シンガポールからモバイル・インターネット!
シンガポール・チャンギ国際空港編


うたろうほーむぺーじ > 海外の電気街 > シンガポールの電気街巡り > シンガポール・チャンギ国際空港編

●世界でもナンバーワンと言われている空港

シンガポールのチャンギ空港と言えば、世界の旅行雑誌でも高い評価を受けている空港で知られております。
滑走路の大きさ・本数の多さ、24時間空港、規模の大きな免税品店街が魅力的だと個人的に思うわけであります。

今まで自分が利用した空港の中でも、ロンドンのヒースロー空港、パリのシャルル・ドゴール空港と同じくらい素晴らしい所だと思います。
逆と言えば、免税品店の少ない新東京国際空港と、もろもろの設備に面白みのない台北の中正国際空港については「うん〜」と思うのですが。

チャンギ空港のターミナル1で出国審査を受け、飛行機に乗るまで約1時間程度の時間があり、空港内の免税品店を見てみたり、軽い夕食をすることにしました。
シンガポールに来る前にインターネットで、「チャンギ空港にはインターネットのできるスペースと、モジュラージャック付の公衆電話がある」という事を知ったので、実際に探して見ることにしました。

搭乗ロビー内設備の案内板の中に「Internet Center」という表示があります。その案内板の通りに行ってみると、出国審査の方から見て右側の上の階(構造的には3階?)にあるフードコーナーの奥にパソコンが並んでおります。各国の通貨が使える(100円玉もOK)ようですが、お釣りはシンガポールドルという説明書きがありました。

「Internet Center」の案内板
「Internet Center」の案内板
「Internet Center」のパソコン
「Internet Center」のパソコン

モジュラージャック付公衆電話機も発見できました。電話機には「PC CONNECTION POINT」と書かれております。

普通の公衆電話機の隣に、ノートパソコンの絵(下記画像参照)下にある電話機で、モジュラージャックと一緒にシンガポールタイプのコンセント(BFタイプ、230V/50Hz)がついております。

電話料金は市内通話(Local Call)は無料なので、モジュラージャックとモデムを接続してシンガポールのアクセスポイントの電話番号(私の場合は@niftyの「ダイレクトローミング」サービスで「Singnet」に接続)しました。

また、パソコンにIEE802.11準拠のワイヤレスモデム(LAN)をセットしたマシンであれば、この付近にパソコンを設置するだけでもインターネットが使えるようです。さすがアジアのIT先進国だと思いました。

モジュラージャック付公衆電話
モジュラージャック付公衆電話
電話機の天井にある表示
電話機の天井にある表示
モジュラージャックとコンセント
モジュラージャックとコンセント
ワイヤレスモデムでのインターネット接続
ワイヤレスモデムでのインターネット接続(説明)

以上、シンガポール・チャンギ空港のモバイルレポートでした。

※本文中の日本円は、1S$=68円で計算。


[ 前のページに戻る | 海外モバイルTopへ戻る | ホームページに戻る ]