入学申請書類を学校に送る

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 入学申請書類を学校に送る

■国際スピード郵便(EMS)を使って送る

すべての書類が揃い、A4版のクッション付き封筒(約180円)を購入し送る事にしました。

11月16日(金)の10時40分に、地元の郵便局(埼玉県北部としては一番大きい郵便局)から、国際スピード郵便(EMS)で書類を送る事にしました。
EMSは書留速達なので、台湾で有れば最短2日で送れ、郵便局のWebサイトから経路の照会が可能、紛失した場合でもどこで無くなったのか調べがつきます。

封筒の重さは142g、料金は900円でした。郵便料金の課金は重さで量るため、小さい封筒でも大きな封筒でも値段が変わらないとのことです。

EMSの追跡はこのページから行う事がができます。
また、台湾側のコンピュータ(クリックで検索画面に移動)からも検索することができます。

今回は、自分でもWebから配達状況について検索してみました。

一番最初に11月16日の夜に検索したところ、19:36に東京国際郵便局に届いたことがわかりホッとしました。
しかし、17日の夜に検索しても、18日、19日に検索しても、台北側の情報が表示されず気になったので、EMSの郵便物受領書に書いてあったフリーダイヤルに問い合わせる事にしました。担当者の話では「おそらく台湾側のコンピュータに入力されていないのでは?」ということで、様子を見ることにしました。

11月20日(火)の午前11時20分頃に台湾側のEMS追跡サイトにアクセスして検索した所、学校には11月19日(月)の14:19に到着したことを確認できました。

実際に私が提出したEMSの追跡結果の、日本側の検索画面と、台湾側の検索画面は、リンク部をクリックすることで見ることができます。

どうやら土・日を挟んでいたので、少々配達が遅くなった可能性もあるようです。
安心して追跡検索を確認したいということであれば、週の初め頃投函したほうが安心できるのではないかと思います。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]