほとんど観光らしいことをせず(唯一の観光は「パンムンジョム(板門店)」見学)、ソウルの電気街とコンピュータ事情の調査が主な目的になってしまいました(^ ^;。
それだけすごい電気街がソウルにはあるのです!!。ここでは、主にソウルの電気街「ヨンサン(竜山)電気街」についてレポートします。

●ソウルの電気街とは?

ソウルの電気街は、香港ほど知られておりません。いくつかのパソコン雑誌に、たまに掲載される程度です。
私が参考にしたのは、パソコン雑誌ではなく、アマチュア無線雑誌の「CQ ham radio(CQ出版社)」の90年2月・3月号に掲載されていた”韓国ソウルの秋葉原”(JA7YOJ・浅野 昭男 氏 著)という記事を参考にしました。
ソウルには古くからある電気街である「チョンゲジョン」(清渓川)にある、「世運商街電気街」がありますが、1987年頃から、ソウル市街から少し離れた「ヨンサン(竜山)電気街」へ移動するお店が増えていったそうです。
今回は、パソコン関連のお店も数多くある、ヨンサン電気街についてレポートいたします。

簡単に、韓国のパソコン事情について説明致しますと、パソコンのシェアのほとんどはIBM-PC AT互換機で、市内中心部にあるロッテ百貨店の電気製品売場にも、三星(SAMSUNG)のマシンなどが並べられていました。
Macintoshも少数派ながら存在し、韓国ではApple Computer社の正規代理店のエレックス(Elex)という会社が扱っています。

●ヨンサン電気街は、小さなショップの集まりで構成

ヨンサン電気街までは、地下鉄1号線のソウル駅方面に向かう電車に乗り、そのまま国鉄の線路にもに乗り入れているので、そのまま乗り換えをせずに、ソウル駅から2つめのヨンサンの駅で降ります。

駅の改札を過ぎるとターミナルビルになっていて、このビルの1階から4階まで小さな電気店が並んでいます。
特に、3階の奥の方は、PCのお店になっています。4階は十数店すべてがコンピューターショップになっています。

ヨンサン駅ターミナルビル
ヨンサン駅ターミナルビル

このヨンサンの電気街には大きいビルだけで4つも5つもあり、この中に小さなお店がたくさん入っている状態です。

●電子ランドビルの3階のパソコンショップについて

その中でも、駅から見て左側に見える「電子ランドビル」は、秋葉のT・ZONEミナミほどの大きさの4つから5つある位の大きなビルに、小さなお店が集まって出来ているビルです。
地下が電子部品店街、1階が家電、2階AV、3階のフロアすべてがパソコンショップという建物で、1階をひとまわりするだけでも1〜2時間かかってしまう規模です。

電子ランドビル
電子ランドビル

ここでもほとんどの店がPCを扱っています。私は、韓国語版のMS-DOS6.2とWindows3.1が1つに入ったパッケージを80,000ウォン(約1万円。1996.8月当時のレートで100ウォン=12.5円)を発見しました(3.5インチ版と5インチ版がありました)。

韓国語版のMS-DOS6.2とWindows3.1のパッケージの中身
韓国語版のMS-DOS6.2とWindows3.1のパッケージの中身

韓国語Windows3.1の画面
韓国語Windows3.1の画面

後は、ハングルが刻印された三星(SAMSUNG)ブランド入りのキーボード(日本は106キーボードですが、韓国は103キーボード)が、18,000ウォン(約2250円)で売られていました。

SAMSUNG製ハングルキーボード
SAMSUNG製ハングルキーボード

ノートパソコンも扱っていましたが、その当時一番安いもので、486SX25・4MB・120MBぐらいのマシンが79,000ウォン(約98750円)で売られていました。デスクトップマシンについても、日本より少し高い程度の値段でした。

Apple製品を扱ったお店は5、6軒ありました。3階の一番奥にある、「Softimes」というお店はソフト専門店のようでした。

ビルの中程にあるMac専門店に入ったら、Apple KeybordII(こちらも当然ハングルが刻印されている)は90,000ウォン(約11,250円)でした。
PowerBook 150(4MB/120MB)も置いてありましたが、1,100,000ウォン(約137,500円)と日本よりちょっと高い程度です。なお、ここの女性の店員の方は日本の大学院に5年間留学されていたそうで日本語がとてもお上手でした。

駅から見て右側に見える白いビルは、1階・2階は電子部品を扱った店で、4階がPC関係を扱った所ばかりです。

駅から見て右側に見える白いビル
駅から見て右側に見える白いビル

もうひとつ、駅から向かって右の奥の方にも、「コンピューターランドビル」というのがあったのですが、時間の関係で見ることは出来ませんでした。

小さなお店も商店街のようにつらなっていて、電子ランドビルの左隣はゲーム関係専門の商店街になっていましたし、照明器具を扱った商店が軒を連ねていたり、少し奥に行くとまたビル・・・という具合で、とても1日では回りきれない状態です。

感想としましては、はっきりいって秋葉より大きい(2倍ぐらいはあると思うが・・・)です。これだけ立派な電気街がソウルにあったとは、ただただ、驚くばかりでした。

●Macintosh専門店「エレックス」について

Macintoshを扱ったお店としては、ヨンサン電気街以外でも、先ほど紹介した「エレックス」の直営店があり、ソウル市内中心部の鍾路沿いのYMCAビル(ホテル)の1階にあります。

お店の中にはPowerMacintoshやPowerBook、LC630などが置いてありました。値段は日本より少し高いでしょうか。
キーボードは、Apple純正の拡張キーボードで150,000ウォン(約18,700円)でした。

しかし驚いた事に、韓国語版クラリスワークスは、30,000ウォン(約3,750円)だったのは驚いてしまいました。また、Excel5.0が150,000ウォン、Photoshop3.0が590,000ウォンでした。

その当時、韓国語版のMacOSとして、日本の漢字Talkのように「ハングルTalk」というものがあるのですが、この店では、250,000ウォン(約31,252円)で売られていました。なお、PowerPC版と680X0版とでシステムがわかれているのですが、PowerPC版はシステムが7.5、680X0版は7.1となっていました(最近、エレックスのホームページを除いたら、MacOS8がリリースされているようです)

●鍾閣にある書店「永豊文庫」でのパソコン関係書籍について

鍾閣にある書店の「永豊文庫」にも入りましたが、地下1階のコンピュータ雑誌コーナーにはPC関係が20冊ぐらい、Macが3冊ぐらいありました。

地下2階のコンピュータ書籍コーナーには、インターネットについての書籍も解説書が何冊かありました。その当時の状況としては、日本より数カ月遅れているような印象を受けました。

また、韓国版のワープロ検定のテキストとか、情報処理検定らしきもの、C言語などの言語の本もかなりの量ありました。

というわけで、韓国の電気街とコンピューター事情についての報告でした。

[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]