渡航前に必要な手続

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 渡航前に必要な手続


■出国前に行う諸手続

出国に伴い、いろいろな手続をする必要が出てきました。私が現在把握している所では、

をする事になりました。

手続とはちょっと違うのですが、家族に国際電話の掛け方や電子メールの送受信の仕方、国際郵便・宅急便の出し方なども教えておく必要があります。
銀行の口座番号も知らせておかないと、イザという時に困りますし。

■転出届けを行う(国民健康保険・国民年金の離脱と精算)(2002.2.19=渡航4日前に手続)

長期間、海外に行く場合、自分の住んでいる地方自治体に転出届けをする必要があります。
転出届を行う場合、同時に国民健康保険の離脱と、国民年金の処理をどうするか?という手続きになります。

転出届を出す場合、国民健康保険証の返却と、印鑑登録をしている場合は「印鑑登録証」を窓口に提出、回収されます。当然、転出を希望する日(2月23日)に、印鑑登録も抹消される形となります。詳細は、各地方自治体にお問い合わせ下さい。

国外に行くわけですから、当然、日本の健康保険を利用することができない=支払う必要がないということになります。
しかし、例えば日本帰国時に検疫で引っかり強制入院したとして、治療費を支払う場合、健康保険に加入していないことになるので、国民健康保険に入るまでは「実費」となることになります。この例は、非常に極端な話ですが・・・。
私の場合、金銭的に余裕もないので離脱することにしました。

国民年金の支払いは「任意」ということになるそうです。加入する場合は、両親等が住んでいれば、「年金支払協力者」(名称については、うる覚えなのですが、ようするに世帯主など)宛に年金の振り込み用紙が郵送で送られてきます。加入しないことも可能ですが、その間、年金の支払いをしていないということになるので、年金支給額が少なくなるということです。
私は年金を支払う事にし、世帯主(父親)宛に国民年金の支払用紙が送られてくることになりました。

また、自分の場合「国民健康保険税」の支払いを第7期分(2002.1.31が支払期限)の支払いを済ませており、第8期分(2002.2.28が支払期限)は未払いでした。この場合、第7期分の支払いが日割り計算され、2/23までの保険税とすでに支払った支払分が還付されます。私の場合、6,800円が戻ってきます。還付の「通知」は4月10日頃に世帯主宛に届くということです。還付金の受け取りは、「通知」を市役所に持っていくか、「通知」についているハガキに銀行口座などを記載して送ると、指定口座に振り込まれるということです。第8期分は支払う必要がなくなりました。

■スカパー!のチャンネル変更(2002.2.1,2.17に手続き)

スカイ パーフェクトTV!(スカパー!)に加入しているので、チャンネルの変更をすることにしました。
まったく見ないということであれば解約ということもできますし、すべてのチャンネルを解約して基本契約(月額基本料390円)を残す方法も考えられると思います。手続きの方法についてはスカパー!のホームページか、ガイド誌などで確認してください。

私の場合は、自分の部屋に取り付けていたアンテナの配線を居間に移し、自分が見ていたチャンネルを解約し、父親が映画に興味があるので「ベーシック映画パック」に加入しました。

■フレッツISDNの解約(2002.2.18に手続、2.21で解約)

自分以外インターネットを全く使わないので、フレッツISDNを解約することにしました。解約する場合、NTTの「116」に電話して、使っている電話番号と契約者名を伝えます。
この時、解約する日を指定することができます。私の場合は2/22で解約=2/21までの利用ということにしました。

フレッツISDNの解約に伴って、プロバイダ側にもフレッツISDNを解約したことを連絡する必要があります。この辺は各プロバイダにお問い合わせ下さい。

■インターネットプロバイダ(@nifty)の課金コースの変更(2002.3.1以降に手続)

日本を離れるということで、国内のプロバイダの接続サービスを使う事がなくなってしまいます。確かに、今まで使用していたプロバイダのアカウントを使って、海外ローミングサービスを利用することもできますが、ほとんどのプロバイダで追加料金(@niftyのUUNET経由の接続の場合:1分10円)が必要となります。
しかし、今まで慣れ親しんできたメールアドレス、ホームページアドレスもそのまま利用したいので解約することもできないので、契約は継続し、料金プランを変更することにしました。
私の場合は、@niftyを利用しているのですが、NIFTY-Serveと言われていたパソコン通信時代から10年以上使っているので、非常に愛着があります。
そこで、一番安い料金プラン(5時間の接続で500円、メール・ホームページを利用可能)に変更しようかと思っています。
@niftyの場合、20日以降の料金プランの変更ができないのと、途中で料金プランを変更すると複雑な事になりそうなので、3月1日以降Web上から変更しようかと考えております。
愛着がなくて、メールもいろいろな人に出していないのであれば、解約する方がスッキリするかもしれませんが・・・。

■新規インターネットプロバイダ(so-net)入会(2002.2.13に手続)

日本国内のプロバイダでも、海外のアクセスポイントを利用できる「海外ローミングサービス」があるのですが、基本料金以外に追加料金が必要になるという事について説明しました。
しかし、so-netの場合、料金プランの制限時間内であれば海外ローミングサービスの追加料金が必要ありません(02年2月現在)。
例えば「とことん」コースの場合、海外のローミングサービスのアクセスポイントを利用しても、2,000円/月で無制限で利用可能です(通話料は別途かかります)。ただ、オンラインサインアップは日本国内でのみ可能ということで、日本に居る間に入会する必要があります。
また、入会月は接続料が無料になるので(例:2/1に「とことん」コースに入会しても2月分は無料、2/28に入会しても2月分は無料)、月のはじめのうちに入会した方がお得です。
2/13にWebからオンラインで入会(オンラインサインアップ)したのですが、入会完了直後からメールの送受信・インターネット接続も可能になり、2/15にはメール便で、入会手続完了のお知らせと接続マニュアル類が送られてきました。 私の場合、台湾の現地プロバイダへの入会というのに興味があり「.com.tw」ドメインのメールアドレスも欲しいので、生活が落ち着くまでの数ヶ月間だけ利用しようかと考えております。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]