留学前準備・住居の基礎知識編

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 留学前準備・住居の基礎知識編

■現地でアパートを探す

留学する政治大学の場合、留学生向きの学生寮も存在するのですが、ベット数が10と非常に少ないので学校近くにアパートを借りることが必要になってきます。

アパートの確保は、現地に着いてから行う事が多いようです。

授業が始まる1週間前に現地へ行き、アパートが見るつかるまでの間、安いホテル(国際宿舎やYMCA)に泊まりアパートを探す事が多いようです。
なお、国際宿舎とYMCA(台北市中華基督教少年)については、学校のWebページ・入学許可書などで紹介されています。

アパートの探し方は、学校のWebページにも紹介されているのですが、学校内の至る所に有ると思われる掲示板に通常、赤い紙で「部屋貸します」といったものが貼ってあるそうです。
また、学校の近くのアパート街らしき所を回り、街の中にある張り紙を頼りに探す事も出来るようです。

毎月の家賃ですが、政治大学近辺の相場の目安として、1ヶ月の家賃がNT$4,000〜9,000(約15,200〜34,200円)ということです。
部屋の種類として、間貸しでトイレ・バスは共同の場合が多い”雅房”と、バスルーム付きのワンルームの”套房”に分けられます。
公共料金(電気代、電話代など)は、それぞれの大家さんに確認して下さい。電気代込みの所もあるようです。

台湾に渡る前に、現地の同じ大学に居る先輩などをインターネットで探して、一緒に探してもらえればベストだと思うのですが...。 日本語で賃貸情報を提供している会社もあるのですが、掲載されている物件は、かなり高価が多いです。


■台北市内にアパートを確保しました!

私も現地で安いホテルに泊まって、大学の近くにアパートを探そうと思っていました。
ところが、親戚に台湾留学の話をした所「近所に台湾出身のお茶屋さんのおばちゃんが居るから、何かいい方法があるか、相談してみようか?」という話が持ち上がり、実際に聞いてみる事に。

すると、その「お茶屋のおばちゃん」の妹さんは台北市内に住んでいる事が判明。更に、アパートも貸している大家さんらしく。
アパートの場所は、台北市街にある国内線の「松山空港」のすぐ近くの民生東路5段とのこと。台北の市街地であります。
条件は1ヶ月NT$10,000(約38,000円)で、バス・トイレ付き、電気代込み、家具とテレビが付いているようです。

ただ、大学から距離が少々遠く、アパートからMRT(公共の交通システム)の駅までは近いものの、大学まで約40分かかる(+交通費)のですが、立地条件の良さと、知り合いの紹介ということで、アパート以外にもいろいろと面倒を見てくれるようなので、そこに決める事にしました。

そこで思ったのは、留学の話をいろいろな人にする事によって、思わぬ所に協力者が居るかもしれないと言う事です。



[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]