入学許可書の到着と内容

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 入学許可書の到着と内容

■1月12日(土)に入学許可書が届く

11月19日にEMS(国際エキスプレスメール)で学校に入学申請書類が届いた事が確認されました。
その後、書類に問題が(最終学歴の成績証明書の内容が余程悪くない限り大丈夫なようです)なければ、入学許可書が送られて来るはずです。
逆に言うと、それまでの間、学校側からは何も連絡が無いということになります(結構不安な気持ちになりましたが)。

この入学許可書が届かない事には、ビザの申請をすることが出来ず、ビザの申請に必要な航空券の手配も安心してすることができません。

入学許可書の到着について、学校のWebサイトには、

「ビザを使う(渡航すると考えられる日)のおよそ1ヶ月半前に、入学許可書を発行する」ということであり、
「授業の始まる1週間前に登録とクラス分けテストを行う」と案内されています。

この情報から逆算すると、

1月11日(金)頃、入学許可書が届く
↓1ヶ月半後
2月25日(月)頃、登録とクラス分けテストが行われる
↓1週間後
3月4日(月)の授業開始

というスケジュールになります。

実際に自分の手元に、国際書留で「入学許可書」が届いたのは1月12日(土)の事でした。ほぼ予定どおりです。

封筒の中には、学校のスタンプが押された入学許可書の他に、「住居(アパートなど)の確保について」の案内、「2月25日の登録・クラス配置テストのスケジュール表」、「学校の案内図」(両面印刷のため、A4で計2枚)が入っていました。それぞれの案内には、中国語と英文で書かれております。

また、留学する場合にはファックス又はDHLかFedEXで、入学許可書に署名をして送る事と、もしも留学を断念する場合は、入学許可書のオリジナルを学校に送る必要があるようです。

■入学登録料の支払いとクラス分けテストのスケジュール

入学許可書の日程表には、

2月25日(月)

8:10〜10:15 登録料(NT$500=約1,900円)と授業料(NT$20,400=約77,520円)の支払い
9:20〜10:20 健康保険料の支払い(NT$1,900=約7,220円)
10:20〜11:00 オリエンテーション(英語と日本語、韓国語で行われるようです)
11:00〜12:30 クラス分けテスト

という案内がありました。

クラス分けテストの結果は、3月1日(金)の午前8時30分から11時30分に学校に電話で問い合わせるか、直接学校に行き知ることが出来るとの事です。
そして3月4日(月)から授業が始まり、午前9時30分から10時30分まで、ウェルカムパーティが開催されるそうです。

以上、入学準備に関連する説明でした。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]