お正月だよ!海外旅行
今回の旅を振り返って・・・


うたろうほーむぺーじ > 海外の電気街 > お正月だよ!海外旅行 今回の旅を振り返って・・・
●パスポートを見たら・・・

1997年8月に取得したパスポート、よく見ると、成田・羽田の入国管理局のスタンプ以外は、香港と台湾のスタンプしか押していないことに気がつきました。
久しぶりに他の国にも行ってみたいと思いました。海外でダイビングもやってみたいし、アメリカの大きなコンピュータの展示会にも行ってみたい、ヨーロッパで普通の観光(笑)もしてみたいのでありました。

●飛行機の違いについて

日本アジア航空 JA8154の主翼
日本アジア航空 JA8154の主翼

まず、成田−台北が日本アジア航空(EG)。
元旦出発ということで、年末の出国ラッシュは過ぎていたためか、フルキャパではなく、B747LRのH-J-Kのシートを1人で使用することができました。

台北−香港間は、中華航空(CI)を利用しました。
B747-400ではあったものの、少し古めの機体のようでした。
それでも、古いタイプのジャンボ機と違って、離着陸はスムーズだというのがわかりました。音も少し静か。

香港−成田間は、日本航空(JL)でした。
生まれて初めて乗った飛行機が、日本航空のB747-400(SKY CRUSER)だったので、とても愛着があります。
また、日本の航空会社だけあって、乗った瞬間に安心できるというか。

JALの飛行機に乗ったら、ドリンクサービスの時は必ずオリジナルドリンクの「スカイタイム」を頼みます。羽田空港に行ったときは、日航商事の売店「Blue Sky」で必ず買うほどのお気に入りドリンクの一つです。

それにしても、同じB747-400でも、中華航空と日本航空の間ではこんなにも違うのか?と思ったのがシートの違いでありました。

日本航空はシートメーカーの「RECARO」社製の少し固めのシートです。中華航空の方は柔らかめでしょうか。やっぱり「少し固め」のシートの方が心地よいです。

機内音楽プログラムの音質は、古いジャンボ機より、全然-400の方が良いと思いました。
実は、日本アジア航空で聞いた、「アジアミュージックセレクション」(名称確認)と、香港からの帰国便のプログラムが同じであったので、機器比べるとやっぱり、-400の方が音がキレイだと思います。

せっかく、航空会社を自分で決めることの出来る航空券だったので、JALの予約センターで予約したものの、例えば成田−台北はシンガポール航空台北−香港は乗ったことのない、台湾のEVA AIR香港−成田はキャセイパシフィック航空といった具合に、徹底的に航空会社・機材を選びも楽しめば良かったと思ったのでありました。

しかし、JALのマイレージバンクはホテルを含めて結構貯まったかもしれません。

日本航空 B747-446 JA8912
香港からの帰国便・JL732/B747-400

●一人だと大変なこと。

1人の時間が嫌いではない(笑)ので、1人旅は寂しいと思った事はないのですが、その分、大変な事もいろいろとあります。

まずは「記念撮影」がしずらいということ。
以前、羽田空港でプロモーションビデオを撮ったことがあるのですが、海外ロケをしたくても1人なので、それができないのであります。
折り畳み式三脚を購入しようかと思ったのですが、海外ということもあって、高価なビデオカメラを三脚にセットしてその場を離れて、持って行かれると悲しいと思い、今回は購入しませんでした。
液晶モニターをレンズ方向側にも向けられるタイプのビデオカメラなので、自分の手を伸ばせばそれなりの「1人撮影」はできます。

しかし、なかなか上手い具合に後ろの風景が入らないのが悲しいのですが(^ ^;。

もう一つは「食事」です。
相手がいれば、「何食べようか?」という話にもなり、せっかく海外に来たから・・・という雰囲気になるでしょう。
しかし1人だと、「胃の調子も悪いから昼は抜こう」とか、「デパートの地下の食堂でもいいか」と妥協してしまうことがほとんどです。

というものの、「1人で映画館」「1人で夜景のきれいな展望台」は、嫌いではありません(笑)。

●税関にて今回も・・・

前回、台北から帰国した時もそうだったのですが、税関でいくつか質問されました。今回、どうして質問されるのかわかりました。

まず、1人で渡航している事。「現地で誰かと会いましたか?、1人でしたか?」という質問がありました。

もう一つは、お土産の話。大量のCDが入った袋を必ず持っているので、「この中身はなんですか?」と聞かれました。
「すべて音楽CDです」と言うと、あっさり通してもらえます。
ただ「すべて音楽CDですか?」という質問をされます。この辺は、海賊版CDに警戒しているのでは?と受け取れる内容です。

●心のやすらぎ。

最近、自分が一番欲しかったものだと思います。

新しいデジタルビデオデッキや、MPEG2ハードウェアデコードのキャプチャーボードを積んでパソコンのビデオデッキ化するためにお金を出そうとは思わず、「好きな場所に行って好きな事をする」ために、今回はピークシーズンで高額なお金を使ったのだと思います。

本当は、「疲れていることだし、寝正月をゆっくり楽しむのもいいかな」と考えたのですが、飛行機に乗りたくて、沢山のチャイニーズポップスのCDが欲しくてたまらなくなっていました。

これから先、これだけ「突発型」な旅行は少ないと思いますが、また機会があったらやってみたいと思っております。なかなか気分的にはいいものです。後は、どれだけ安い航空券を出発間近に手配できるかがポイントですが。

それにしても、航空券と3泊分の宿泊費を含んだ、クレジットカードの請求が怖いなぁ(^ ^;。

●最後に「電気街よりCD Shopが好き?」

今回の台北・香港を旅して思ったのは、電気街よりCD ShopでいろいろなCDを物色している時の方が楽しいと感じました。

一度来ている所なので、そんなに興味深くチェックする必要が無いという事もあり、ざっと目を通す程度になってきています。AT互換機の組立をやっていれば、日本ではないような怪しいパーツにも目を光らせるかもしれないのですが。

CD Shopで欲しいCDを探している時は、時間が経つのを忘れてしまいます。
台北では、台北站前にある3つのお店を1時間30分にわたって物色していたら、お店を出る頃には午後9時になっていました。

次の海外旅行先の目標ですが、中国語圏なら久しぶりに、中国大陸に行きたいと思っております。北京か上海でしょうか。
そろそろ、アメリカ進出、こちらは大きなパソコンショップ巡りと、本場のMacWorld Expoを見学してみたいと思っております。

以上、今回の旅行の感想でした。


[ 前のページに戻る | ホームページに戻る ]