手続と留学必需品

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 手続と留学必需品

■国際キャッシュカードを作る(モバイルバンキングへ申し込む)(02年2月現在)

日本の銀行口座のお金を、海外で使うことの出来る「国際キャッシュカード」というのがあります。
このカードは、東京三菱銀行の「インターナショナルカード」、第一勧業銀行の「トラベラーズマネーカード」、郵貯のキャッシュカードとシティバンクのワールドキャッシュ、JALのマイレージバンクが一つになった「JMB郵貯ワールドキャッシュ」という商品があります。

私の場合、地元に第一勧業銀行の支店があるので「トラベラーズマネーカード」をつくりました。発行手数料は1,050円となっております。
海外のATMから引き出す場合の手数料は210円となっております。海外の銀行口座への送金が数千円掛かるということなので、それに比べれば非常にお得です。

また、一緒にモバイルバンキングサービスに加入して、インターネットを使って残高や、自分の口座から振り込みもできます。
私の場合、自分のメインバンクのモバイルバンキングサービスにも加入し、他銀行なので手数料が掛かるものの、海外に居ながら国際キャッシュカードの口座へ振り込む事も可能となりました。

■パソコンは必需品

最近では、パソコンは留学時に必需品となっているようです。
特に、日本語で電子メールを出したり、Webで日本の最新情報を入手するためには不可欠であり、パソコンのキーボードから単語を入力して使える「電子辞書」なども使えるので非常に役立ちます。

私の場合、2台のノートパソコン(VAIO:Win98SE,iBook:MacOS9.1)を持っていくことにしました。
この2台のパソコンには、中国語(繁体字・簡体字)の入力プログラムとフォントをインストールしてあります。

海外でパソコンを調達することも可能ですが、基本的には現地語のOS・ソフトしかインストールされていませんので不便ですし、ノートパソコンの場合、値段も日本とそれほど変わらないので(逆に高い事もある)日本から持っていくことをお薦めします。

もしも、これから購入すると言うことで有れば、海外でも保証を受けられる会社(IBM,Compaq,Apple,台湾のAcerなど)のノートパソコンで、海外の通信規格に対応したアナログモデムが内蔵されているものをお薦めします。

パソコン関係の準備はすでに1月20日頃終了したのですが、OSやドライバ、アプリケーション、ハードディスクのバックアップCD-ROMだけでも20枚近く、VAIO用のCD-ROMドライブ、外付けハードディスクも持っていくつもりです。マニュアル類もハード関係を中心に、それなりの量になりそうです。

日本のプロバイダでも海外のプロバイダのアクセスポイントを追加料金を支払い使う事が可能です。 また、現地のインターネットプロバイダと契約する事も可能ですし、台湾ではコンビニなどでプリペイドカード式の「インターネット接続セット」が売られているようです。長い時間使うということであれば、こっちの方がお得だと思われます。

海外でのインターネット接続については、海外通信マニュアルをご覧下さい。世界各国の詳しい情報が掲載されています。
また、私が運営している台北の電気街の紹介も、参考までにご覧下さい。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]