台湾に持っていく物

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 台湾に持っていく物


■スーツケースへ荷物を積める!(2002.2.9〜11=約2週間前に始める)

航空会社(日本アジア航空)の時刻表の後ろの方に、「ご案内」というページがあります。この中に手荷物についての案内が書いてあります。
どこの航空会社でも基本的に同じなのですが、無料手荷物許容量は、「1人につき、受託手荷物および機内持ち込み手荷物の合計が、エコノミークラスは20キロまで無料です。これをこえる場合は、規定により超過手数料をいただきます。」と書いてあります。
20kgを越えた場合、超過料金を支払って持っていくか、航空便で送るかを判断するためにも、渡航2週間前からスーツケースに入れる荷物の準備をすることにしました。
台湾に持っていく物は、ダイヤモンドビック社の「成功する留学 中国・韓国・アジア留学(2002〜2003)」にある、荷物チェックリストを参考にしました。このリストは、中国留学向けに作られたものなので、「中国で調達するより日本で調達した方が良いもの」が必ずしも「台湾で調達するより日本で調達した方が良いもの」ではないので、自分なりに考えて揃える事にしました。

また、台湾に留学経験のある、あんくさん(女性)が作成したWebサイト「台湾で中国語」の「留学準備」にある「台湾に持ってきたもの」の説明が参考になりました。

スーツケースには下記のような物を収めました。女性の場合は、更に内容が異なると思いますが、ご参考までにご紹介します。

スーツケースの中身
スーツケースの中身

種別 品目数量コメント
フォーマルウェア スーツ1各種面談対策のため(いろいろな人と会う可能性があるので)
Yシャツ1
ネクタイ1
ベルト
革靴1
下着・靴下類 下着81週間分+1を用意
パンツ8
靴下8
Tシャツ3 
服類 トレーナー4冬は意外と寒いようです。2002年2月頃は、最低気温が8度まで下がった時もあるようです。日本(自宅)からジャンバーを着ていくので、そのまま持っていきますが、夏に台湾に行く場合は考慮した方がいいポイントだと思います。
長袖のシャツ5
半袖のシャツ5
ポロシャツ1
ズボン3
パジャマ(上下)1
ジャージ(下)2
半パン1
水着1
その他 バスタオル2 
タオル2 
雨がっぱ1 
帽子1 
折り畳みの傘2日本の物はしっかりしているので
スリッパ1(使い慣れている物)
ドライヤー1海外旅行用を持っていたので
ドライバー1(台湾でも買えると思うのですが)
トランス1台湾のAC110VをAC100Vにするための電源トランスです。300Wまで対応。
常備薬類1式台湾到着後、最初の2〜1ヶ月はお腹の調子が悪くなる事が予想されるので、特に胃薬、整腸剤等を用意。
詳しくは準備・お買い物編を参照のこと。
その他1式リンスインシャンプー、歯ブラシ・歯磨き粉、液体蚊取り器+カードリッジ、シェーバーやクリーム類や、ルーズリーフのノートなど、当分必要な分を持っていくことに。

スーツケースの重さですが、合計で31.2kgになりました(スーツケースの重量は7.7kg)
機内預け入れ荷物の制限である、20kgを越えているのですが、航空会社によっては+5〜+10kgまで大目に見てくれる?という話もあるようです。
これも、空港カウンタのグランドホステスさんによって違ったり(お客さんの感じの善し悪しもあるとか?)、ビザがある場合のみ通用する?や、その場で手荷物に入れて調整する事で「演技」する?という話もあります。

実際に空港でチェックインをした所、20kgまで無料で、25kgまでサービス、残りの6kg分を課金されました。料金は6,800円でした。

■機内に持ち込む手荷物は・・・(2002.2.21にパッキング終了)

こちらも制約があって、

  1. 「原則として座席の下に置ける物・1個(縦・横・高さの和が115cm以内)」
  2. 身の回り品「お客様が機内にて携帯する、機内免税品販売用のショッピングバック程度以内のものの・1個」
を機内に持ち込む事ができます。

(1)に合わせた荷物として、辞書3冊、台湾でいろいろと調査するためのに必要な資料、本、パソコン関係のマニュアル類、再インストール・バックアップ用のCD-ROM+音楽用CD、HDD・外付CD-Rドライブを「座席の下に置ける」荷物として、下記のバックに入れて持っていきました。
この荷物の総重量は約15kgありました。実際に手で持つのは非常に重たいので、空港内ではバックを引きずって移動しておりました。

(1)に合わせた機内持込荷物
(1)に合わせた機内持込荷物
(1)で使用したバック
(1)で使用したバック

(2)に合わせた荷物として、下記の写真のリュックの中に、ノートパソコンやデジタルカメラや重要書類を入れたリュックサック=身の回り品を1個持っていきました。この中には、ノートパソコンが2台(MacとWin)、デジタルビデオカメラ1台、デジタルカメラ1台、外付HDD/CD-ROMドライブ各1台、ICボイスレコーダ1台、ワイドバンドレシーバ(ラジオの一種)1台、ポータブルCDプレーヤ1台、更に各機器の電源・充電器・アクセサリ・テープ・マニュアル・ケーブル類1式を収納して運びました。総重量は約12kgありました。

(2)に合わせた機内持込荷物
(2)に合わせた機内持込荷物
(2)で使用したバック
(2)で使用したバック

[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]